noteでのpolcaのURL埋め込み時の画像の表示を大きくできるようになりました

こんばんは、株式会社CAMPFIRE polca事業部の山田です。
8月になりました。先週からの夏が本気出したかと思うほど猛烈な暑さに半ばやられながらも、もりもり過ごしております。水分をたくさん摂りましょう。

さて、先日、noteさんがカイゼンとしてURL埋め込み時の画像を大きくする対応をされましたね。

上記のニュースをうけ、僕たちpolcaも、note記事にpolcaの企画やプロフィールペー

もっとみる
#polcaを唱えた!
14

polca 2周年感謝祭!を行います!

こんにちは、株式会社 CAMPFIRE polca事業部の山田です。
来たる8月10日、polcaはサービスローンチから2周年を迎えます。
2周年を記念し、8月24日に『polca 2周年感謝祭』を執り行います!

2周年感謝祭!を執り行うにあたり

昨年の1周年イベントは弊社CAMPFIREオフィスで、polcaのユーザーの皆々様をお呼び立てし開催いたしました。

その際は、みなみなさま本当にあ

もっとみる
お金もスキもなめらかに
16

Mac壊れそう。でpolca企画始めました

ご無沙汰しております。

下記のようなpolca企画を立ち上げたので、ここでも紹介させてください。

------------------------------------

Macがそろそろ壊れそう。イラストやLINEスタンプ作成を続けるためにiPad Proが欲しい。 

久々の企画になります。

 恐竜や古生物や猫が好きで、細々とイラストを描いたり、LINEスタンプを作ったりしてきました。

もっとみる
共感いただけたら、コメントしていただけるともっと喜びます。
6

polca 手数料0円キャンペーンを開始しました!

先日、7月17日より、polcaでお金を集める企画者さまを対象とした「手数料0円キャンペーン」を開始いたしましたことをお知らせいたします。

こんにちは、polca事業部の山田です。東京はどん曇りな日が続きますが、元気だしてこうと日々思いつつです。

さて、冒頭にもある通り、フレンドファンディングアプリpolcaでは、絶賛 手数料が無料になるキャンペーンを実施中です。(8/16まで)
この機会に、

もっとみる
ありがとうございます!ぜひpolcaで企画を立ち上げてみましょう!
19

polca Lifeも「polcaボタン」にすることができるように

「polcaボタン」がpolca Lifeにも対応しました!!その使い方をば解説します!
ご自身のブログなどにボタンを設置することで、SNSでのシェア以外にもpolcaへ促すことができるツールです。

こんばんは、英BBC・Amazon Studio Originalドラマ『フリーバッグ』にどハマりしています。polca事業部の山田です。

フレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」は「

もっとみる
ありがとうございます!
19

アートを「愛のあるお金」にかえた、とある個展の記録③(結果編)

前回までの記事では、わたしたちが考えた仮装通貨「U$A(うさ)」の仕組みと、その実践の場となった「いいこわるいこプロジェクト」について書きました。

今回はその結果がどうなったのかを紹介します。また、後半の有料パートでは「今回の収支」や「配布物のPDFデータ」も公開します。

来場者の反応

展示の会期は1週間。そのあいだに来場したのが約70人。小規模な個展としては悪くない数字だ。

そのうち仮装

もっとみる

アートを「愛のあるお金」にかえた、とある個展の記録②(実践編)

前回の記事では、わたしたちが仮装通貨「U$A(うさ)」という仕組みを発想するまでの経緯を書きました。今回はその実践の場として2018年の晩夏に開催した、渡辺望未個展「いいこわるいこプロジェクト」について紹介します。

ホホホ座へようこそ

京都市の左京区に、ちょっと不思議な本屋さんがある。
その名も、ホホホ座。名前からして怪しい。

そのお店の隅っこ、「もう突きあたりかな?」というところに、さらに

もっとみる

polcaのwebサイトをリニューアルしました。

表題の通り、polcaのwebサイト(polca.jp)を一新しました。アプリ側にある『ピックアップ』画面がweb側にも実装され、webブラウザ環境からもみなさんのpolcaを見つけやすく、紹介しやすくなりました。

こんばんは、王座を巡る策略と謀略の海外ドラマ『Game of Thrones:最終章』の続きが気になりすぎる、polca事業部の山田です。

フレンドファンディングアプリ「polca

もっとみる
感謝感激雨霰!
18

アートを愛のあるお金にかえた、とある個展の記録①(発想編)

アートはお金にかえられない。

その価値を決めるのは「人間の感情」。それは比較できないもの。そこに優劣はなく、数字では測れない。それをお金に換算することはできない。

だからこそ、すごく高価なものにも変わる。数字で測れないものに、あえて人より高いお金を支払う。それが経済力や美意識を示すステータスになることもあるのだ。

それを見て「アートにお金を払うのは成功者の特権だ」と思っている人も多いかもしれ

もっとみる

緑の紙切れは、はたして玉虫色か?

星図にも載っていない辺鄙な宙域のはるか奥地、銀河の西の渦状腕の地味な端っこに、なんのへんてつもない小さな黄色い太陽がある。
この太陽のまわりを、だいたい一億五千万キロメートルの距離をおいて、まったくぱっとしない小さい青緑色の惑星がまわっている。
この惑星に住むサルの子孫はあきれるほど遅れていて、いまだにデジタル時計をいかした発明だと思っているほどだ。
この惑星にはひとつ問題がある、というか、あった

もっとみる
ナタポー↑↑↑
13