見出し画像

アドバイスを聞き入れてもらえない時に他の職業の人はどうしているのか?

こんにちは。

牧 菜々子です。

世の中には、「人にアドバイスをする仕事」の人が、たくさんいます。

教師、医師、看護師、弁護士、税理士、セミナー講師、ピアノの先生…。

オンラインで習い事の教室を始められている方もいますし、「子育て」というのも「人にアドバイスをする仕事」の1つと言えるのかもしれません。

人に何かを教えたり、一生懸命アドバイスをしたりしても、必ずしも聞いてもらえるわけではない。

そんな時には、何とも虚しい気持ちになります。

「どうして、アドバイスを聞き入れてくれないんだろう?」

「教え方が悪いのだろうか?」

「自分の実力が足りないのだろうか?」

「一体どうすれば、アドバイスを聞き入れてくれるのだろうか?」

そんなことばかりが、グルグルと頭を巡ってしまっても、無理はありません。

世の中の「アドバイスをする仕事」の人たちは、アドバイスを聞いてもらえない時に、どうしているのか。

今回は、私のこれまでの経験から、「一生懸命アドバイスをしているのに、実践してもらえない、聞いてくれない」という人たちが、どういう思いを抱き、そのことをどう考えているのかについてお伝えします。


どんなに優秀なアドバイザーやコンサルタントの方でも、教わるほうの能力は千差万別ですから、おそらくご自身のアドバイスを聞いてもらえなくて困った経験があるはずです。

それでも、日々の業務が忙しいので、なかなか「他の職業の人たちはそんな時にどうしているのか」ということまでは、情報収集ができません。

だから、意外と知る機会がない。

自分がアドバイスを受ける立場だった時にはわかっていたことでも、アドバイスをする立場になると、忘れてしまっていることもあります。


時代が転換期を迎えている今、何かを「伝えること」、「教えること」を仕事にしている人は増えています。

一生懸命アドバイスをしているのに、実践してもらえない、聞いてもらえないということに悩んでいる人が増えているのも、無理はないのです。

そんな時には、ぜひこの記事で、世の中のさまざまな「アドバイスをする仕事」の人たちがアドバイスを聞いてもらえない時にどうしているのかを、参考にしてもらえればと思います。

きっと、晴れやかな気持ちで、またバリバリと業務に当たることができるはずですよ。



続きをみるには

残り 4,891字

¥ 800

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!