アンケート98点、ありがとうございます 2019/10/15

こんばんは、昨晩女の子2人と気付けば3Pに興じておりました、ささらです。いつの間にそんな流れになったのかあまり覚えていないのですが、床がしっかり潮浸しになっていた記憶はあります…お店のプロフィール通り受け(バリネコ)なので、必然総受けだったのですが、正直堪らなかったです。詳しくはお部屋で聞いてください。

つまりはやっぱり大好きなんですよね、だからこのお仕事も、体調不良で「行けない」ことはあっても

もっとみる
嬉しいです。モチベが続かないので、励みになります。

金木犀

ネイルが綺麗に塗られた指先を見ると、いいなと思う

フワッといい香水が漂うと、すてきだなと思う

細いヒールが颯爽と通りすぎると、かっこいいなと思う

だけど分かってる

何度もチャレンジしたけれど自力で爪を飾るのはどうにも飽きる

しっかりとマニキュアの液が乾くまで待てないのだ

じゃあ、ネイルサロンにでもいけばいいじゃないと思うのだけど、爪を飾るのにウン千円もだせない

だけど、分かってる

もっとみる
スキって嬉しい言葉ですっ
10

野草食日記 159 鴨肉の桂花醬ウイスキーソース

秋に作った金木犀のシロップは、中国語で桂花醬と呼ばれるそうです。
私にとってはスイーツの材料や紅茶の香り付けのイメージしかありませんでしたが、ある方から鴨肉に合うとの情報をいただきました。

でも、鴨肉は私的には料理のハードルが高い気がして、なかなか取りかかれず。
そんなこんなで重い腰を上げ、昨日ようやくチャレンジしました。

塩少々で下味をつけた肉をソテーして一旦バットに上げ、フライパンの脂を拭

もっとみる
ありがとうございます!
2

金木犀の記憶と変わりゆくもの

金木犀の香りが好きだった。

その木は、母の実家の庭に植えられていた。

そこで育った私は、毎年、その特徴的な香りによって秋の始まりを感じた。

しかし、大人になって案外にも私と同じくその木の香りが好きという人が多いことを知ったとき、私はいささかの失望を覚えた。

私が普段生活する場所でーーつまりは私の世界の中でーーその木があるのは唯一、母の実家のみだったからである。

同じ経験を私以外の何人もの

もっとみる
スキありがとうございます!
8

【掌編小説】終わった金木犀

数ヶ月前に金木犀の匂いに誘き寄せられて歩いたこの道をとぼとぼと辺りを見渡しながら進む。暗くなるのが早くなって、夕日の茜色の部分も小さくて、茜色は真っ暗闇に縁取られている。
 金木犀の甘い匂いに誘われて、あの頃の淡い記憶を滲ませて、僕はこの道を通った。
 終わった感情を引きずっていても、仕方がなくて、だからといって次の感情がめきめきと育つ訳でもない。着実に確実に育ってくれている感情はあるのだけれど、

もっとみる
はかいこうせん
10

秋遊び  桂花陳酒-その後

はらり、ほろり、と秋の夜の

音もなしにゆっくりと沈み甘露に色と香りを移す

夜をいくつ数えただろうか

甘い美酒に浮かせた金木犀は日に日に沈殿し、その時を知らす

おおよそひと月、甘いワインに浸してその時を待った

始まりはまだ昼間は暑さを感じる秋の日

封を開けて香りを確かめる

濃厚な甘い金木犀の、秋の香りが漂う

もうそろそろ花弁を濾して約3年の眠りに落ちてもらおうか、とひとりほくそ笑む

もっとみる
わ~い!やったー。うれしい!!

失われた香りたちを求めて

金木犀といえば、小学生の十月を思い出す。

家の門のすぐ脇に金木犀の木が植えてあって、朝の「行ってきます」とともに金木犀の香りがふわりと鼻腔をくすぐった。とても心地よかった。

そうやって幼心のうちに、秋の次には金木犀が訪れ、金木犀の次にはきまって冬が訪れることを知った。

私たちの記憶がちょうどそうであるように、365日を通して気体分子の組成はグラデーション的に変化している。

人の記憶と香りは

もっとみる

金木犀

金木犀。

金木犀の花が咲く頃、甘い香りと共に運動会を思い出します。

昭和な時代、運動会といえば10月。それが当たり前の時代でした。

運動神経が切れていた私は、最下位の常連。足の速い友達やリレーの常連の人たちがとても羨ましくて、自信のない私は人前で走るのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

それでも、鼓笛隊、ブラスバンドの演奏で、みんなでやり遂げる達成感は、数十年経っても忘れないものですね。

もっとみる
♥️嬉しい~♥️
1

◯金木犀

おはようございます。

突然ですが、金木犀の香りはお好きですか?
わたしは大好きです。

なんていうんでしょうね、、、あの何物にも変えられない金木犀の香り🤤🤤🤤
通勤中とかふとした瞬間に金木犀の香りがすると唐突に幸せに包まれて、今日はもうお家に帰ろうかな。という気分にさせてくれますよね!

金木犀は大好きだけど、金木犀についてくそにわかマンなので、確証はないですけど、あれ、わりと匂い強めだよ

もっとみる

秋遊び 桂花陳酒作り

少し前のこと 家を出るとそこかしこから金木犀のにおいがしていた

甘く濃厚な香りに秋を感じる

その金木犀を使った≪桂花陳酒≫というお酒がある

ただ市販品はとても甘いのだ いいにおいを味わいたいのに甘さが苦手で飲みきれないこともあった

ならば作ってみようと何年か前ウォッカで作ったことがある 

その当時、ウォッカでいろいろつけて遊んでいたのだ。一般的に果樹酒を作るときに使うホワイトリカーも蒸留

もっとみる
わ~い!やったー。うれしい!!
3