夢の中で、死んだおじいさんに手を叩かれた話

亡くなった方の夢を見るという話はしばしば伺う機会があります。

これは、お仕事で会った方に伺ったお話です。

その方が大学1年生の時に、おじいさんが亡くなりました。そのすぐ後に、おじいさんが夢に出てきました。

夢の中でその方が体育館のようなところにいたら、上の方から覗き込むようにしている人がいて、見上げると亡くなったはずのおじいさんでした。

「あ、おじいさんだ」と気が付くと、おじいさんが上の方

もっとみる
スキありがとうございます!
8

マイナス7度でも歌う

グラスゴーを拠点に様々な小さい町に行き、歌うことにした。前回も来たアーバイン。今週序盤は珍しく晴れの予定であり、雨の日よりも気温が下がり、寒い。気温を調べてみたら、マイナス7度だ。しかし、バスキングをする。例え寒かれど、バスキングをしなければ、死ぬ。もう歌うことでしか生き残ることが出来ないというところまで自分を追い詰める。一つだけいうと、僕にとってギターを持って歌うことは全く苦痛ではない。だから問

もっとみる

おじいさんと幼い女の子との交流

友達についてのマガジンを作ろうと、ヘッダー画像を、自分のアルバムから探していた。でも友達誰かの写真なんて選べないし、自分の写真なんてもってのほか。素敵な景色も、どれもおざなりに撮っている。どうしたものかと思いながら子供の頃の写真までさかのぼって見ていた。

 ああこれだ。これにしよう。

 ぼやけた写真を見つけて、この人も確かに私の友達だった、と思い出して決めた。
 
 どのくらいの年齢差があった

もっとみる
すごく嬉しいです❤️
35
わぁ。ありがとうございます。励みになります!
23

90度縦のケーキ

仕事の帰り道、家の前の交差点に差し掛かった時
ガシャンという音と同時に、
交差点の角の家の塀から、
倒れた自転車の後輪が見えた。

「あーこれはまずい」

とっさに駆け寄ると、
倒れていたのはおじいさんだった。

幸い、おじいさんの連れの方なのか、
通りすがりの方なのかわからないけれど、
桃色の服を着たおばあさんが先にいて
声をかけながらおじいさんを助けていた。

大きな怪我もなさそうで、
おばあ

もっとみる
励みになります!
13

さっき具合が悪くなり、道端のコンクリブロックに座り込んでいたら、杖ついたおじいさんに救急車呼ぼうと言われるも私拒否。救急車か、タクシーで主治医の所か悩みつつPCの電源切って来なかったの思い出しヨタヨタ歩き始めた所に、おじいさん車で迎えに来てくれ我がマンションまで送ってくれた!神!

わたしと出会ってくれて、ありがとう♡
19

笑うお爺さん

先日載せた『四角い穴』の中でワタクシ猫野パンダがビビリな理由を書きましたが↓

↑これを書いている時に、あることを思い出した。
あれも私の厄介なビビリスキルによる出来事だったのか
思い出す度にぐるぐると考えてしまうので、またnoteに書いてみようと思う。

私が高校生の時、学校が終わってバイトが始まるまで時間が空くことが結構あった。
そういう時は、よく近くの駅ビルの中で時間をつぶしたりしていた。

もっとみる
嬉しいです!パンダ見るといいことありますよ★
5

おじい

今日もFOX STUDIOの仕事が終わった…とお片づけをしていた。

あるセットの製作中で、俺らの部署はあちこちを工夫を凝らして塗り塗りしてるもんで、刷毛やら意味不明な着色塗料やらをしまっていた。

セットの中は混沌とていて、音楽がなりっぱなしの中、違う部署の者共はずりずりやったり、ダンダンってやったりしていている。

と、俺らが片付けている7,8m向こうに、組み立て部所属のおじいさんが片付けを始

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
5