いつものご飯

牛肉の角煮

牛肉の角煮

黒毛和牛のお肉を頂いたのでシェフが「牛肉の角煮」を作ってくれました。コロコロにカットしてあったので「角煮」というネーミングにしたそうです。牛肉の甘辛煮というところでしょうか? フライパンに油を入れ肉の表面の色が変わる程度に炒めたら取り出して、ペーパータオルでお肉の表面の脂をふき取り鍋に並べます。 お鍋にヒタヒタよりやや多めの水を入れ針生姜をたっぷり加えて落し蓋をしてコトコト煮込んであります。味付けは砂糖、醤油、塩、梅酒も少々… 豚の角煮よりあっさりしていて牛肉の大和煮み

スキ
1
たけのこご飯

たけのこご飯

筍を頂いたのでシェフが「たけのこご飯」を作ってくれました。 筍と刻んだ昆布と梅干し(我が家では寝起きに梅茶を飲むのでお茶に浸しておいた梅干しは取り出して料理に使っています)を入れて炊いてあります。 塩、醤油、黒砂糖で調味、鰹節粉も少し入っています。 おこげ炊きなのでほんのり香ばしくて、昆布や梅干し、鰹節粉が良い感じに筍の美味しさを引き立てていました。

スキ
6
コンビーフ納豆

コンビーフ納豆

納豆が少し苦手な私、食卓に上れば一応は食べるけれどすすんで食べたいとは思わないのですが、シェフが作ってくれる「コンビーフ納豆」は大好き! 「超小粒のひきわり納豆」と「コンビーフ」を混ぜて、醤油で味を調えてあるだけのシンプルなものですが、コンビーフが納豆の風味を抑えてくれているので納豆が少し苦手という方にもおすすめです。 クラッカーなどに塗って食べるとおつまみになりますよ!

カレーつけ蕎麦

カレーつけ蕎麦

昨夜の「鶏手羽元のほぐし身カレー」をシェフがアレンジしてくれました。「カレーつけ蕎麦」です。 蕎麦は「祖谷蕎麦」を茹でたものです。 つけダレはたっぷりの鰹節で取った出汁で昨夜のカレーを伸ばし、シイタケも煮込んであります。たっぷりのネギをかけて… ちなみにつけダレの入った器は昭和の食器でヒビの入った部分を錫で継いで使ってます。

スキ
2
鶏手羽元のほぐし身カレー

鶏手羽元のほぐし身カレー

なかなか調子の戻らない私が元気が出るようにとシェフがカレーを作ってくれました。「鶏手羽元のほぐし身カレー」です。 圧力鍋に鶏手羽元と玉ねぎ1コを丸ごと水を入れて加圧して、身が柔らかくなったら解して骨を取り出します。 フライパンでたっぷりの生姜、ニンニク、粗みじん切りの玉ねぎを炒め、鶏のスープに加えます。そこに玉ねぎのくし形に切ったものを入れて煮込みます。唐辛子も入れてあります。 火が通ったらカレールーを加え、レンジで加熱したジャガイモと人参を加えて煮込みます。最後に塩と

スキ
3
白菜漬けと豚肉とネギのごった煮春雨鍋

白菜漬けと豚肉とネギのごった煮春雨鍋

ご近所のスーパーに添加物の一切入っていない天然塩のみで漬けた白菜漬けが売っています。人気の品でなかなか手に入らないのですが、今日は手に入れることが出来ました。 原稿の締め切りが明日なので何かと忙しいシェフですが、白菜漬けを使って「白菜漬けと豚肉とネギのごった煮春雨鍋」を作ってくれました。 ほんのり白菜漬けの味がしていましたが、好みで塩、レモン汁、一味唐辛子で味付けして食べました。 豚肉と椎茸、白菜漬け、ネギ、春雨だけの簡単手抜き鍋ですが、お野菜たっぷりで春雨がお出しをた

豚小間と白菜漬けの炒めもの

豚小間と白菜漬けの炒めもの

我が家のシェフは白菜漬けをよくお料理に使うのですが、今夜は炒めものを作ってくれました。「豚小間と白菜漬けの炒めもの」です。 豚小間細切りをごま油で炒め、粒コショウと香りづけの醤油を加えます。そこに深ネギの細切りを加えて炒め、火が通ったら白菜漬けの細切りを加えて、塩、醤油で味調えます。 白菜漬けのおかげで深みのあるまろやかにお味になっていてご飯の進む炒めものでした。 「キュウリとハムのシンガポールチリソースポン酢和え」 たたき胡瓜とハムをシンガポールチリソースを加えた自

スキ
1
椎茸皿のグラタンハンバーグサンドイッチ

椎茸皿のグラタンハンバーグサンドイッチ

生徒さんからとても大きな椎茸を頂きました。新種の椎茸で肉の厚みと味の濃厚さが特徴だそうです。 この椎茸を使ってシェフが作ってくれたのは「椎茸皿のグラタンハンバーグサンドイッチ」です。 合いびき肉と玉ねぎ、卵、塩、コショウを練り合わせて作ったハンバーグの種を椎茸をお皿に見立ててこんもりと盛り付けて… チーズをトッピングしてオーブンでグラタンのように焼いてあります。 焼いた時に出た肉汁にマスタードを加えてソースを作り、トーストしたパンの片面に塗り、ほうれん草のソテーとグラ

スキ
1
薩摩風蕎麦チジミ

薩摩風蕎麦チジミ

長芋と蕎麦粉を使ってシェフが「薩摩風蕎麦チジミ」を作ってくれました。鹿児島では蕎麦のつなぎに山芋を使うことが多いので「薩摩風」と名付けたそうです。使ったのは山芋ではなく長芋ですが… 長芋、蕎麦粉を練って処に豚小間切れの粗みじん切り、人参の細切り、ネギの小口切りを入れてごま油で焼いてあります。チジミの時はネギやニラをやや長めに切って入れてあるのですが、蕎麦粉を使っているのでお蕎麦っぽく小口切りだそうです。 山芋のふわふわ感に蕎麦の味が加わって蕎麦掻きのような風味もしました。

スキ
2
焼サバの炊き込みご飯

焼サバの炊き込みご飯

今夜はシェフが「焼サバの炊き込みご飯」を作ってくれました。 一昨日グリルで焼いた「寒サバの干物」の半身を解しておいたので土鍋で炊き込みご飯にしてくれました。 自家製の梅干しの刻んだものも入れてあります。梅干しはそのままのものではなく、毎朝梅茶を飲んでいるのでその時の出がらしの梅を使っています。針生姜もたっぷり入っています。 最後にたっぷりのネギを混ぜ込んで出来上がり! 臭みもなくて程よい味加減の美味しい炊き込みご飯でした。 副菜は肉団子と野菜たっぷりと春雨のスープで