OBOG訪問

新機能がユーザーの手に届くまで

こんにちは、NUCEC開発チームの宮地です。みなさんGWはいかがお過ごしでしたでしょうか?僕は、4/30は有給を取って7連休を過ごしました。基本外出はしませんでしたが、「一日中読書DAY」や「断捨離DAY」などプランを決めてこなしていくと意外と充実した連休を過ごすことができました。

さて、今回はNUCECの大小新しい機能がどのように生まれて開発し、ユーザーのみなさんのPCやスマートフォンに届くの

もっとみる

フリーランスのリアルな現場訪問!の続き!

前回は、
自分が勤めている会社を辞めてフリーランスになった先輩の事務所にお伺いし、フリーランスになった経緯、仕事の内容について聞いたお話をお伝えしました。

今回は、その続きをお伝えしていきたいと思います。

・どうやって仕事やクライアントを獲得しているかこれはシンプルにお二人とも つながり の一択でした。
前職が大手代理店とつながりのある制作会社だったので、そこで繋がった営業さんだったり、プラン

もっとみる

フリーランスのリアルな現場訪問!

ここでは35歳の誕生日までに脱サラ・フリーランスになることを決意した、グラフィックデザイナーがいろいろなビジネス・副業にもチャレンジしながら、奮闘していく様子をリアルにお届けしていければと思っています。

僕が現在、勤めている会社は100人規模の広告の制作会社で、
大手広告代理店を相手に日々、ゴリゴリとグラフィックデザインをやっています。

そんな会社に10年近くいると、OBやOGにも、
転職した

もっとみる

スマホ版デザインアップデートの裏側

こんにちはNUCEC運営チームの宮地です。

みなさん、スマホ版のデザインがかなり変わったのはお気づきでしょうか?先日のリリースで、スマホ画面の下部にいつもAppStoreやGoogle Play Storeからインストールするようなアプリのようにメニューバーがつきました。

新デザインと旧デザインの比較画像はこちらです。(左が旧で右が新)

違いは一目瞭然だと思いますが、いままで画面上部にあった

もっとみる

少しだけ外側へ

昨日に現役学生からの仕事相談会のことを書いたが、そこで参加した一人から是非もっと話を聞きたいということで、今日、その続きをやることになった。昨日の話のなかで以前書いたことを念頭に置いた話をした。

自分が安心だと思っている領域から一歩踏み出してみること。はみ出すのは少しでいい。その少しを日々行っていくことで、気が付いたら遠くに来ていると思う。

質疑応答の話の流れで、そんなようなこと言った。(話は

もっとみる
励みになります!
2

考え一つで

今日は大学時代に所属していたサークルで「お仕事相談会」なるものがあった。要するに、サークルのOBOGに話を聞こうという大学生のための会なのだが、例年ならば対面形式で行うところ、この情勢なのでオンライン(Zoom)開催になった。そのおかげで、世界中どこからでも参加できることになった(本当に海外から参加していた人もいた)。

基本的には、こちらが10分程度話をして、そこからは質問を受けるという形式。な

もっとみる
どうぞまた見に来てください。
3

就活生と話して、自分の仕事を見つめ直す

こんにちは、アートマネージャーのてらだです。

一昨年から、卒業した中高一貫校の卒業生有志で行う「OBOG訪問マッチング」の運営に、ゆるゆると参加しています。簡単に言うと、母校出身で就活中の大学生や学院生と、社会人が話す場を作る活動です。昨年度は、学生と社会人合わせて10名くらいを集めて飲み会のようなことをやっていましたが、今年は、職種や業種別に、学生と社会人数名でZoomで話す会を開催しています

もっとみる
わーーーーい
3

就活ってなんだろう

こんにちは、ハルカスです。
⬆️の写真は私です笑
スーツ嫌いな話をよく聞きますが、私は大好き!たまに着るからなのかもしれませんが、気がひきしまってウキウキします😁

最近は大学3年の冬ということもあり、将来のこと、就活について考える時間が長いです。

少し哲学的になってはしまいますが、私が今までの就活を通して感じたことについて、ポジティブとネガティブに分けて語りたいと思います。
本当に悪い子で申

もっとみる
わーい🥰
4

OB/OG訪問の概念を変えたい。「ビズリーチ・キャンパス」の挑戦。

今回は、OB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」のプロダクトマネージャーを務める二口さんに、このプロダクトにかける想いや今後の展望について話を聞きました。

※本記事は、2019年11月20日に、前身ブログ「Reach One」で公開したものを、一部編集した上で転載したものです。

プロフィール

二口 智成/Futakuchi Tomonari
富山県出身。地元の高専を卒業後、名古屋

もっとみる