アジのゼイゴ処理

魚で認知度が高いもの
アジ、サバ、イワシ、ブリ、ウナギ…

中でも、塩焼きと言えば?
はい、なんといってもアジが頭に浮かぶ人が多い

中学校の家庭科ではアジの塩焼きを学ぶ
鱗をとって、ゼイゴをとって、
エラをとって、内臓を取る。
水洗い後は、水分をよく拭き取ること!
生臭くならないためのコツだ。

そのゼイゴの取り方のコツ!
出刃包丁を小さく握りは刃先をギコギコ
魚が動かないよう、そっと押さえる

もっとみる

まっかなイチゴ。露地のロマンを考える。

東京おひさまベリー。
こんな名前のイチゴを知っていますか?

昨年、本格的に流通しはじめたばかり。しかも収穫量は少ない。そんなイチゴなので、知らない人も多いと思います。
実の大きさと、中まで赤いのが特徴です。

イチゴとひとことに言っても、品種は多種多様です。
そのなかでも、東京おひさまベリーは、露地専用として開発されました。
"おひさま"の名前がついているのはそのことを表しているのですね。

もっとみる

食育を考える。〜食育ってなーに?②〜

食育は知育、徳育、体育の基礎をつくるものだということがわかった。ということは、子どもに対する食育だけやればいいのか、という発想に至る。「食育=子どもが元気に育つためのもの」こんなイメージが世間的にもあるように思う。もちろん、子どもに対する食育は重要なのは言うまでもない。しかし、考えてみて欲しい。食の知識がないためにネットの情報に踊らされているのは誰か。多くの家庭で子どもの毎日の食事を作るのは誰か。

もっとみる

SDGs を実行する上で必要な知識 その 7 「GDP を上げる(日本編) 10 物価を上げる手段(食品類)」

前回の記事で、消費者物価指数と日銀の金融政策の仕組みを学び、デフレ構造の根本的な理由についてお話しました。

今回からは、物価を上げていく手段を、日銀の金融政策以外の視点で考えていきたいと思います。

2. 国民に痛みなく物価を上げる方法2.5 長期的に上げるのか、短期的に上げるのか「失われた 30 年」、長引くデフレに慣れてしまっている日本人にとって、物価が上がるというのは、多少なりとも抵抗感が

もっとみる

ナッツバンザイ!

コロナ過になり1年が経ち・・・当然日々ジム通いでトレーニングをしていた体型はキープできず、大きく崩れ落ち。

でもって、世の中も少し落ち着き、一生懸命トレーニングしても日々のルーティンワークの変化で一日の歩行数激変。

当然運動不足になるわけで。食も自炊が増え、こりゃいかん!と自分身体を形成するための食にパワーを注いでいます。

そんな中、ナッツが大好きです。不飽和脂肪酸、カルシウム、カリウム、マ

もっとみる
パワーいただきました!Thanks!!
1

妊活中、妊娠中のお魚

高水銀魚は次のとおりです。
・メカジキ
・マグロ
・アマダイ
・(サバ)
すべての魚が水銀を多く含んでいるわけではなく、特定の種類の魚だけであることに注意することが重要です。

妊娠中に低水銀魚を摂取することは非常に健康的であり、これらの魚は週に3回ほど食べることができます。
低水銀魚は豊富で、次のものが含まれます。
・アンチョビ
・タラ
・ヒラメ
・サーモン(調理済み)

もっとみる

夫婦のカタチ

時々、夫とじっくり話す。

本当に時々。

お互いにいそがしい……
というか、私があまり家にいない。笑

ので、話せること自体がレア。

だけど、わりとそれでいい。

夫は、私の最大の理解者で、
私のことを理解できないことも多いとわかったうえで、
できる全てのサポートをしてくれる。

それは、私へも子どもへも同じ。
子どもたちを育てるパートナーとして彼とチームメイトであることは、
控え目に言っても

もっとみる
わーーーい!!!
3

こんな見分け方もある

メバルによく似た魚、エゾメバル
名古屋ではガヤと呼ばれる。
この春入社した、魚屋1年生諸君には、このふたつは識別が難しいかも。

ところが、えらいモンで、見慣れてくれば
遠目でもイッパツで区別がつくから不思議だね。
てか、この時期、箱を見るだけでも分かるよ!!

はい、よーく見て!

何か気づくことは?

ってことで
魚屋さんへ行こう
メバルもエゾメバルも卵胎生
卵ではなく「赤ちゃんメバル」を産む

もっとみる

旬を楽しむ~ふき~

今年も庭の蕗を収穫し、料理する
春先にはふきのとうを天ぷらにしたり
蕗味噌にしたりと、季節の旬を味わう

蕗もだいぶ大きくなって来て
そろそろかなぁと、収穫

子供たちがまだ小さい頃は
その収穫や筋取りも手伝わせて

お弁当箱の歌の最後のところ

「筋のとお~ったふ~きっ」は
これの事だよ~なんて話ながら

自宅の庭で収穫出きて
経験出来るのは、貴重なことだよなぁなんて

うちの場合、筍も採れるし

もっとみる
やった~、ありがとうございます♪
1

喋りすぎだと思われるが喋る。

私自身喋ることは好きでも嫌いでもない。

仕事ではそれほど喋らない方だ。必要のない事をだらだら喋って時間が潰れるよりさっさと終わらせて帰りたいから、ある程度の雑談や自分自身に関係することは話すが、それ以外は別に話しても話さなくてもいいスタンスだ。

家ではお喋りというわけではないが、多く喋る。

もちろん人間なので疲れている時や機嫌の悪い時や忙しい時は少し無口ではあるが、それ以外はまぁまぁ喋る。

もっとみる
読んでいただいてありがとうございます。
10