xTech

「人についていく時代」の、新規事業に伴う人材募集について語ってみた

こんにちわ!YouTubeチャンネル「Curations TV」スタッフの福重です。
Curations TVでは、毎週土曜21:00-22:00に「新規事業酒場」という企画を
【お酒を片手に気軽に語ろう!】というテーマで生配信でお届けしています。

今回は初のゲスト回!
エキサイト株式会社 組織戦略室人事部 遠山愛さんをお迎えしました。

男性陣はいつもよりハイテンションでお送りしております。

もっとみる

TradTechという世界に誇る日本の伝統文化のデジタルアップデート

デジタル社会になり、様々な産業がデジタルアップデートされています。特に今まで様々な事情でデジタル化が遅れていた産業の変革(トランスフォーメーション)の効果は絶大です。X-Tech(クロステック)のような産業(X)×テクノロジー(Technology)を組み合わせた造語も、金融産業のデジタル化が浸透してきたことで「FinTech(フィンテック)」という言葉がメディアで盛んに使われるようになり一般化し

もっとみる

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義



○○techという言葉(xTech)が流行っている。Foodtech(Food×Technology)もそのうちの一つだ。「食」は全ての人間が生活を営む上で避けて通れないものであり、このテクノロジーは我々の生活にダイレクトにインパクトを与えるものになる。Foodtechは、単に我々の食事を良くする・便利にするという以上のものになりそうだ。フードロスや飢餓といった直接的に食に関わることから、環境

もっとみる

復興庁主催 「IT人材育成で切り拓く地域の新しい未来の作り方」ウェビナー参加募集

「Fw:東北Fan Meeting(フォワード東北ファンミーティング)」とは、復興庁「新しい東北」官民連携推進協議会の活動の一環として行われているイベントです。東北で様々な活動に取り組む人々を中心としたゲストを招き、その認知向上や共創の輪を広げる活動として、オンラインイベントやミニアイデアソンなどを展開しています。

https://www.fwtohoku.com

弊社が企画・ファシリテーショ

もっとみる
感謝です!お役に立てることがありましたら、お気軽にお知らせください。
5

X-Techの台頭の背景にある3つの要因とは?

withコロナ時代。
最近ニュースなどでよく見かけるワードがあります。
メディアで頻繁に目にするのはもちろんなんですが、
ビジネス書も増加しています。

例えば、
・スタッフテック
・フィンテック
・メドテック
・アグリテック

など、「〇〇テック」
というワードです。

結構、スルーの方が多いですが、
落合陽一氏の書籍の中でも、デジタルネイチャー
という概念にも通じています。

〇〇テックは総称

もっとみる

何を食べた?よりも自給率③

こんにちは。
なんやかんやで食料自給率についての第3弾です!!

今回も1000文字程度にまとめますのでぜひ読んでみてくださいね。

↓↓第2弾はこちら↓↓

第2弾では主にどのようにして農業を活発化させていくかについて記しています。

 ・一次産業を活発化させる。
▶・廃棄を減らす。
 ・国産の物を利用する。

そして今回は【捨てるものを減らす】という観点で記していく。

それでは廃棄を減らすは

もっとみる

何を食べた?よりも自給率②

こんにちは。
そういえばnoteを継続的に書き始めて、一か月が過ぎた。

アウトプットなんてする習慣がなかった私にはなれない所業だったが、
最近新しいことを知るということが楽しくなってきた。
あと読んでるよ!という声を聴き感動した。

今回から食料自給率をあげるために
どうやっていくのかということについて記す。

↓↓第1弾はこちらから↓↓

第1弾では食料自給率の現状を述べました。
そこからどの

もっとみる

FFG主催のオープンイノベーションなイベント

みなさん こんにちは!ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の オープンイノベーション推進Gで、スタートアップ企業と協業による「新規事業の開発や既存事業の高度化」に向けた事業開発を企画している「だーやま」です。
今回は私が運営として参加した、スタートアップ企業とのオープンイノベーションの輪を我々のお取引先である地場企業まで広げることを目的としたFFG主催のイベント「X-Tech Much up」

もっとみる

「小さくて大きな政府」とGovTech

市民の多様化したニーズを低コストで叶える「小さくて大きな政府」を、GovTechは形成しつつあるのでしょうか。2019年はGovTech元年と呼ばれ、2020年2月には株式会社one visaさまがカオスマップを作成するなど、市場としての認知・形成が進んでいるGovTechの現在について考えてみました。

本note、「「小さくて大きな政府」とGovTech」では、国内のDXへの注目の高まりと、そ

もっとみる
ありがとうございます!
21

12の領域でのテクノロジーを活用したイノベーションを紹介「X-Tech」

12の事業領域においてテクノロジーがどのようにイノベーションを起こしているのか、その企業名・ポジショニングも含めて紹介する。

【リテール・ロジスティック・HR・エドゥケーション・ヘルス・ファイナンス・エンジニアリング・モビリティ・アグリ・エネルギー・スポーツ・ガバナンス】

本書で紹介された領域以外にも、全ての事業領域でテクノロジーによるイノベーションは起きる。どのように起きるのか、その勘所を学

もっとみる