Amazonプライムビデオお薦め⑥『幕末太陽傳』デジタル修復版

今回は日本映画のクラシック(名作)の一つ『幕末太陽傳』をご紹介します。

さて、この映画ですが、いわゆるドラマがあるとか、ストーリー的に引き込まれるというものでもありません。また、派手なアクションシーンやラブシーンがあるわけでもありません。それでもこの映画が歴史に残る日本映画の名作とされているのはなぜでしょう。

個人的には、それは映画が「シャシン」と当時の映画関係者に呼ばれてたことが典型的に示し

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
2

映画から読み解く「成功のメソッド」とは?

最初に、お知らせです。
先週書いた記事が、1週間で特に「スキ」を集めた記事に選ばれたそうです。お読みくださったみなさま、ありがとうございます!

該当の記事はコチラです。

連休以外でも、ぜひぜひお楽しみくださいね!

映画「鍵泥棒のメソッド」の感想

1月の終わりに映画「鍵泥棒のメソッド」(2012年)を見た。ひさびさの邦画。

主題歌を大好きな吉井さん(The Yellow Monkey)が歌

もっとみる
スキありがとうございます♡
16

日本映画の好きなところ

50歳後半から日本映画を好んで見るようになりました。

こんにちは、サラリーマンOBの谷です。

映画好きですが・・・もともと映画は好きですが、
自慢するほど見ているわけではありません。

いままで、洋画中心でアクション系やサスペンス系
が多かったように思います。

もとを辿れば父の影響で幼少期の頃から
西部劇をよく見ていたと記憶しています。

アメリカ西部劇ではジョン・ウェイン

イタリア西部劇

もっとみる

Amazon プライムビデオお薦め④『検察側の罪人』

今回お勧めする映画は『検察側の罪人』です。

原田眞人監督の映画では『金融腐敗列島 呪縛』(残念ながらこの作品はAmazonプライムビデオには今のところ入っていません)が好きなのですがこの映画も社会派ドラマという点で、その系列と言っていいでしょう。この監督のすごいところはオープニングで名前が出てくるいわゆるメインの役者以外の俳優陣が「この人どこから見つけてきたの?」というくらい、いい顔といい演技を

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!

緊急事態宣言が映画館の"書き入れ時"を変えるのか

せっかくの新作ラッシュも、東京と関西三都道府県の映画館休館でイマイチ盛り上がらない。
まあ、人命優先・感染拡大防止は当然のことなんですけどね。

とは言え、今回の緊急事態宣言が映画興行に大打撃を与えているのは否めない。

それでも気を吐いているのが「名探偵コナン 緋色の弾丸」。
既に興行収入56億円を突破、最終で70〜75億円までは見越せるところまで数字を積み上げている。

しかしGWの集客は2年

もっとみる
思わず飛び上がるぐらい嬉しいです!
13

日本沈没!東京大震災を見よ!

 好きすぎて何を書いたら良いのか分からない針又のぶかです。

 先日BSで『日本沈没』が放送されていましたね。
 見ようかどうか悩みましたが、昨年の録画がまだ残ってるし、DVDもバッチ持っているから今回は東京大震災の場面まで見ました。

 この東京大震災の場面は東宝特殊技術の総決算ともいえる映像だと思います。従来の怪獣映画で見られた特撮描写とは大きくとなる臨場感のある映像は見事なものでした。何回見

もっとみる

Amazon プライムビデオお薦め③『愛がなんだ』

本日お薦めする映画はこちら、『愛がなんだ』です。

タイトル通り「愛がなんだ」と思う方は是非、さらには「愛とはなんだ」と考えてしまっている方にもお薦めです。

作中に出てくる愛すべきダメ人間たちはまさしく私たち自身です。愛すべきダメ人間であるが故に憎むべきダメ人間でもあり、許せないダメ人間でもあります。でも、やはり『愛がなんだ』というタイトルから考えると、だからこそ(「愛がなんだ」と言ってしまうか

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
4

華族の斜陽『安城家の舞踏会』

1947年
監督:吉村公三郎
出演:原節子、滝沢修、森雅之、逢初夢子、津島恵子、清水将夫 他

ほとんど安城家の敷地内のみで話が展開される密室劇。
その安城一家、どう見ても華族にしか見えないキャスティングが素晴らしいです。

心優しいがプライドが高く現実を受け入れることができないお父様は滝沢修、同じく現実を受け入れられずヘラヘラしながらやり過ごしているお兄さまが森雅之、同じく現実を受け入れられない

もっとみる

Amazonプライムビデオお薦め②『探偵事務所23 くたばれ悪党ども』

今回お勧めするのは鈴木清順監督の隠れた名作『探偵事務所23 くたばれ悪党ども』です。

こういう作品がこっそりと入ってしまっているところもAmazonプライムビデオの魅力です。

一応「ハードボイルド作品」と銘打たれていますが、そこは鈴木清順監督のこと、ハードボイルドというよりはおしゃれでキュッチュなコメディテイストのある作品に仕上がっています。

宍戸錠さんのダンディかつ3枚目要素もあるキャラク

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!

Amazon Prime Video お薦め①『蜜蜂と遠雷』

コロナ禍の中、自宅でビデオ鑑賞という人も多いでしょう。

今回からアマゾンプライムビデオで見た映画についてオススメコメントを書いていきます。もちろん見てもらいたいものを薦めるわけですからネタバレはありませんのでご安心を!

さて、今回はピアノコンクールをめぐる人間模様を描いた傑作『蜂蜜と遠雷』です。

音楽ものですので、できるだけよいオーディオ環境で聞かれることをお勧めします。スピーカーがあまりよ

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
1