暮らしの練習帖

25

レッスン25.読書しても内容を忘れちゃう人、感想が出せない人は、こういう読み方をすると訓練になるかも、という話

本を読むのが苦手です。小学生の頃は、お話を読むのが大好きでした。クラスの読書マラソンで、読書冊数の多い人第2位になった時はちょっぴり誇らしげでした。そんな少女ももうアラサー。今となっては読書が苦手です。

より正確に言うと、「読んだ本の内容を肴に人とコミュニケーションするのが苦手」です。読んだ内容を忘れちゃうんですよね。「面白かった」「ためになった」という感想は残っていても、具体的にどんなところが

もっとみる
私も好き!
4

レッスン24.再び歩き出すために

生きてます。フェイスブックもnoteも更新していませんが、なんとか生きています。

今年春、「社会福祉士取って地元に帰って仕事しなきゃ……!」と、追い詰められて変な思考になって病院に転職したものの、職場環境と実際の業務(広報業務と言われていたのが、ばちばちの医療事務だった)でさらにストレスを増やし、一歩間違えば死ぬんじゃないかという危うい進み方をしていましたが、生きています。ご心配をおかけしており

もっとみる
私も好き!
7

レッスン23.生活は続く

遺書を書いて落ち着いたのもつかの間、また唐突に襲ってくる自己嫌悪と希死念慮と戦い続けている。いろんな人から「武田さんにはリフレッシュが必要」と言われるのだけれど、休息の方法が三大欲求を満たすことくらいしか分からなくて愕然とした。

それでもいいのかもしれないけれどさあ。なんかないのかね、もっと。つくづく浅い人間だなあと思ってしまうけれど、まあ、それが私の身の程ってものなのかもしれない。無意識のうち

もっとみる
今日のあなたは大吉!
13

レッスン22.死にたい私は遺書を書く

京都には安井金比羅宮という、縁切り・縁結びで有名な神社があるらしい。ならばこの世と縁切りしてもらおうと、東海道新幹線に飛び乗ったのはつい先日のことだ。口座からありったけのお金を下ろし、縁切りをお願いした後は1週間ぐらい楽しいことをして、どこか人目に付かない場所でひっそり死のうという計画だった。

無論、今こうして文章を書いているのだから、計画は失敗に終わっている。死にきれなかったとかではない。酷い

もっとみる
生きていくのってしんどいけど、一緒にがんばりましょうね
8

レッスン21.「武田さんはどういう生き方がしたいの?」

結論。病院を辞めます。社会福祉士の勉強も辞めます。ライター・記者・編集者を再び目指して絶賛転職活動中です。アルバイトでもなんでもやります。お仕事のお誘いお待ちしております。

一段落目で言いたいことはすべて終わるのだけれど、今日はこの結論に行きつくまでの経過をぐだぐだ書いていこうと思う。私の知人、私に興味のある人以外には一切合切どうでもいい文章だが、読んでみようと思われた奇特な方には、ぜひ最後まで

もっとみる
生きていくのってしんどいけど、一緒にがんばりましょうね
8

レッスン20.旅立ちの朝に

今日は約3年働いた会社の最終出社日。ネットニュース記者・編集者として、けして一人前にはなれなかったけれど、毎日いろんな人に取材して、社会の様々な側面を見せてもらえた。

散々迷った結果、私は夢を取った。不安定な雇用でも、夢に近づける可能性が大きい職種に転職する。

なりたい職業は昔から、色々移り変わってきた。小学1年生の時は魔女、5年生は声優、中学生は裁判官に憧れた。それはどれも本心だったけれど、

もっとみる
好き、ありがとうございます!
10

レッスン18:2020年、他人の価値観に惑わされるな、私

気づいたことがある。最近の私の「この仕事を通して世の中の何の役に立っているのか」という疑問の裏には、私が人生をかけて成し遂げたいことが隠れていて、今の仕事の状況では、それが私の未熟さゆえにできていない、ということ。そして、その思いを持ったまま今の仕事を続けることは、悪ではないということ。

思いが先行しがちな私は、自分の大事にしたい価値観と目の前の仕事に乖離があると、ものすごい罪悪感を感じがちだ。

もっとみる
読んでくれたの?ありがとう!
12

レッスン17.人生の不安と共存するための私的Q&A

人生に不安になりがちな私のためのメモです。不安に駆られたとき見返して「そうだったな」と安心するためのお守りのようなものと位置づけています。思考が駄々漏れしています。随時更新していきます。(最終更新:2019年12月23日)

Q1.今の職場で必要とされていないのではないか、もしくはそうなってしまうのではないかと不安です。
A1.「お前クビな」って言われていないなら居場所はあると思っていい。

Q2

もっとみる
読んでくれたの?ありがとう!
7

レッスン16.マスコミ勤務27歳、身体を壊してマイペースの大切さを知る

2019年9月末から年末まで休職した。診断書に書かれたのは「心身過労状態」と「うつ病」だった。

診断書を見て最初によぎったのは「生命保険の見直しが面倒になるな」「仕事休みたくないな」「休まなくても大丈夫じゃないかな」だった。初職では人事部や同期との関係不全、私自身の業務への適性のなさから、文字は認識できても文の意味が分からないところまで追い詰められた経験がある。そのため、文章が読み書きできる分、

もっとみる
今日のあなたは小吉!
6

レッスン15.英語や知財の勉強が楽しい

ここ2か月くらい、英語の勉強にはまっている。仕事で使う機会はほぼゼロなので、実務のためではなく趣味だ。

何が楽しいって、分からないものを分かるようにすれば自ずと答えは定まること、単語をひとつ覚えれば確実に積み上げられていくこと。単純作業に近い。創造性もいらない。世の中、答えが確実になる事なんて勉強くらいだ。仕事では絶対に得られない楽しさに心が満たされている。

文法書を開き本格的に勉強を始めたの

もっとみる
私も好き!
4