〜なぜ、ぼくが選評をよんだのか? お答えします〜 崩れかけのラジオ 第四十七回

ウサギノヴィッチが自身のnoteのマガジンに、すばる、新潮、文藝の三誌の新人賞の選評をよんで記事を書きました。

そんなことまで言っていいの!? #2 新人賞の選評だけを読んでみて(ウサギノヴィッチ)
https://note.com/kuzureruhondana/n/n51c84e40a54b

この記事を二人が深堀りして話してみました。
新人賞に向けて書いている人、必聴!

この動画が良かっ
もっとみる

これからもがんばります!

そんなことまで言っていいの!? #2 新人賞の選評だけを読んでみて(ウサギノヴィッチ)

 ども、ウサギノヴィッチです。
 今日は、7日です。7日は文芸誌の発売日です。
 しかも、新潮、文藝、すばるの新人賞の発表の月です。
 今回は、その新人賞の選評だけを読んでみて、各賞の傾向とかぼくの言いたいことを書いていきたいと思います。

●新潮
「新潮」だけでガチムチな純文学なイメージなのですが、選考委員もガチガチな純文学を欲しているのか、選評を読むだけで手厳しいことが書いてあります。その中で

もっとみる
スキありがとうございます!
15

金石範『満月の下の赤い海』「すばる」2020年7月号

 大阪で生まれたものの、ルーツは済州島あった。しかしほんの少し済州島にしかいることができなかった。そして渡日後、入れ替わるように四・三事件が起きた。以降金石範は事件にたいして、単なる糾弾だけでなく、贖罪の気持ちもあり、「鴉の死」「火山島」など、この事件をモチーフにした作品を書き続けてきた。
 事件は時代とともに風化したり、逆にそこにいた人々とは違った意味合いが、歴史として残ってしまうことにある。

もっとみる
ありがとうございます。
1

【連載小説】雨恋アンブレラ_1

 1

 わたしが天海くんと相合傘をするためには、条件が三つある。

 一つ、雨が降ること。
当たり前だけど、ただ雨が降るだけではダメ。朝から降っていたら、天海くんも傘を持ってくる。だから、朝には降っていなくて、学校が終わるくらいには降っていないといけない。
 今日はお昼休みが終わったころに降り始めた。五時間目から二時間続きの体育の授業は体育館でやることになった。そろそろ夏って時期にグラウンドで運

もっとみる

6.11.20

夕方、スーパーに行く途中で見た雨上がりの空がとてもきれいだった。
夕焼け色に染まった雨雲の隙間に鮮やかな水色が見えたかと思ったら虹が出て、燃えるような茜色になった。いくら写真を撮っても、実際見たあの空みたいな色には写らない。もっと綺麗だったんだけどなぁ。

体調が少しずつ良くなってきて、今日はやりたいと思っていた事がひとつ出来たのが嬉しい。明日は早朝に温泉に行って一日を始めてみようと思う。そしたら

もっとみる

星は昴・すばる。

以前のプレアデス星団の画に、ラピスラズリを重ねてます(^ ^)プレアデス星団は、別名・昴です。

清少納言・枕草子239段
「星はすばる(昴星)。ひこぼし(彦星)。夕づつ。よばひ星(流れ星)、すこしをかし。尾だになからましかば、まいて。 」

「流れ星」の意味に変わったのは、明治とも言われてますが、彦星の「霊魂」が、織姫さまの元に、流れ星のごとく向かわれたのかなと感じています。(^ ^)

昔の

もっとみる
嬉しい1日🎶

高卒女ブログvol.あの日も関ジャニがいた。

昨日、初めて「友よ」セブンイレブン盤

を見ました。

5人のぼちぼち大切な夜。

まだ、消化しきれてなさそう

でした。

錦戸のこと。

そりゃそうだよ。

2日前まで

6人でライブ

してたんだもん。

5人に対して、

ただ純粋に

悲しさでは泣けない。

複雑すぎて。

やめたほうが正解とか、

残ったほうが正解だとか

それは、関ジャニと、錦戸と、すばるが

決めること。

私たちは

もっとみる
ありがとうございます☺️
3

『おいしい家族』

ふくだももこ監督『おいしい家族』を観にヒューマントラスト渋谷に歩いていく。昨日公開で、ここで舞台挨拶もあったみたいなので、さすがに初回はお客さんはまばらだった。公式サイトを見たら『水道橋博士のメルマ旬報』チームな松崎さんもコメントされていた。『週刊ポスト』の金曜日発売の最新号でも僕は連載「予告編妄想かわら版」でこの作品を取り上げている、ということもあって観に来た。

母の三回忌で島にある実家に帰っ

もっとみる

《「一人だけ野球」な個人企画》 都道府県見聞録――時代変遷の記録 その3(最終回)

「一人だけ野球」な個人企画 都道府県見聞録――時代変遷の記録 その3(最終回)

――――――

・【新宿駅西口バスターミナル及び高速バスターミナルほか】南口側の交通ビル・バスタに機能集約
・【「笑っていいとも!」】放送三十二年の歴史に幕
・【新宿コマ劇場】「演歌の殿堂」たる劇場もついになくなり、シネコン併設の高層ホテルに建て替え
・【新宿コマ劇前の噴水】同所にはかつて(まだそこに「殴られ屋」の元

もっとみる