松坂引退 最後斎藤佑樹と同じ

松坂引退 最後斎藤佑樹と同じ

イチローから三振奪った松坂投手が引退した。 最後は四球で終わった。 右ハンカチ王子斎藤佑樹投手と同じだった!! ・松坂といえば、最近は中日で復活と活躍した記憶しかないですか、、 斎藤佑樹投手と同い年の私なのでハンカチ王子のファンですね!! 斎藤佑樹投手は 早稲田大学時代「持っている」もの それは 「仲間」と答えています。 誠実で努力家のイメージが伝わります。 プロ1年目は6勝 プロ2年目は完投勝利 その後はケガに苦しむプロ野球生活を過ごしていたが、 田中将大

スキ
10
成長に連れて増えるケガ

成長に連れて増えるケガ

こんにちは。   今回はサッカー選手は常に注意したい『ケガ』について書いていきます。   ケガはないに越した事はありませんが小学生の5、6年生から急にケガが増えて来ます。 それも大きなケガが少なくないです。        この成長に連れて増えるケガという今回のテーマはぼくが運営しているオンラインスクールの会員さんからリクエストをもらったものです。 今回はそれについてオンラインスクール内で投稿したものを加筆修正しました。     リクエストをくれた方のお話では同じチームの

スキ
2
有料
200
4歳幼児の手首骨折が治るまでの1ヶ月

4歳幼児の手首骨折が治るまでの1ヶ月

久しぶりの投稿になりました。 9月は、いろんな事がぎっしり詰まっていたのですが、メインはこの「骨折」でしたね。 骨折した日わんぱく系の子どもちゃん=娘は、ソファの背もたれから飛び降りるのが趣味。 一応目線は外さずにいます。パパママどちらかは見てます。10回を超えたら「もうやめようね」と言ってます。 お風呂上りはテンション高めなので、やる確率が高いです。 ここまで分かっていて、それでも、ある日つるっと足を滑らせて落下。 私は洗い物してて目撃してませんでしたが、パパによる

スキ
28
「足の指にマメが出来た!」

「足の指にマメが出来た!」

今月に入り、緊急事態宣言がようやくあけて、 晴れ晴れとテニスが出来ている、幸せです❤ ところが、5カ月ほどコートに立ってないから、 フットワークが悪く、全然動けない、 それに、スイートスポットを外してボールが飛ばない レッスンを終わり、家に帰ってテレビを見てると足が痛い 何だろうと指を触ってみると、なんと水ぶくれになったマメが 3個もあるではないか( ´∀` ) へ~こんな所が落ちているのか? 意外な場所を使っているんだなって思った、 縄跳びも、素振りも、フットワーク

スキ
8
CS60(2)-ばね指が10分で真っすぐに!-次世代整体/量子デバイス
+4

CS60(2)-ばね指が10分で真っすぐに!-次世代整体/量子デバイス

今回は、実際にあったお客様の事例をご本人の実際のコメントと掲載許可を踏まえてご紹介します。 施術事例:ばね指がたった10分程で真っすぐに! この方はBさんは、某上場・有名企業の役員さんです。 ・長年そのままにしていた「ばね指」 ・治ると思っていなかったので放置していた ・色々な整体にいってみたが、治らなかった ・仕事の量が常に尋常ではないが好きでやっている このような状況でした。 日本を代表する某有名企業の役員という立場で常に「挑戦」。数多くのグループ会社も抱えてお

スキ
1
恐怖の「猫ひっかき病」

恐怖の「猫ひっかき病」

私はとても猫がスキです。 小学校の頃から猫が好きすぎて、猫が登場しない演劇に無理やり猫のキャラクターを登場させてほしいと先生にお願いしたほどです。 子猫ちゃんの里親に応募先日、近所の方が保護猫(子猫)の里親を募集しておられました。 そこで私は猫ちゃんに面会に行き、とても気持ちが通じ合ったので引取を申し出ました。 面会時、子猫ちゃんがふざけて私の指を噛み噛みしたんです。 それが不幸の始まりでした… 子猫ちゃんは引き取れない実はその子猫ちゃんにはすでに里親候補者がいて

スキ
4
足底筋膜炎になった話
+1

足底筋膜炎になった話

 足底筋膜炎になったのは、人生で2回目。1回目はベアフットランニングが流行った頃、ルナサンダルでランニングを始めた時にすぐに足の裏に違和感を感じた。インターネットで検索して、足底筋膜炎という病名を初めて知った。この時の症状は重く、走ることができなかった…気がする、というか記録を残していないのでどのようにして症状が治まっていったのかをよく覚えていない。というわけで今回は記録に残して忘備録にしたいと思います。 ①どのようにして発症したのか 今回の発症は、今年の8月上旬、沢登りを

34歳。激しくコケる。

34歳。激しくコケる。

何も不自由なく、自分の思い通りに身体を動かせるって実は幸せなんだと、最近気づいた。 34年生きてきて、これまで大きなケガや病気になったことがない。 なので、通院や薬を飲んでいるみたいな経験もない。 風邪などの病気にも10年ぐらいかかったことないく、体調を崩して早退したこともほぼない。みんなから羨ましがられます。なので、身体に悩まされたことが見当たらない。 だけど先週パプニングが起きた。 翌日はゴミの回収の日だったので、前日の23:00ぐらいにゴミを持ち、歩いて捨てに行って

9月の父

9月の父

今月も父のケガが多かった。 やはり、転倒も。 どうしても父1人でいる時間は できるわけで。 その間に起きたケガに関しては、 家族の私たちは知る術がないわけで。 父が言う内容を信じることしかできない。 認知症でなければ信憑性もあるのだか、 認知症なのでどこまで信じたらいいのか 家族の判断が難しい。 今週は私が聞いたので、 2回転倒。 ケガは右手のひじ辺りが切れて 皮が剥がれてしまった。 頭にたんこぶができた。 年齢を重ねると 皮膚も柔らかくなり、 薄くなるために、 ケガ

スキ
1
173回 膝をグキッ!あの痛みはすごいんよ

173回 膝をグキッ!あの痛みはすごいんよ

おはようございます。 昨日は仕事を休んで病院にいってきました。 病院では電気をあてて、冷やして、膝両サイドを挟むように添え木のようなもので支えられ、包帯でぐるぐる巻きにされました。 シップと痛み止めを処方されて終わりです。 やはり、以前に痛めた膝靱帯をまたやってしまったようです。 靱帯は一度やってしまうと元のようには戻らないようで、手術をするか、うまく付き合っていくかしかないそうです。 手術をするほどではないと思うので、うまく付き合っていこうと思います。 そこで

スキ
3