教室があるからインプロが生まれる。

赤木和重先生(著書「アメリカの教室に入ってみた」)のご講演を初めて拝聴した。一方的に「お目にかかりたい」と思っていた方なので本当に嬉しかった。やはり本物の赤木先生はとてもチャーミングで知的な方だった。

以下、僭越ながら感想デス。

まず自閉症児への教育に関して、構造化と計画通り至上主義に対する疑問を背景として説明いただいた後、魅力的な2つの実践例を紹介してくださった。楽しい映像をたくさん見せてく

もっとみる
好きをありがとうございます!
9

遊びゴコロ

大人になった人たちへ。
 
最近、遊んでますか?

そもそも「遊ぶ」ってなんだろう?
「遊ぶ」の反対語(対義語)ってなんだろう?
 
そう考えてみてください✨
 
私は「遊ぶ」⇔「休む」でした😆

周りの大人に
質問してみたら
「遊ぶ」⇔「働く」
「遊ぶ」⇔「役目をはたす」
「遊ぶ」「自分を殺す」

わーーーーー、こわい💦 (笑)
 
つまり
彼らにとって「遊ぶ」って
<解放する>という意味合

もっとみる

誰かのためだから頑張れる ~インプロ漫画化プロジェクトのクラウドファンディングに寄せて~

インプロ漫画化プロジェクトのクラウドファンディングが終了するまで、約1週間となりました。ここまでご支援くださったみなさま、どうもありがとうございます!おかげさまで当初の目標金額は達成しましたが、まだまだ支援額を増やしたいという状況です(詳しくは後述)。

クラウドファンディングをやる前、クラファンをやったことがある友達からは「クラファン期間中はだいぶ心を持っていかれるよ」と聞かされました。実際、ず

もっとみる
ありがとうございます!よろしければフォローもお願いします!
5

Improvisation 『灯り』

ギターのみの多重録音。
1分程度の短い曲です。
機材は主に、hologram infinite jets , red panda tensorを中心に使用。

私が田舎でインプロ(即興芝居)をやりたい理由

"田舎でインプロをやる"
その夢はインプロを始めた頃から言い続けたことだ。
今日、その第一歩として、東北に向かっている。

ありのままを受け入れ合う

私が田舎でインプロ(即興芝居)をしたいと思うのは【ありのままの自他を受け入れる】感覚を田舎に広げたいからだ。

田舎に必要なのは魅力か

よく、
「田舎に若者を!」
「田舎生活の魅力をもっと発信しよう!」なんて言葉を見かけるが、
人口流出を防ぐにあ

もっとみる
ありがとう!うれしい!
6

ビジュアル撮影は"ただ撮る機会"ってわけじゃないんだな

先日、フライヤー作成に向けたビジュアル撮影が行われた。

Platformメンバーは疑い初めなどのイベントで探偵キャラクターの衣装を着た人もいるが、客演陣を中心に多くのキャラクターがここで初めてお披露目される。

今回の公演は、
「その恋人の座、」
「ある老人の死、」
「あの栄光の日、」
の3チームある。

それぞれ、探偵2人の推理バトルとなる点は同じだが、推理対象となる事件が異なり、登場人物も異

もっとみる
私の心を喜ばせた犯人…それは、あなただ!!ありがとおおおお!!(石巻)
7

百聞は一見にしかず【発売日前に●●枚の予約】

インプロの魅力を言葉で伝えるのはなかなか難しい。
先人たちも私たちも、言葉を噛み砕いて試行錯誤を重ねていると思う。
ただ、どうしてもやっている人と見たことがない人では語彙や言葉の解釈がそもそも異なっていて、「これはとてもわかりやすい!」と作り手が思った言葉が、相手にとっては外国語を話されている気分になることだってある。

例えば、「即席じゃなくて即興」を初めて聞いた時は、これほど的確に表現できる言

もっとみる
ありがとー!もっともっと面白くなるから楽しみにしててね(住吉)
5

歌舞伎と新劇を同時に体験する

Kabuki Lessonのあと、シアターゲームをした。

Kabuki Lessonは『勧進帳』。
5月に團十郎になる海老蔵が、
襲名披露公演で演じるのが、『勧進帳』と、
前回のテーマ『助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)』。

襲名披露公演は5月から7月まで行われるが、
Kabuki Lessonのセンセイきみちゃんによれば、
3ヶ月もの長きに渡って襲名披露させてくれるのは、めったにな

もっとみる

会社員の人がインプロを学んだら自信がつく!

スターバックスなどの企業が研修などで

このインプロと呼ばれる即興演劇をプログラムの中に組み込むようになった、と聞いたのが

今から9年前の話。

その時の話では「接客をする際、1人1人のお客様のニーズに応える力を養う為」

と記憶しています。

私は地元、佐賀県にいた頃にインプロを少しかじり

上京してすぐ入学した演劇学校でも学び

今、現在月に2回インプロの稽古をしているわけですが

いかに自

もっとみる
ありがとう♡
4

観客参加型の即興芝居で満席を目指す

「2020年のGW公演、全日程満席を目指したいね」

そう話していたのは、昨年始め頃の会議だったかと思う。
もし叶えられたら、どんな気持ちになるのか。満席を喜び合う仲間たち、舞台上からみた空席のない客席。想像しただけで身体が温かくなってきてドキドキしていた。

全日程満席。それは演劇を作る者の多くが思い浮かべたことのある夢かもしれない。
シンプルに人気者になるためとか、利益を上げるためとか、様々な

もっとみる
ありがとう!エコソンの名推理、お楽しみに〜っ!(早さき)
29