pk 神を捜すの疲れたときに

「PK」は「酔っぱらい」の意味。インド、2016年公開。

 主人公は調査目的で地球に辿り着いた宇宙飛行士。人のいい兄貴に拾われ、親切な女性から言葉を教わった主人公は、探し物を求め大都会に単身赴き風変わりな様からPKと呼ばれる。
 探し物は難航し、警察からは神にすがれと突き放される。そして、神を捜し始めた彼が抱いた疑問は導師様を巻き込み、世間を騒然とさせていく。

 宗教事情に関してインドは単に多

もっとみる

りんどう@憧れる人間関係のある映画 DAY-9

りんどうです

覚えている映画はfilmarksで記録しているんだけど、ヒーロー映画見てなかったので、DAY9はお題変更で行かせてもらいます。

DAY-9 憧れる人間関係のある映画

#きっとうまくいく

サビの「All Izz Well」は日本語で「きっと、うまくいく」とか「なんとかなるさ」みたいなニュアンスらしい。

この映画の予告あったけど、なんか違う気がする。こっちのが映画の雰囲

もっとみる
りんどうもスキ( ´ ▽ ` )❁⃘*.゚
7

竹美映画評32 尊さを知る人々は赤土の道を一人で進む  『タゴール・ソングス』(日本、バングラデシュ、インド、2020年)

仮設の映画館という企画により、自宅で配信で観た。

インドが独立するのを見る前にこの世を去ったベンガルの風変わりおじさん、ラビンドラナート・タゴールの遺した沢山の言葉が、現代のベンガル人の中で生き続けている様を伝えるドキュメンタリー映画。変わらない社会と変わりゆく個人は時に衝突し、人は悩む。立ち止まって歩けなくなったそのとき、百年前の変なおじさんのよく分からない言葉が暗闇で立ち止まる人に光を投げか

もっとみる

旅note17 インド(ムンバイ)

おはようーーーーーーーー🌞

ひさしぶりかんーーーーーーーー🌞

順調に続くかと思わせた旅ノートもどうせ飽きたんだろうなと思ったんでしょ。私も思った。

でもいけた!今日はヨガと空手に行ってきたからエネルギーがたっぷり🕺

エネルギーたっぷりと言ったら欠かせない国はこちら

インド

発展途上で勢いのある国ではどこだって混沌としたガツガツとしたエネルギーを感じると思う。フィリピンの町でもそう

もっとみる
良かったら小説も是非!「ショートショートの宝箱」(光文社)
11

インド映画 ー Ujda Chaman

2019年公開のインド映画。

主演はSunny Singh Nijjar。

30歳ハゲの婚活ストーリーです。

序盤はただのおバカ映画かと思いきや、後半からラストに向けて一気に深イイ話になっていきます。

婚活、マッチングアプリとしてTinderとShaadiが出てきます。Tinderはどちらかと言うと一夜限りの付き合いや遊び相手を探すもので、Shaadiは親が子供に代わって真剣にお見合い相手

もっとみる

インド映画 ー Sound of Silence

2017年公開のインド映画。

主演(12才の少年役)はMaster Govardhan。

舞台はインドヒマラヤの村。少年は生まれつき聾唖でかつ生まれてすぐに母親がなくなったと言う設定。

父親は少年を責め続け、金に困っているのに毎晩酒を飲んで潰れているアル中。しまいには酔った勢いで口論になった飲み仲間を殺して、逮捕されてしまう。

1人になった少年は、仏教のお寺に入り生活することになる。

もっとみる

インド映画 ー Badrinath Ki Dulhania

2017年公開のインド映画、Badrinath Ki Dulhania。

主演はVarun DhawanとAlia Bhatt。

タイトルはバドリナート(主人公の名前)の花嫁という意味で、インド映画定番の親世代の結婚観VS若い世代の結婚観がテーマ。

ストーリーはどうでも良いですが、おバカシーンが多くてそれなりに楽しめました。

この映画で初めて知ったのが、ヒロインの故郷のラジャスタン州コタ(

もっとみる

インド映画 ー Jawaani Jaaneman

2020年公開のインド映画、Jawaani Jaaneman。

主演はSaif Ali Khan。

自由を愛し、日々クラブでナンパした女とセックスしている、何とも羨ましいイケイケの独身中年オヤジ。彼のもとにある日、自分の娘だと名乗る若い女が現れる。最初は邪魔だと思っていたが次第に情が移っていき。。。

タイトルのJawaaniは若さ、Jaanemanは愛しの女という意味のようです。

登場人物

もっとみる

インド映画 ー Kesari

2019年公開のインド映画、Kesari。

主演はAkshay Kumar。

1897年のサラガリの戦い、イギリス軍に属するシク教徒部隊21人とアフガニスタン部族10,000人との戦争を描いたもの。

題名のKesariはサフラン色の意味で、インド人そしてシク教徒にとっては誇りを示す特別な色のようです。

最初から最後まで徹底的に色気ゼロ。登場する女性は懲罰される部族の女性、近くの村の老婆、主

もっとみる

インド映画 ー Manikarnika: The Queen of Jhansi

2019年公開のインド映画、Manikarnika: The Queen of Jhansi。

主演はKangana Ranaut。

イギリス東インド会社に対する1857年のインド大反乱の指導者、ラクシュミ・バーイーを描いた歴史物。

ラクシュミ・バーイーを演じるKangana Ranautが美しく力強くて素晴らしい。

見どころは最後のイギリス軍との戦争シーンでのアクションと迫力の形相。圧倒

もっとみる