コジマサトシ/トナリコネクト

主に衣食住関連の小売・メーカーさんを中心に、コンサルティングをしておりますコジマです。コンサルの話や日々の気づきについて書いていきます。趣味は度を越したスマートホーム化、特技は娘(2歳)の溺愛、属性はアラフォー、元アパレル販売員でした。2021年11月からコツコツと更新中。

コジマサトシ/トナリコネクト

主に衣食住関連の小売・メーカーさんを中心に、コンサルティングをしておりますコジマです。コンサルの話や日々の気づきについて書いていきます。趣味は度を越したスマートホーム化、特技は娘(2歳)の溺愛、属性はアラフォー、元アパレル販売員でした。2021年11月からコツコツと更新中。

マガジン

  • 「スキ」を多くいただいた記事(賛否あり)

    【コジマサトシ/トナリコネクト】内で、特に「スキ」を頂戴した記事をまとめています。みなさまありがとうございます。

最近の記事

固定された記事

自分が凡人である事を認めたら、ようやく人生が好転した

大いなる自分語りとはなりますが、私は「出来る人間である」→「それは大きな勘違い」を繰り返し繰り返し、もともと挫折癖のようなものがありました。 タイトルにもありますように「自分がなんてことない普通の人間である」ということを認めたら、ようやく人生がちょっとだけ上手くいくようになった。という話しです。 独立系のコンサルタントとして、一応今までの12年間は何とかご飯が食べられているので、今回はそのことについて書いてみたいと思います。 勘違いが生んだ悲しき男私の世代は、いわゆるロ

スキ
253
    • あの頃、どうして読書感想文が嫌いだったんだろう

      すっかり8月ですね。 こういう世の中の情勢ではありますが、普段通り学生たちは夏休みになり、いつもは通学で賑やかな道も静けさがあります。(暑いから歩いていないだけ?) もう遥か昔の記憶になりますが、夏休みといえば「たくさんの宿題」でした。 中でも一番後回しにしていたのが「読書感想文」で、私はひねくれた子供でしたので、 先生は、なんで感想文を書かせるんだろう? と思っていました。 当時の自分の中では、本を読むことそのものが宿題で、感想文はその証拠にすぎない、みたいな感

      スキ
      5
      • 自分のnote記事、ついつい読み返しちゃう人いますか

        気持ちとしては、自分語りは20%程度のつもりで、むしろ聞いてみたい気持ちでこの記事を書きますが、私はおそらく自分の記事を、そこそこ読み返している方だと思っています。 頻度的には、私はそこまで頻繁にスキが付くほどの立場ではありませんが記事数も多くはなって来たので、スキの通知が来た該当記事が懐かしかったりすると、ついつい自分でも改めて読みます。 普段は、誤字脱字チェックを適当に投稿をポーンとしてしまうので、大概ミスに気づくのはこのタイミングです。気が向けば修正するようにしてい

        スキ
        8
        • 今月も終わりですね。7月は「生活感」をテーマにしていて、たぶん感触は「○」 5月より、図解、毒気、生活感と月毎にテーマを変えてきましたが、やっぱりそれなりの熱意を持つか、独自資料(画像)がないと、反応は弱くなるみたいですね。 (↓は、注目記事に何故か選ばれた記念画像です)

          スキ
          3
          • あの頃、どうして読書感想文が嫌いだったんだろう

            スキ
            5
            • 自分のnote記事、ついつい読み返しちゃう人いますか

              スキ
              8
              • 今月も終わりですね。7月は「生活感」をテーマにしていて、たぶん感触は「○」 5月より、図解、毒気、生活感と月毎にテーマを変えてきましたが、やっぱりそれなりの熱意を持つか、独自資料(画像)がないと、反応は弱くなるみたいですね。 (↓は、注目記事に何故か選ばれた記念画像です)

                スキ
                3

              マガジン

              マガジンをすべて見る
              • 「スキ」を多くいただいた記事(賛否あり)

                • 10本

                【コジマサトシ/トナリコネクト】内で、特に「スキ」を頂戴した記事をまとめています。みなさまありがとうございます。

              • 「スキ」を多くいただいた記事(賛否あり)

                • 10本

                【コジマサトシ/トナリコネクト】内で、特に「スキ」を頂戴した記事をまとめています。みなさまありがとうございます。

              記事

              記事をすべて見る
                • 「1円でも安く買う!」をやめてみた

                  私のアイデンティティの一つに「関西人である」があります。 そんな私も26歳から上京して、アラフォーの今もずっと東日本在住です。 出身地域性と時代背景など、様々な変化はありますが、私の買い物時の根っこに「もうちょっと安くならん?」が存在します。 幼少期には、家電を買うならば、大阪の日本橋(関東でいう昔の秋葉原?いわゆる電気街でした)に家族で訪れ、父親の値切る姿と店員さんのやりとりを、面白くみていたものです。 また、あまり関西で一括りには出来ないので、出身の大阪に絞ります

                  スキ
                  8
                  • 話が、長クドいおじさん

                    このアカウントは「コンサルからの気づき記事」「プライベートからのビジネス気づき記事」「ショート記事」の、大きく三つの区分けをしています。 そして「ショート記事」の定義として、1000文字。を設定していました。 ですが、最近の私の記事はというと「コンサル系6000字」「ショート記事2000字」ということで、初期設定からは大きくはみだし、大変読みづらい記事ばかりを量産しています。 流石にこれはちょっと問題だなあ、と思い始め、何故そうなるのか整理してみます。1000字で。

                    スキ
                    8
                    • 「サンゾク行こう!」←僕(???)

                      妻は山口県出身です。 私は大阪府出身です。 そして、私たちは東京都で出会いました。 これが何を意味するかというと、 ①「妻のご両親に、山口県にご挨拶に行く必要があった」 ②「結婚後は、山口県が第二のふる里のようなものになった」 ③「年末年始に毎年里帰りをハシゴしていた(ここ数年は叶わず)」 そんな私にとって、山口県にはかなりの往訪回数があり、同時に観光した回数やスポットも非常に多い場所、となります。 今回の本題は【いろり山賊】(※ 具体的には後述しますので)への思い

                      スキ
                      8
                      • 「○○テック? へえー?」とか言ってると、数年後には仕事奪われちゃうかもよ

                        自戒を込めて。 最近は「tech(テック)」を組み合わせた、言葉がかなり増えてきたように思います。ざっくりと私の解釈は【元々ある事業に、最新技術を導入して、新しい価値を生む動き】と捉えています。総称して「X-tech」「クロステック」とも呼ばれているみたいですね。 記憶が定かではありませんが、10年ほど前に「Fin tech(フィンテック)」で、私の周りは少し盛り上がりました。これが私の、○○テックとの最初の接点だったように思います。 実際に2022年現在では、身近では

                        スキ
                        11
                        • 「GO OUT」に、明日をみつけた

                          私は元々、根暗な人見知りでして、25歳くらいまではインドアな趣味ばかり追っていました。(もうアラフォーですけど) とはいえ、そのインドアな趣味といっても、ゲームとかは疲れてしまうので社会人になってからはほとんどやらなくなりましたし、マンガもほとんど読まなくなりました。また、そもそもゲームやマンガの趣味も、別にインドアな面ばかりでもなく、関連するイベントなど、どんどん外に向かっても行っているような世の中の印象もあります。 インドアな趣味ばかりの25歳、という表現ですが、正し

                          スキ
                          61
                          • はい…想定外です…。

                            2020年頃から、あまりにも想像もつかない出来事が起こっているのは、みなさまも御承知のことかと思います。 特に今年、2022年は、次から次へといろいろなことが起こりすぎて、正直なところ自分の中で消化しきれていません。そしてそんな、最近に考えていることを今回エッセイ風味かつ一応コンサル視点で書きたいと思います。 ※ ちょっと色々考えていたこともあり更新を少しお休みしていました。すみません。 データ分析の限界私は仕事上、数値データを取り扱うことは多く、それを武器というか自分

                            スキ
                            13
                            • 転職・転職後に悩む人にこそ知ってほしい「コンサルの始まりと終わり」

                              私は大手のコンサル会社に勤めている訳ではなく、基本は1人で活動しているコンサルタントです。キャリアとしては13年目となります。 活動しているジャンルとしては、私がアパレル出身で、かつ元販売員であり、外食や雑貨店アルバイトの経験があることも手伝い「小売業」「衣食住関連企業」が支援活動が中心となっています。 支援先に、中小企業が多いため「MD(マーチャンダイジング)」「在庫コントロール」「EC」「マーケティング」等、ある程度は何でもやります。 それは、成長期の企業での実務経

                              スキ
                              11
                              • 2009年に最先端だった、5つのファッション系webサービスの「今」を追う

                                今からおよそ13年前に、私が書いたブログで今で言う「バズった」経験があります。 悲しいかな、それ以降は鳴かず飛ばずな状況にもなり、モチベーションも上がらず、今やそのブログは開店休業状態にあるのですが、そこで取り扱ったテーマおよびタイトルが、2009年当時に「最近気になるファッション系webサービスをまとめてみた」でした。 当時はまとめ系記事、というのは人気ジャンルだったこともあり、ある程度狙いにいった所もありますが、かなりブックマークもされて、PV数も数万単位で読まれた記

                                スキ
                                8
                                • 記事の書き方として、5月は図解、6月は毒気、という挑戦をしました。 反応は、図解記事「○」毒気記事「×」といった結果でした オフラインの方の反応は悪く無かった(これ俺のこと言ってる?笑怒!)のですが、不快感もあったかもしれません 今月残りはお休みして、7月からまた挑戦します!

                                  スキ
                                  5
                                  • 価格がなじむまで待つしかない「売り手サイド:#値上がりしても買う理由」

                                    売り手都合「目」線100%で書いていきます。私自身は「消費行動がそれなりに好きな、そこそこ面倒な買い手」なのですが、同時に「衣食住のコンサルとして、売り手の都合」を見聞きしています。 コンサルタントとしては、売り手の都合を押しつけたような戦略は、ほぼ消費者側には受け入れられることはありませんので、そういう部分が見え隠れした場合には「そこそこ面倒な買い手の1人」として、クライアントの方々には意見をするようにしています。 ここ最近の値上げラッシュが、大きく話題となっていますが

                                    スキ
                                    7
                                    • 価格と価値のバランスがもはや解らない「消費者サイド:#値上がりしても買う理由」

                                      消費者「視」点100%で書いていきます。私自身は「衣食住のコンサルとして、元々売り手側の視点」を持っていますが、同時に「消費行動がそれなりに好きな、そこそこ面倒な買い手」でもあります。 ここ最近の値上げラッシュが、大きく話題となっていますが、愛読している日経COMEMO様にて、こちらのテーマの意見募集がありました。 冒頭に記述をさせていただきましたように、「衣食住の売り手」でもあり「いち消費者」であるという、ある種の2面性が私にはありますので、今回は【消費者サイド】と【売

                                      スキ
                                      4
                                      • 私のnoteがやたら5000文字とか超えてくることについて

                                        自分でも解っています。無駄に長いって。 貴重なお時間を使ってお読みいただいている方、わざわざコメント下さる方へは、ありがとうという気持ちと共に、申し訳ないとも思っています。 軽く読み流して頂ければ、とも思うのですが、一応私なりに何とか血の通った文章を書こうと思うと、文才がなく元々のおしゃべり癖が災いし、いつの間にか3,000文字を超え、ここは補足書いておいた方がいいかも、とか、色々やっていると、すぐ5,000文字になってしまいます。 最近では、私も少しはnote上のスタ

                                        スキ
                                        7