+3

再現環境

今回は普段作品を作っている環境をご紹介したいと思います。 同じような環境で共感いただける方や、これからそういう場所を構築したいと考えている方まで楽しんで読んで頂ければと思います。 元々は自宅にあった納屋を改装してアトリエにしました。絵を続けている方に付き物なのが作業場所の確保なので、アトリエを作る前の自分も描く場所に苦心していました。 なにより大きい作品を描く際は外に出して家の外壁に立てかけながら描いているという状況でした。雨の日でも構わずやっていたので無茶しすぎていたと

スキ
6
+5

水曜日のアトリエVol13.クリスマスオーナメントづくり

スキ
2
+1

アトリエを作ることにした

来年はアトリエをしっかり作りたいと思っていて、自室を改装中である。 自宅の一室で作業をしていたけれど、これからはもっと本格的に作業に没頭する時間が増えるだろうと思うので、そろそろちゃんとするかな、という感じ。 まぁ改装といっても家具の配置を変えたり、棚を作ったりそんな程度だ。賃貸だし。 これまでの仕事の時間配分は、圧倒的にショップ経営にまつわる仕事が多かった。 PCやノート、ペンと電卓がお供の事務経理業務である。 だけれどこの半年でぐるっと自分の居場所は変わり、ジュ

スキ
8
+1

事務所兼アトリエ借りました

築50年以上のアパートの一室を事務所兼アトリエとして借りました。 今まで自宅の一室で作業をしていたのですが、発送段ボールが山積みとなり、いよいよどうにかした方が良い状況だったのと バイトを頼むにしても作業スペースを確保しておかないといけないなと前々から思っていたので、不動産屋さんに行きました。 こちら、駅から徒歩2分の便利な場所。 隣が居酒屋さんなので、そこそこ人通りもあり、夜の蝋燭屋でもしようかしらなんて思ってます。 上は幼児用の学習塾なので、親子向けの簡単ワーク

xuさんのクリスマス企画【#サンタさんにおねがい】応募『アトリエを持ちたい』

【才の祭公式スピンオフ企画】 『アトリエを持ちたい!』小さくても良い 街の郊外の可愛いお店 外観はモスグリーン “編み物のアトリエ&雑貨店” ここでお教室もやる ここは、皆が集える場所 暖かい木漏れ日が射し込み スローなROCKが流れる みんなでワチャワチャやっても良いし いつでもいいよ 一人で悩むあなた 遊びに来て “かこ”がいつでも待ってるよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ワクワク ゆったりとした時間が流れる 大切なあなたと過ごすのも良いね サンタさんお

スキ
32
+18

岡本太郎記念館(表参道) / 職業は人間!

竹久夢二美術館を見に行った足で岡本太郎氏が84歳で亡くなるまで40年間過ごしたとされる表参道の岡本太郎記念館を訪れた。(注:岡本太郎美術館は練馬) 独特の個性をもった岡本太郎氏。彼ほどに思うがまま生きていける人はそんなに沢山いないと思う。数々の名言も残してくれている。 太郎氏のアトリエであり終の住処は、表参道から少し歩いたところにあり、入り口はこんな感じ。 ここから入口。入場料は大人650円、こびと(笑)は、300円。 めちゃくちゃ大きな家ではないけど吹き抜けになって

スキ
32
+3

#もしも叶うなら

ヤッピー! 優れた妄想力を持ちし軍団yappyのキツカです💫 もしも叶うならってめっちゃいい言葉ですね✨ yappy的にもキツカ的にもたーーーーっくさん 叶えたいことがあります! 今回はyappy的に叶えたいことを書いていきたいと思います😊 まずは! 早くアトリエ作りた〜いです!!! 自分たちの制作として使うのはもちろん、 ワークショップとして利用したり、場所貸しできるような世界で一番かわいい染織アトリエを 作りたいです🎉 アトリエには、染色用の釜場があって、染めた布

スキ
7
+2

冬のアトリエ

わたしのアトリエ、 実は自宅の廊下的なところにあるんです。 ということは 冬、ストーブは使えないわけです。 なにせストーブをつけたところで、いつまで経っても温まりません。部屋じゃないから。 外と気温がほぼ変わらない中で絵を描きます。 とにかく凍えそう。 だから冬になると 創作活動自体がストップしてしまうのですが、 今年は寒くてもがんばりたいのです.. 作家活動を応援してくれている方々からのメッセージやサポートに 日々励まされていて、 寒さに負けず がんばろ

スキ
32
+1

言葉の宝箱 0019【他人の評価を必要としない人間というのは本当に強い】

『君を描けば嘘になる』綾崎隼(角川書店2018/1/25) 瀧本灯子には絵しかなかった。 小学一年生で美術教室に通い出してからは 寝食も忘れてアトリエで感情の赴くまま創作に打ち込む毎日。 そんな彼女の世界に南條遙都という少年が現れた。 自分にはない技術を持つ遙都を認め、 次第に彼にだけは心を開きはじめるが、 嵐の夜、二人のいるアトリエを土砂崩れが襲う。 妬む人、託す人、助ける人、共に歩む人。 二人の若き天才を取り巻く喜びと絶望を描いた愛の物語。 『関根実嘉の貴くも残酷な

【実体験】デザイナーの世界①

私が約2年勤めたデザイン事務所での実体験を綴ります。