野崎篤志 - イーパテント/知財情報コンサルティング®

「知財情報を組織の力に®」特許情報をベースとした分析・コンサルティングを提供するイーパテント代表。KIT虎ノ門大学院・大阪工業大学院客員教授。平成30年度特許情報普及活動功労者表彰・特許庁長官賞受賞。 https://www.youtube.com/c/ePatent

野崎篤志 - イーパテント/知財情報コンサルティング®

「知財情報を組織の力に®」特許情報をベースとした分析・コンサルティングを提供するイーパテント代表。KIT虎ノ門大学院・大阪工業大学院客員教授。平成30年度特許情報普及活動功労者表彰・特許庁長官賞受賞。 https://www.youtube.com/c/ePatent

    ウィジェット

    • 商品画像

      調べるチカラ 「情報洪水」を泳ぎ切る技術

      野崎 篤志
    • 商品画像

      特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版

      野崎篤志
    • 商品画像

      特許情報調査と検索テクニック入門

      野崎 篤志

    マガジン

    • Weekly 特許検索・特許分析

      特許調査・特許分析スキルアップのためのお役立ち情報を毎月4-5回程度(*)お届けいたします。注目テクノロジーや身近な製品・サービスを取り上げて、主に日本特許庁の無料データベースJ-PlatPatを使った特許検索・特許分析のコツ・テクニックを解説していきます。 (*)500円記事を4-5回配信、1000円記事の場合は2-3回配信

    • 特許分析テクニック(意匠・商標含む)

      特許情報を活用した技術動向分析・競合他社分析だけではなく、新規事業開発や提携先・アライアンスおよびM&A候補の抽出、特許の棚卸、特許価値評価など、特許分析スキル向上のための各種テクニックについて紹介しています。また特許情報と特許以外の情報(マーケット情報、財務情報など各種ビジネス情報)を組み合わせた際の分析の考え方なども取り上げています。 なお特許分析以外に意匠分析や商標分析についても適宜触れていきます。

    • 特許から見たSDGsグローバル企業ランキング

      SDGs(持続可能な開発目標)について特許情報から見たゴール・ターゲット別のグローバル企業ランキングについて無料公開しています。事業戦略・研究開発戦略や投資先検討などに活用していただければ幸いです。なお、各ゴール・ターゲットごとにどのような母集団検索式(キーワード・特許分類)を設定したかも明示しています。ランキング情報や母集団検索式の利用に当たっては、注意事項をご確認ください。

    • その他-趣味・プライベート

      趣味はプライベート関連など、特許情報検索・調査や特許分析・IPランドスケープとは関係ないトピックについてまとめています。

    • 本を語る会

      それぞれ年間読書冊数100冊を超える発明塾・塾長である楠浦(TechnoProducer株式会社 代表取締役)と、知財情報コンサルタントである野崎(株式会社イーパテント代表取締役社長)が、本を語り合う会を開催します。「アイデア創出・発想法」、「発明のつくり方・アイデアの具現化の仕方」、「情報分析」の3つのジャンルに関する本について、楠浦・野崎の2名が紹介し合うと同時に、参加者の皆様とのディスカッションを通じて、今後の実務やスキルアップ向上に役立つヒントを提供いたします。

    最近の記事

    • 固定された記事

    自己紹介-野崎篤志

    プロフィール 株式会社イーパテント 代表取締役社長/知財情報コンサルタント® KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 客員教授 大阪工業大学 知財専門職大学院 客員教授 知財ガバナンス研究会 アドバイザー 「知財情報を組織の力に®」をモットーに、知財情報をベースとした各種分析・戦略提案、コンサルティングサービスおよび人材育成・研修サービスを提供するブティックファーム、イーパテントの代表取締役社長 兼 知財情報コンサルタント®です。 略歴 -日本技術貿易株

    スキ
    31
      • 特許分析時に特許分類をそのまま利用するか否かの判断をどうするか?-マッサージ特許訴訟を例に

        「知財情報を組織の力に®」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 最近、noteの配信が滞っていて大変申し訳ございません。。。 先月はマッサージ特許訴訟を例にして、「キーワード検索で注意しなければいけない場合」について取り上げました。 今回は、マッサージチェア関連特許を例に、特許分析を行う際にIPC・FI・FタームやCPCなどの特許分類をそのまま利用するか否か、私がどう判断しているかについて紹介していきたいと思います。 1 まずは分析の目的と〇〇を

        有料
        500
        • キーワード検索で注意しなければいけない場合-マッサージ特許訴訟を例に

          「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 先日、フジ医療器とファミリーイナダが争っていたマッサージチェア特許訴訟に関する以下のニュースをご覧になった方も多いかと思います。 大阪地裁と知的財産高裁のいずれも、特許権者であるファミリーイナダの受けた損害を幅広く認める判決を言い渡しました。 今回はこの特許訴訟の対象となったマッサージチェアを対象に何回かに分けて特許検索や特許分析のコツ・テクニックについて解説していきたいと思います。

          スキ
          2
          有料
          500
          • AIを活用した特許調査・分析の考え方と留意点

            本記事は情報機構「特許調査へのAI導入と業務効率化および特許情報の有効活用方法」(2022年9月)に寄稿した論考です。 日本で初めてAIを用いた特許調査ツールである「Lit i View PATENT EXPLORER」(UBIC、現在FRONTEO)1)が登場したのは2015年秋であった。それから7年が経過して、現在は様々なAIを利用した特許調査ツールが各社からリリースされていると同時に、日本特許庁でもAIを活用した先行技術調査や技術動向分析の分類展開への検討を進めている

            スキ
            1
            有料
            500

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Weekly 特許検索・特許分析
            野崎篤志 - イーパテント/知財情報コンサルティング®
            ¥1,000 / 月
          • 特許分析テクニック(意匠・商標含む)
            野崎篤志 - イーパテント/知財情報コンサルティング®
          • 特許から見たSDGsグローバル企業ランキング
            野崎篤志 - イーパテント/知財情報コンサルティング®
          • その他-趣味・プライベート
            野崎篤志 - イーパテント/知財情報コンサルティング®
          • 本を語る会
            野崎篤志 - イーパテント/知財情報コンサルティング®
          • 調べるチカラ・分析するチカラをつけるための情報源
            野崎篤志 - イーパテント/知財情報コンサルティング®

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            特許情報を用いたSDGsへの取り組み状況の可視化

            1 緒言2015年9月の国連サミットにおいて採択したSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)(1)への注目度合いが高まっている。2001年に採択されたMDGs(ミレニアム開発目標)は途上国支援を中心とした内容であったのに対し、SDGsは先進国も含めた全世界的な社会課題として定義されたことで全世界的に注目が集まっていることが背景にある。知財業界においてもSDGsへの注目が年々高まっているが、この契機となったのはK.I.T.虎ノ門

            スキ
            5

            九州 熊本・高千穂・黒川温泉 紀行-2003年11月16~18日

            熊本城入り口の加藤清正像 熊本城 通潤橋 五老ヶ滝 再び通潤橋 国見ヶ丘から見た高千穂 高千穂峡 (五ヶ瀬川峡谷) 高千穂鉄道 高千穂鉄道・高千穂駅 阿蘇山 黒川温泉:奥の湯 太宰府天満宮

            ヨーロッパ・オーケストラ巡りの旅-2002/2/25~2002/3/17-

            2/25-初の海外旅行へ-成田~コペンハーゲン~ロンドン実は管理人Conductor(以下C)、海外旅行は初めて。その初めての海外旅行でいきなりドキドキしてしまった。新宿発9:40発の成田Express、新宿駅に着いたのは出発の10分前。しかもこの電車を逃すとほぼ絶望的に飛行機に乗れなくなる。何とか一安心。 電車の中に入ると、既に池袋から乗ってきたレコ芸編集委員Y.N(以下Y)がいた。Yにあやうく乗り逃すところだったと言うと、Yも池袋に出発の3分前に着いたらしい。う~ん、最

            スキ
            3

            業界・業種において特許出願構造・特許価値が業績へ与える影響に関する定量的検証

            1 緒言企業の業績へ与える要因は数多く存在する。特許出願・保有件数はその1つの要因であると言えるが、すべての業界・業種において特許が最も重要な要因であるとは言えない。波頭(1)は以下の表1のようにバリューチェーン別に業界・業種ごとのKSF(Key Success Factors=事業における成功要因)を整理している(ただし1995年発行の書籍に掲載されているため、現在のKSFとは異なる点がある点は留意されたい)。 上記の中で「研究開発」や「生産」などがKSFである業界・業種

            スキ
            3

            特許公報読み込み時に分類付与漏れを確認する方法

            「知財情報を組織のチカラに®︎」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 特許調査・分析を行う際に、特許公報を読みながらノイズか該当かをチェックするだけではなくて 用途・アプリケーション 課題 解決手段・技術 といった分類軸へ分類展開することもあるかと思います。 しかし、分類軸の数が多くなってくると、どうしても分類付与を忘れてしまう場合もあります(例:課題と解決手段・技術は分類付与したが、用途・アプリケーションの分類付与をしていなかった)。 今

            スキ
            4
            有料
            500

            プロダクトライフサイクル成熟期・衰退期における知財ミックスの定量的検証(II)

            1 緒言前報(1)では家電等を中心としたコモディティ製品(アイロン、コタツ、ランドセル、扇風機、洗濯機、掃除機、冷蔵庫)について日本特許・意匠データを中心にプロダクトライフサイクルにおける成熟期・衰退期における知財ミックスについて定量分析を行った。その結果、コモディティ化していると考えられている製品であっても、知財ミックス率(=意匠件数/特許・実案件数)には差があり、さらに主要企業ごとに知財ミックスへの取り組み度合が異なることが確認できた。 前報では日本特許・意匠データを用

            スキ
            3

            思考は2×2でマトリックスで整理する

            「知財情報を組織の力に®」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 今日のテーマは「2×2のマトリックス」ですが、分析プロジェクトのアウトプットだけではなく、様々な場面で2×2のマトリックスで整理することがあります。 ボストンコンサルティンググループのプロダクトポートフォリオマトリックスも2×2のマトリックスですし、 SWOT分析(以下はクロスSWOT、出所「SWOT分析とは何か?」)も2×2のマトリックスです。 2×2のマトリックスで整理するという

            スキ
            3

            プロダクトライフサイクル成熟期・衰退期における知財ミックスの定量的検証

            1 緒言マーケティング戦略においては4つのP(Product, Place, Price, Promotion)を適切に組み合わせるマーケティングミックスが重要である(1) 。杉光はマーケティング戦略における知的財産の機能として経営情報開示、市場参加抑制、市場排除、市場参加資格の最低限4つあることを示し、知的財産がマーケティング・ツールとして有効であると述べている (2)。一方、特許だけではなく意匠・商標・ノウハウなどを有機的かつ複合的に活用して自社製品・サービスの保護や競争

            スキ
            1

            ピクトグラムによる知財ビジネスモデルの可視化(第1報:可視化手法について)

            要約研究開発活動およびその成果を知的財産権として出願・権利化しても、事業として利益を上げられない状況が問題視されている。本研究ではそのような状況に対して、ピクトグラムを用いたビジネスモデル可視化手法(ピクト図解)に知財の効果を反映することを提案する。第1報は書籍で提唱されているピクト図解をベースに、ビジネスモデルにおける知財の効果を可視化する方法について述べる。 1 緒言事業戦略・R&D戦略・知財戦略の三位一体経営が提唱されてから10年が経過した(図1)。しかしキヤノンなど

            スキ
            1

            R&D組織におけるコミュニケーション活性化と研究開発レベルの関係について

            1 緒言日本企業が持続的な競争優位性を確保するためには、適切な研究開発マネジメントを行い、研究開発レベル向上を図る必要がある。研究開発レベルを示す日本の論文被引用回数占有率が近年低下傾向にあるが、研究開発レベルの構成要素であるヒト・モノ・カネのうち、ヒト・カネは主要国の中でも充実している(1)。一方、日本企業の研究開発戦略における重要な項目として“R&D部門内の構成等の組織改革”が指摘されていることから(2)、研究開発組織のマネジメントが日本企業の研究開発レベル向上に重要であ

            スキ
            2

            けん玉に関する日本最古の出願は?-古い特許・実用新案は分類ベースで探す-

            「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 2022年8月5日(金)から池袋HUMAXシネマで映画「知的財産村の財宝」の劇場公開が開始しました。私も8月6日に家族で見に行きましたが、8月14日までに上映なので、ご都合合う方はぜひとも劇場まで足を運んでいただければと思います。 さて、映画「知的財産村の財宝」には悪役としてけん玉を操る海賊の船長が登場するのですが 昨日劇場で映画をご覧になった方のツイートで、けん玉の知的財産について触

            スキ
            2

            特許網構築に関する事例研究~日立化成工業・リチウムイオン電池負極材料~

            1 緒言特許網という言葉が一躍脚光を浴びることになったきっかけは「プロジェクトX 挑戦者たち 突破せよ 最強特許網 新コピー機誕生」(1)であろう。その後、特許庁より発表された知財戦略事例集(2)においても特許群の戦略的管理(第6章・148~164ページ)について言及しており、特許を群・ポートフォリオとして戦略的に出願・管理することの重要性が認識されるようになってきている。しかし、鶴見(3)が指摘しているように特許網構築の具体的な方法や管理の実態については、ほとんど開示されて

            スキ
            6