おもいやり

「道」を極める、とは

空手に出会って数十年。
全然自分はやるつもりはなかったけど、親しい友達の師匠が独立してご自分の道場を開くことになりそれがきっかけで始めることに。

最初は本当にお手伝いで、まだ生徒のいない道場でいわゆるサクラになりお稽古してますよー、アピールをして、外から「あ、空手やってるんだ」と思わせる為。
フルコンタクト空手(寸止め無しの直接打撃方式)なので、当たれば痛いわけだ。
「月謝払って痛い思いするのは

もっとみる

発言できる人、できない人

【恩返しのため】【恩を報いる】
恩を受けた人が、感謝の気持ちでお礼をする。

こういう人は、感謝の気持ちを行動や発言に変換して伝えていっている。

根底に感謝(相手を敬う)の気持ちがあってからこそ成り立っているのである。相手も自分も、感謝して感謝しあう間柄にある。

現代は、【相手を敬う】気持ちが希薄になっていると思う。
相手を想う気持ちのない状態での発言は、無責任であるし、発言できないと考える。

もっとみる
アモーテ(好きです)

ポッポ

                   立川生桃

ポッポはポッポが好きでした。ポッポもポッポを好きでした。汽車のポッポと鳩のポッポがおりました。

汽車のポッポは真っ黒な鉄板に覆われた巨体なのです。ある公園の片隅のコスモス畑の中にじっと佇んでいます。汽車のポッポは昔「デゴイチ」という名前の蒸気機関車なのでした。

長い間たくさんの重い荷役を遠方まで行きつ戻りつ運び続けた蒸気機関車のデゴイチ。とても

もっとみる

共用スペースでのおもいやり

今日の記事は剣道家のみなさんにはカチンと来るかもしれませんが、大事故を防止したいという思いと、剣道家の品格を下げたくないという思いから、言いたいことをそのまま書いたものです。

記事の内容は武道場の個人開放を利用して練習する剣道家のみなさんに関するもので、すべての剣道家に当てはまるものではありませんから、その点を踏まえてお読みください。

本題は「共用スペースでの配慮に欠ける剣道団体」からです。

もっとみる
応援ありがとうございます!
1

おもいやりは大事

私は接客してくれた方次第で、
この店いいな
この商品買ってもいいかな
また来ようかなって思う。

気持ちの良い対応してくれる方って、
相手がどういうことをされたら喜ぶのか、
どういうことをされたら嫌なのかがわかっているんだろうなって思う。

私もお客様が喜んでくれる気持ちのよい対応をしようとおもう今日このごろでした。

弱さは魅力

センゴクという漫画においても、とてもおもしろい言葉があったので紹介します。

(戦国大名に求められるは)
「人の心の機微に聡い繊細さ、思いやりの才」
「人の欲望に応える、頭を垂れる弱さである」

センゴクという漫画において、若い頃の織田信長はとても不器用だったという性格で、だからこそ仲間が主君である信長を支えたいとして仕えています。

事実、下剋上して尾張統一までの 19〜26歳頃までは、10代の

もっとみる

わたしを笑顔に出来るたった1人の人。

目の前の人が泣いていると

どうしたのかな?

なにか悲しい事があったのかな?

って思います。

目の前の人が痛がってると

痛そうだなあ。

早く痛くなくなるといいなあ。

と心から思います。

目の前の人が疲れていると、

少し休んだらどうだい?と

思います。

目の前の人が泣くことなく

痛がることもなく

平和な安心出来るところで、

よく眠りおいしく食べて

いつもリラックスして

もっとみる
神様~。♥ありがたし~。
16

夫婦の凸凹

おはようございます、きりん🦒です。
今日は夫婦関係についてお話をしようと思います。わたくしは結婚8年目です。結婚し、子どもが出来て、今の生活があります。その中で感じた夫婦のありかたについての考察です。

夫婦は凸凹であっていい

同じ趣味嗜好、考え方を持つ人に人はひかれると思います。実際に自分もそうでした。一緒に過ごしていて楽しい人、喜びを分かち合える人なんて最高ですよね。人付き合いの中で、その

もっとみる
ありがとうございます😊 スキを共有できて感謝感謝です✨
5

強い,長い,揺れを経験して10年

13時に退勤し、バスに乗り、仙台駅で下り、用足しをしつつ、いつもの人の流れを見ながら、電車で帰ってきました。

まさに、日常の光景です。

10年前のあの日は、無職で、人間関係も、何もかもがうまくいかなくて、自宅に引きこもっていて、毎日、

「死にたい」「地球が壊れてくれ」   ばかり、唱えていました。

一人、自宅で、長い、強い、揺れに遭い、大震災の当事者になるとは、予想しませんでした。

「死

もっとみる

あれから。

3月11日がまたやってきます。あれから10年。。。

このnoteの前に、画像でメモを残しました。色々な思いがあり、再度noteに文字を残したいと思います。

変わった価値観

震災を経験された方は、本当に大変な10年だったと思います。

当たり前にあった日常や、そこにあった幸せが突然なくなるという恐ろしさ。

東北での地震は、震災プラス津波や原発の問題が重なり、多くの傷跡を残しています。

私は

もっとみる
あなたのスキが、支えです!ありがとうございます!
5