都市と鳥取の関係性をつくる

出張から帰ってきたゲンヨウです。鳥取県鳥取市で地域と若者のチャレンジを後押しするNPOを経営しています。

1.東京と大阪で

週末に大阪、東京でイベントを開催してきました。鳥取から地域で頑張っているプレイヤーに現場の話をしてもらい、都市部の興味ある方と一緒に関わり方を考える時間をつくってきました。

大阪では琴浦町で空き家を購入した地域おこし協力隊の久和さんに、東京では、南部町でゲストハウスを運

もっとみる
嬉しいです。

鳥取の旅のこと④

あっという間に鳥取旅も最終日になってしまった。雨は止んだらしい。ホテルを出ると空気が澄んでいて、おいしい。寒いけれど痛い寒さではないというかんじ。

朝食はグリーンホテルモーリスへ。宿泊客じゃなくても、朝食バイキングが食べられるそう。朝からおいしいお米を堪能。あとしいたけの煮たのが甘くて美味しかった。

パレットとっとりに野菜を見に行く。金柑とレモン、米粉を買った。1月のおやつの材料です。リュック

もっとみる

鳥取の旅のこと③

汽水空港をあとにして、HAKUSENへ。『湖のほとりにある』と聞いていたので、どんなかんじなのかなぁと思っていたんだけれど、本当にぷかっと水の上に浮いているみたいなお店だった。中はすごく静かで、きれいに並べられたお菓子にわくわくする。席につくと、この日は寒く、風が強かったので湖に大きな波が。鴨が必死に泳いでいる。どこまで行くのかな。目的地にたどり着けるのかな。

コーヒーと、スコーンとチョコレート

もっとみる

No.02 - 2020.01.17 -

今回はNo.01の最後の続きから。映画『つつんで、ひらいて』を観た話と神戸と鳥取の本屋について記しておきたい。(長くなりそうなので項目毎に分けてみた)

映画『つつんで、ひらいて』を観て

デザインは『設計』ではなく、『こさえる』ことだ

と菊地信義さんがスクリーンの中で言う。私は酷く居た堪れない気持ちになった。菊地さんがその言葉の前後で言われたことも含め、直近で似たような指摘を受けていたのだ。あ

もっとみる
ありがとうございます☆嬉しいです!
7

三朝ってなんて読むと思います?

こんにちは。
桃園と申します。

昨日ですね、ケンミンショーで山陰にスポットがあてられてまして。
わたくし鳥取出身なもんでふむふむと見てたんですが、やっぱりね、皆さんに知って欲しい。
鳥取。
何度取鳥って書かれたか。何度島根と間違われたか。
てことでね、これから取鳥…じゃなくて鳥取に来られる方のためにね、桃園は紹介したい。
鳥取の楽しみ方を。

実はこの前三朝というところに用事があって久々に行った

もっとみる

鳥取の旅のこと②

2日目のあさ。朝から雨だ。1日目は温かかったけど、この日はぐぐっと寒い。傘を差して鳥取駅に向かう。改札にいる駅員さんは、ひとりひとりに『ありがとうございます』と言っていた。汽車に乗って、松崎という駅に向かう。

駅を降りるとやっぱり寒い。冷たい風が吹く中目指したのは『たみ』ゲストハウス、カフェが併設した施設だそうです。ここのカフェで朝ごはんを食べることにしました。

ツナとクミンのホットサンドのセ

もっとみる

鳥取の旅のこと①

先月末、鳥取に行ってきた。鳥取行きを決めたのは、その2週間くらいまえで、ぽっと予定が空いて、『なんかもうここで行かないといけない気がする』と思って急いで予定を組んだ。

飛行機から鳥取の土地が見えた。あたりまえだけどなんか横に長い。あと黄色いなと思った。きれいな黄色。飛行機を降りてバスに乗る。やっぱり土地も空気も黄色のイメージ。

旅のコースはだいたいぜんぶ、ウナカメイネルのオーナーのまるさんに聞

もっとみる

サラリーマン猟師の一日

農家民宿「猟師宿」の猟師さんは、防衛大学から航空自衛隊一等空佐を56歳で定年退職後、奥様を千葉に残し、単身Uターン帰郷。
鳥取市の一般企業に再就職し、鳥取市河原町弓河内という人口85人の小さな集落で、85歳のお母様とお二人で第二の人生をスタートされました。
そこで獣が田畑を荒らす現状を目の当たりにし、害獣駆除のために狩猟を始められます。
昨年末に66歳で一般企業を定年退職されるまでの、56歳からの

もっとみる