Japanese Film Project

JFPは、日本映画業界の「ジェンダーギャップ・労働環境・若手人材不足」を検証し、課題解決するために「調査および提言」を行う非営利型の一般社団法人です。 https://jfproject.org/

Japanese Film Project

JFPは、日本映画業界の「ジェンダーギャップ・労働環境・若手人材不足」を検証し、課題解決するために「調査および提言」を行う非営利型の一般社団法人です。 https://jfproject.org/

マガジン

  • 韓国映画界のリサーチ

    JFPでは、韓国映画界のリサーチを実施しています。

  • 映画スタッフへの取材記事

    映画の制作現場で働く女性スタッフの皆さん、匿名インタビューを実施しました。 問題や課題を感じていても、中々可視化されていなかった声を共有しようという試みです。日本映画界の労働環境の改善に向け、どのような取り組みが必要なのか?現場からの声をお届けします!

  • JFPステートメント

    JFPがリリースしたステートメントをまとめています。

  • 日本映画界のジェンダーギャップ調査

    2021年から開始したJFPによる、日本映画界のジェンダー格差調査結果をまとめています。

  • JFPシンポジウム記録:日本映画のこれからを考える

    JFPが実施したシンポジウムの採録や記録動画、開催概要をまとめています。

記事一覧

セクハラ・性暴力の定義(韓国映画・性平等センター“ドゥン・ドゥン”)

このページでは、韓国映画・性平等センター“ドゥン・ドゥン”が公表している「セクハラ・性暴力の定義」をセンターの許可を得て翻訳しています。 昨今、日本でも性加害の…

韓国リサーチvol.02(DGK 性暴力防止委員会)

DGK(韓国映画監督組合)性暴力対策委員会のお二人に話を伺った。 ▼DGKと性暴力防止委員会とは?DGK:DGKは監督達が所属するギルド(共同組合)です。(※解説文「ギルト…

Gender Survey of the Production Field in the Japanese Film I…

Japanese Film Project (JFP) is a non-profit organization that researches and makes proposals in order to examine and resolve issues surrounding gender inequalit…

性暴力防止のための行動綱領(DGK 韓国映画監督組合)

▼はじめにこのページでは、韓国映画監督組合(DGK)が公表している「性暴力防止のための行動綱領(こうどうこうりょう)」をDGKの許可を得て翻訳しています。 昨今、日本…

映画関係会社に雇用され、労働問題が起きたら(JFP取材vol.06 東映元AP)

2021年以降、日本映画界ではハラスメントや労働問題が顕在化しています。 2021年秋に、東映元APの方が「過重労働とセクハラの改善を求める」下記の記事を投稿し、大きな反…

日本映画業界の制作現場におけるジェンダー調査2022

2022年7月5日に外国人特派員協会で記者会見が実施され、日本映画界のジェンダー調査2022が公開されました。 JFPでは、2021年秋から2022年夏にかけて、以下の調査を実施しま…

(2)鷲谷花(映画研究者):JFP調査2022、有識者による解説

少数の大手映画会社が、映画製作に必要な設備及び機材を備えた撮影所(スタジオ)を直営し、一定のフォーマットを共有する娯楽的ジャンル映画(プログラム・ピクチャー)を…

(1)田中東子(東京大学大学院情報学環):JFP調査2022、有識者による解説

1992年。 大学生だった私は、映画製作の現場に飛び込んでいた同級生の男の子に、「映画業界って、なんで男ばっかりなのさ」と従来からの疑問をぶつけてみた。すると彼は、…

韓国リサーチvol.01(韓国映画・ジェンダー平等センター"ドゥン・ドゥン")

▼韓国映画・ジェンダー平等センターとは?Q:団体設立経緯を教えてください。 最初は ”女性映画人会”があったんです。2016年に、”文化芸術界内の性暴力”というハッシ…

「なぜキム・ギドク特集上映が中止になったのか」を考えるために

1)上映中止の経緯と論点2021年12月に都内劇場で予定されていた特集上映「キム・ギドクとは何者だったのか」が多くの反対の声により、中止となりました。 特集上映を企画…

【イベント採録・後半】「制度設計、実態調査、日本映画のこれからを考える2」

【訴え先】がない!悲痛な声小西:2番目のテーマは「制度設計」です。課題を解決するための制度設計について考えていきます。 労働経済学がご専門、日本の雇用のあり方に…

【イベント採録・前半】「制度設計、実態調査、日本映画のこれからを考える2」

映画界の性加害を受けて小西:今夜の議題は「実態調査と制度設計」です。 昨今、映画界の性加害や労働環境の問題が顕在化し、連日テレビや週刊誌で取り上げられるようにな…

JFP Joint 情報まとめ

JFPでは、映画界の若手人材不足とジェンダー格差解消のため、基礎知識を得るオンライン講座やネットワークづくりを実践していきます。 映画界では若手人材不足やジェンダ…

JFPシンポジウム記録

JFPでは定期的にシンポジウムを実施し、映画監督に限らず、映画現場スタッフや外部有識者なども交え、オープンな場で映画界の課題解決に向け議論していきます。 2)「制…

JFPインタビュー調査まとめ:最新情報

JFPでは、映画界で働く現場スタッフや外部有識者へのインタビュー取材を実施し、多角的な視点で映画界の課題を検証していきます。 1)映画関係者へのインタビュー取材2)…

JFPアンケート・統計調査まとめ:最新情報

JFPでは、映画現場の様々な課題を可視化するため、ジェンダー格差の指数や、アンケート調査を実施しています。 1)映画界のジェンダーギャップ調査▼日本映画業界の製作…

セクハラ・性暴力の定義(韓国映画・性平等センター“ドゥン・ドゥン”)

セクハラ・性暴力の定義(韓国映画・性平等センター“ドゥン・ドゥン”)

このページでは、韓国映画・性平等センター“ドゥン・ドゥン”が公表している「セクハラ・性暴力の定義」をセンターの許可を得て翻訳しています。

昨今、日本でも性加害の問題が取り上げられてますが、その対策防止策の参考にしていただけますと幸いです。

韓国語の原文掲載サイトはこちらから

【セクハラ・性暴力とは?】▼性暴力(sexual violence)とは?現行法では「わいせつ行為」や「強姦」を「性暴

もっとみる
韓国リサーチvol.02(DGK 性暴力防止委員会)

韓国リサーチvol.02(DGK 性暴力防止委員会)

DGK(韓国映画監督組合)性暴力対策委員会のお二人に話を伺った。

▼DGKと性暴力防止委員会とは?DGK:DGKは監督達が所属するギルド(共同組合)です。(※解説文「ギルトとユニオンの違いとは?」文末記載)

ドンリョン:私は性暴力防止委員会の2期委員です。隣のヒョンジンさんは1期委員でした。今日は、DGK性暴力防止委員会の活動を中心にお答えできればと思います。

ヒョンジン:韓国映画業界では、

もっとみる
Gender Survey of the Production Field in the Japanese Film Industry  2021-2022

Gender Survey of the Production Field in the Japanese Film Industry 2021-2022

Japanese Film Project (JFP) is a non-profit organization that researches and makes proposals in order to examine and resolve issues surrounding gender inequalities, labor conditions and the lack of yo

もっとみる
性暴力防止のための行動綱領(DGK 韓国映画監督組合)

性暴力防止のための行動綱領(DGK 韓国映画監督組合)

▼はじめにこのページでは、韓国映画監督組合(DGK)が公表している「性暴力防止のための行動綱領(こうどうこうりょう)」をDGKの許可を得て翻訳しています。

昨今、日本でも性加害の問題が取り上げられてますが、その対策防止策の参考にしていただけますと幸いです。

▼中・支・申 行動綱領“中止(Stop)、支持(Support)、申告(Report)”の原則

韓国映画監督組合員がセクシュアル・ハラス

もっとみる
映画関係会社に雇用され、労働問題が起きたら(JFP取材vol.06 東映元AP)

映画関係会社に雇用され、労働問題が起きたら(JFP取材vol.06 東映元AP)

2021年以降、日本映画界ではハラスメントや労働問題が顕在化しています。

2021年秋に、東映元APの方が「過重労働とセクハラの改善を求める」下記の記事を投稿し、大きな反響がありました。

2022年春には【第2報】の記事が公開され、4月14日、東映が中央労働基準監督署(以下、労基署)より、労働基準法違反で是正勧告を受けたことが明らかに。

その他にも、映画宣伝会社「ドロップ」が労働基準法違反を

もっとみる
日本映画業界の制作現場におけるジェンダー調査2022

日本映画業界の制作現場におけるジェンダー調査2022

2022年7月5日に外国人特派員協会で記者会見が実施され、日本映画界のジェンダー調査2022が公開されました。
JFPでは、2021年秋から2022年夏にかけて、以下の調査を実施しました。

▼日本映画業界の制作現場におけるジェンダー調査2022

▼映画業界のジェンダーギャップ調査2022〜映画界の職能団体編〜▼有識者からの解説:田中東子・鷲谷花▼映画現場の女性スタッフへの匿名インタビュー

(2)鷲谷花(映画研究者):JFP調査2022、有識者による解説

(2)鷲谷花(映画研究者):JFP調査2022、有識者による解説

少数の大手映画会社が、映画製作に必要な設備及び機材を備えた撮影所(スタジオ)を直営し、一定のフォーマットを共有する娯楽的ジャンル映画(プログラム・ピクチャー)を、厳密な予算及びスケジュールの管理下で量産し、全国の系列映画館で興行して収益を得る、いわゆる「撮影所システム」の時代、映画製作現場で働くスタッフ及びキャストの多数を占めていたのは、撮影所と雇用契約を結んだ賃金労働者だった。撮影所には総じて組

もっとみる
(1)田中東子(東京大学大学院情報学環):JFP調査2022、有識者による解説

(1)田中東子(東京大学大学院情報学環):JFP調査2022、有識者による解説

1992年。
大学生だった私は、映画製作の現場に飛び込んでいた同級生の男の子に、「映画業界って、なんで男ばっかりなのさ」と従来からの疑問をぶつけてみた。すると彼は、「映画っていうのは大人数を率いて作るわけ。女に集団の指揮を取れるわけないじゃん」と答えたのだった。

 未来を担う若者までもがそんな認識なのかと呆れつつ、「この業界は先細りしていくな……」と直感してから、今年でちょうど30年が経つ。映画

もっとみる
韓国リサーチvol.01(韓国映画・ジェンダー平等センター"ドゥン・ドゥン")

韓国リサーチvol.01(韓国映画・ジェンダー平等センター"ドゥン・ドゥン")

▼韓国映画・ジェンダー平等センターとは?Q:団体設立経緯を教えてください。

最初は ”女性映画人会”があったんです。2016年に、”文化芸術界内の性暴力”というハッシュタグ運動がSNS上でありました。それを受けて、実際に文化芸術業界でどういう性暴力があったのか、その実態を調べる必要があった。
その後、映画業界の中でも「ジェンダー格差を無くす動きが必要だ」「性暴力を解決しなければならない」という認

もっとみる
「なぜキム・ギドク特集上映が中止になったのか」を考えるために

「なぜキム・ギドク特集上映が中止になったのか」を考えるために

1)上映中止の経緯と論点2021年12月に都内劇場で予定されていた特集上映「キム・ギドクとは何者だったのか」が多くの反対の声により、中止となりました。

特集上映を企画した配給会社クレストインターナショナルは、下記のコメントを残しています。

上記の出来事を受け、映画界の内外問わず、「なぜ特集上映を中止するのか」「やりすぎではないか」「キャンセルカルチャーだ」というような言説が、多く見受けられまし

もっとみる
【イベント採録・後半】「制度設計、実態調査、日本映画のこれからを考える2」

【イベント採録・後半】「制度設計、実態調査、日本映画のこれからを考える2」

【訴え先】がない!悲痛な声小西:2番目のテーマは「制度設計」です。課題を解決するための制度設計について考えていきます。

労働経済学がご専門、日本の雇用のあり方についてお詳しい一橋大学経済研究所教授の神林龍さんです。

神林:労働経済学を専門にしておりまして、労働に関係する事柄を経済学を使って研究するという仕事をしております。例えば最低賃金や、正社員と非正社員の格差の問題などを扱っております。

もっとみる
【イベント採録・前半】「制度設計、実態調査、日本映画のこれからを考える2」

【イベント採録・前半】「制度設計、実態調査、日本映画のこれからを考える2」

映画界の性加害を受けて小西:今夜の議題は「実態調査と制度設計」です。

昨今、映画界の性加害や労働環境の問題が顕在化し、連日テレビや週刊誌で取り上げられるようになりました。これらの課題を解決するには、「どういった制度や調査、アクションが必要なのか?」を議論していきます。

まず、主催であるJapanese Film Project(JFP)メンバーの近藤香南子さん。そして、積極的に撮影現場でのハラ

もっとみる
JFP Joint 情報まとめ

JFP Joint 情報まとめ

JFPでは、映画界の若手人材不足とジェンダー格差解消のため、基礎知識を得るオンライン講座やネットワークづくりを実践していきます。

映画界では若手人材不足やジェンダー格差が深刻化しています。しかし、映画界で働く女性や若手をサポートし、同時に横の繋がりを得て連帯出来るような組織やネットワークは今の映画界にはありません。JFPではそのギャップを埋めるため、『JFP Joint 〜映画界の若手&女性をサ

もっとみる
JFPシンポジウム記録

JFPシンポジウム記録

JFPでは定期的にシンポジウムを実施し、映画監督に限らず、映画現場スタッフや外部有識者なども交え、オープンな場で映画界の課題解決に向け議論していきます。

2)「制度設計、実態調査、日本映画のこれからを考える2」日程:2022年5月27日(金)20:00〜21:30
アーカイブ視聴動画リンク:https://youtu.be/SPjvWF40guQ
【登壇者】
小西美穂(司会・関西学院大学特別客員

もっとみる
JFPインタビュー調査まとめ:最新情報

JFPインタビュー調査まとめ:最新情報

JFPでは、映画界で働く現場スタッフや外部有識者へのインタビュー取材を実施し、多角的な視点で映画界の課題を検証していきます。

1)映画関係者へのインタビュー取材2)有識者へのインタビュー取材3)韓国映画界のリサーチ4)映画現場の女性スタッフへの匿名インタビュー

JFPアンケート・統計調査まとめ:最新情報

JFPアンケート・統計調査まとめ:最新情報

JFPでは、映画現場の様々な課題を可視化するため、ジェンダー格差の指数や、アンケート調査を実施しています。

1)映画界のジェンダーギャップ調査▼日本映画業界の製作現場におけるジェンダー調査2022夏

▼日本映画業界の制作現場におけるジェンダー調査2021夏

2)アンケートによる実態調査▼労働実態調査アンケート

※アンケートの募集は終了しました。沢山のご協力ありがとうございました。調査結果は

もっとみる