イーパテント-知財情報コンサルティング®

「知財情報を組織の力に®」特許情報をベースとした分析・コンサルティングを提供するイーパ…

イーパテント-知財情報コンサルティング®

「知財情報を組織の力に®」特許情報をベースとした分析・コンサルティングを提供するイーパテント。代表の野崎篤志はKIT虎ノ門大学院・大阪工業大学院客員教授。平成30年度特許情報普及活動功労者表彰・特許庁長官賞受賞。 https://www.youtube.com/c/ePatent

ウィジェット

  • 商品画像

    特許情報分析とパテントマップ作成入門 第3版

  • 商品画像

    特許情報調査と検索テクニック入門

    野崎 篤志
  • 商品画像

    調べるチカラ 「情報洪水」を泳ぎ切る技術

    野崎 篤志

マガジン

  • Weekly 特許検索・特許分析

    特許調査・特許分析スキルアップのためのお役立ち情報を毎月2-3回程度お届けいたします。注目テクノロジーや身近な製品・サービスを取り上げて、主に日本特許庁の無料データベースJ-PlatPatを使った特許検索・特許分析のコツ・テクニックを解説していきます。

  • その他-趣味・プライベート

    趣味はプライベート関連など、特許情報検索・調査や特許分析・IPランドスケープとは関係ないトピックについてまとめています。

  • 特許分析テクニック(意匠・商標含む)

    特許情報を活用した技術動向分析・競合他社分析だけではなく、新規事業開発や提携先・アライアンスおよびM&A候補の抽出、特許の棚卸、特許価値評価など、特許分析スキル向上のための各種テクニックについて紹介しています。また特許情報と特許以外の情報(マーケット情報、財務情報など各種ビジネス情報)を組み合わせた際の分析の考え方なども取り上げています。 なお特許分析以外に意匠分析や商標分析についても適宜触れていきます。

  • 人工知能・機械学習と特許情報

    AIツールを活用した特許検索・特許調査や特許分析の現状や、AIツールをどのように活用したら良いのか等の考え方について紹介していきます。また特許出願状況から見た人工知能・機械学習や深層学習のトレンドについても解説していきます。

  • 特許から見たテクノロジー・社会課題の最新トレンド

    人工知能やIoT、AR・VR、ブロックチェーン、自動運転、無人店舗など注目を集めている最新テクノロジーから、SDGsに代表されるような社会課題に至る幅広いトピックについて特許出願状況から見たトレンドを解説します。イーパテントYouTubeチャンネルでそのエッセンスについて解説し、分析グラフや母集団検索式などをこちらで購入いただくことができます。

  • 商品画像

    特許情報分析とパテントマップ作成入門 第3版

  • 商品画像

    特許情報調査と検索テクニック入門

    野崎 篤志
  • 商品画像

    調べるチカラ 「情報洪水」を泳ぎ切る技術

    野崎 篤志
  • 知財情報分析の過去から現在まで-“三位一体”、“…
  • イーパテントYouTubeチャンネルで動画配信始…

最近の記事

特許情報を用いた企業買収の効果・影響を分析してみる-動画解説-

「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 「Weekly特許検索・特許分析」の動画解説シリーズ第3弾として、キリンのファンケル買収を例に特許情報を用いた企業買収の効果・影響を分析する方法を取り上げました。 いつも通り、有料ツールは使わずにMS Excelを用いて各種特許分析・パテントマップ作成を行っています(ただし特許リストの取得はパナソニックのPatentSQUAREを利用しています)。 今回の動画では、主に キリンから見

    • 知財業界でコンサルタントとして独立する⑧-値段はどうやって決めたのか?-

      「知財情報を組織の力に®」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 「知財業界でコンサルタントとして独立する」シリーズ第8弾、今回は値段・プライシングについて取り上げます。 知財業界の中でも特許調査・分析サービス中心に活動してきましたので、あくまでも特許調査・分析を中心とした話になります。 値決めをする際に考えたことまず、独立起業して値決めをする際に考えたことを列挙します。 他社サービスと比較不可能にする(難しくする) 安くしない(ただし高すぎない

      • J-PlatPatでキーワードの近傍検索を使いこなす

        「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 今日も前回の「J-PlatPatのキーワード検索で発明の名称・要約・請求の範囲のOR演算をする」に続いて初心者向けのJ-PlatPatのキーワード検索に関する記事です。 今日のテーマは近傍検索です。 近傍検索というのは、 ハイブリッド車 ハイブリッド自動車 ハイブリッド電気自動車 のようなキーワード検索を行う際に、J-PlatPatでは [ハイブリッド,4C,車/TI] のよう

        • 知財業界での教育ー教育される側と教育する側

          「知財情報を組織のチカラに®︎」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 また今年も弁理士の日記念ブログのシーズンがやってきました。 今年のテーマは「知財業界での教育」ということですが、私は業界に入って調査・分析など情報関係の業務のみに従事してきたので、特許検索や特許分析に焦点をあてて書いていきたいと思います。 新卒入社当時ー2002年ー大学院を修了して、日本技術貿易株式会社IP総研に配属されましたが、当時の教育というとOJTが中心でした。 あとはP

        特許情報を用いた企業買収の効果・影響を分析してみる-動画解説-

        マガジン

        • Weekly 特許検索・特許分析
          初月無料 ¥1,000 / 月
        • その他-趣味・プライベート
          27本
        • 特許分析テクニック(意匠・商標含む)
          35本
        • 人工知能・機械学習と特許情報
          12本
        • 特許から見たテクノロジー・社会課題の最新トレンド
          17本
          ¥10,000
        • 特許から見る
          38本

        記事

          J-PlatPatのキーワード検索で発明の名称・要約・請求の範囲のOR演算をする

          「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 今日は初心者向けのJ-PlatPatのキーワード検索に関する記事です。 既にご存じの方も多いかと思いますが、数年前のJ-PlatPatの機能改善で[要約+請求の範囲]という検索項目がなくなってしまい、 発明の名称、要約/抄録、請求の範囲とバラバラの検索項目になってしまいました。 ただ、発明の名称と要約/抄録と請求の範囲のOR演算をしたい、要約/抄録と請求の範囲のOR演算をしたいという

          J-PlatPatのキーワード検索で発明の名称・要約・請求の範囲のOR演算をする

          知財業界でコンサルタントとして独立する⑦-働き方はどう変わったのか?-

          「知財情報を組織の力に®」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 久しぶりの「知財業界でコンサルタントとして独立する」シリーズですが、今回は働き方を取り上げます。 結論から書いてしまうと、 よく言えば柔軟な働き方ができる 悪く言えば昼夜・土日関係なく働くことがある となります。 いまは働き方改革などで、特に大企業においては長時間労働が許容されにくい世の中になっていますが、1人会社の私にとっては「働くことができる=仕事がある」ということなので、仕事

          知財業界でコンサルタントとして独立する⑦-働き方はどう変わったのか?-

          特許検索・特許分析において課題・目的を調べる際のコツ

          「知財情報を組織の力に®」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 今日のテーマは「特許検索・特許分析において課題・目的を調べる際のコツ」です。 SDGs(持続可能な開発目標)のような社会課題もありますが、今回焦点を当てるのは低コスト化、小型化、耐熱性といったような技術的な課題になります。 1 キーワード範囲ごとの課題・目的キーワードのヒット件数の違いまず最初にキーワード範囲ごとの課題・目的キーワードのヒット件数の違いについて確認しておきます。 たと

          ¥500

          特許検索・特許分析において課題・目的を調べる際のコツ

          ¥500

          特許検索・特許分析に関するGPTs

          「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 2019年から人工知能学会全国大会に参加しているのですが、今年は5月28日~31日まで浜松アクトシティで開催されました。 さすがに今注目を集めているトピックなので、参加者数が半端ないです・・・ それはさておき、イーパテントでは人工知能学会全国大会でスポンサーをしており、今回はプラチナスポンサーになりました(人工知能界隈の方々からすると「この会社なに?」だと思いますが)。 プラチナスポ

          コストの観点から考える知財情報の収集・分析のあり方

          「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 本記事は技術情報協会「適正な知財コストの考え方と権利化、維持、放棄の決め方」(2024年5月)に寄稿した論考です。 本記事を通じて、後発参入時の特許情報や技術情報の収集・分析方法について習得していただければ幸いです。 はじめに知財情報収集・分析に限らず、コストパフォーマンス(コスパ)を追求することはビジネスを行う上で重要である。最近はコスパだけではなく“タイパ(タイムパフォーマンス)”

          ¥500

          コストの観点から考える知財情報の収集・分析のあり方

          ¥500

          知財業界でコンサルタントとして独立する⑥-借金はするべきなのか?-

          「知財情報を組織の力に®︎」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 シリーズ6回目は、借金についてです。 今回も短い目の記事です。 まず、最初に結論書いてしまうと、イーパテントとして独立起業してから、借金はしていません。 提供しているサービス自体が分析やコンサルティング、研修・セミナーなど、資金があまり必要にならないということもあり、今まで自己資本でやってきています。 とはいえ、業界の先輩からは「何かあったときのために、借金する必要がなくても銀行

          知財業界でコンサルタントとして独立する⑥-借金はするべきなのか?-

          特許検索式のNOT演算は注意する-NOT演算を使う際の留意点-

          「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 特許検索式を作成する際の演算子としては、 AND OR NOT の3つがありますが、私はNOT演算子はあまり使いません。というのは、NOT演算を用いると、欲しい特許まで除外されてしまう可能性があるからです。 そこで今回はNOT演算をどのように使えば良いのか?というテーマで解説していきます。 NOT演算の確認まずは演算子について確認しておきます。 AとBという2つの概念(キーワ

          ¥500

          特許検索式のNOT演算は注意する-NOT演算を使う際の留意点-

          ¥500

          知財業界でコンサルタントとして独立する⑤-会社設立の準備-

          「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 シリーズ第5弾となった「知財業界でコンサルタントとして独立する」ですが、今回は会社設立の準備について書いていきたいと思います。 とはいえ、イーパテントを設立したのは2017年と7年前なので、実は会社設立時について詳細に覚えているわけではなく、かつ、現在利用しているクラウド会計システムfreeeの会社設立freeeを利用したので、それほど苦労しなかったというのが正直なところです。 まず、

          知財業界でコンサルタントとして独立する⑤-会社設立の準備-

          知財業界でコンサルタントとして独立する④-1人会社の良い点・悪い点-

          「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 これまで3回お送りしてきた知財業界でコンサルタントとして独立するシリーズですが、今回のテーマは「1人会社の良い点・悪い点」です。 たまにクライアントから「イーパテントって何人でやっているんですか?」と質問されることがあるのですが、イーパテントは私1名で運営しています。 なので、分析プロジェクトも基本的に1名で全部やっています。 ”基本的に”とわざわざ書いたのは、ごく稀に特許公報の読み

          知財業界でコンサルタントとして独立する④-1人会社の良い点・悪い点-

          特許情報分析に基づく戦略立案と後発参入での勝機の見出し方

          「知財情報を組織の力に🄬」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 本記事は技術情報協会「後発で“勝つ”ための研究・知財戦略と経営層への説明・説得の仕方」(2024年3月)に寄稿した論考です。 本記事を通じて、後発参入時の特許情報や技術情報の収集・分析方法について習得していただければ幸いです。 はじめに本節ではある製品・サービス市場へ後発で参入する際に,どのように考えて分析を行い,戦略を立案するべきかに ついて,主に知的財産面に注目して紹介する。様々な

          ¥500

          特許情報分析に基づく戦略立案と後発参入での勝機の見出し方

          ¥500

          ニュースに関連する特許をJ-PlatPatでサクっと探す-核融合発電の米新興企業「ブルー・レーザー・フュージョン」を例に-

          「知財情報を組織の力に®」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 タイトルにある「ニュースに関連する特許をJ-PlatPatでサクっと探す」については以前イーパテントYoutubeチャンネルでも配信したことがあるのですが、 今回はこちらのnoteの方で、別のニュースを取り上げて記事として開設したいと思います。 今回取り上げるのは以下のニュースです。 レーザーを用いた核融合発電というのがあるんですね。。。初めて知りました。 なんと青色発光ダイオード

          ¥500

          ニュースに関連する特許をJ-PlatPatでサクっと探す-核融合発電の米新興企業「ブルー・レーザー・フュージョン」を例に-

          ¥500

          知財業界でコンサルタントとして独立する③-どのようにして顧客開拓したのか?-

          「知財情報を組織の力に®」をモットーに活動している知財情報コンサルタントの野崎です。 「知財業界でコンサルタントとして独立する」第3弾は「どのようにして顧客開拓したのか?」です。 前回の「不安」の中でも言及しましたが、収入がないと会社は継続できませんし、家族を養うこともできません。その収入を確保するためには顧客・クライアントを開拓する必要があります。 今回は、この顧客開拓について取り上げたいと思います。 結論=営業はしていない最初に結論を言ってしまうと、独立前・独立後

          知財業界でコンサルタントとして独立する③-どのようにして顧客開拓したのか?-