“会計的に”考える(3/5)-記録でなく示唆が求められる-

前回の記事では、“会計的に”考える一つめの視点、論点の抽出について考えてみました。ぼんやりと“会計的に”考える力とステップアップのつながりがイメージ出来てきたでしょうか。

今回は、ステップアップするための考え方について記事を書きました。是非ご覧ください!

◎第1回:優秀な会計人が持っている力
◎第2回:会計人がステップアップする際に直面するハードル
◎第3回(当記事):記録でなく示唆を意識する

もっとみる

財務スキル(BS)

前回のおさらい。

・損益計算書(PL):一定期間内の経営”成績表”。利益をみる
          ↪︎「一年でいくら利益だしたか」など
・貸借対照表(BS):一時点の財政状態の指標。
          ↪︎期末時点で会社に存在する財産の状態
          ↪︎資金調達とその運用の状況

貸借対照表(BS)

企業の一時点での財政状態をあらわしています。

表の右では会社の資金調達状況を

もっとみる

経営判断は会計データの裏付けをとる

[要旨]

中小企業経営者の方の中には、月次決算に基づく事業改善活動を不要と考えている方は少なくありませんが、客観的な根拠に基づく改善活動は重要であり、基本的なことなので、軽視することは避けなければなりません。

[本文]

前回、あまり業績のよくない会社の経営者は、月次決算で自社の業績を確認していないということを書きました。それについて、ちょっと、気になっていることがあるので、今回は、それについ

もっとみる
すきをしていただきありがとうございました。
5

“会計的に”考える(2/5)-会計人がステップアップする際に直面するハードル-

前回の投稿では、優秀な会計人が持っている力について記載しました。

今回は、優秀な会計人になるために越えなければならない”壁”について記載します。是非ご覧ください。

◎第1回:優秀な会計人が持っている力
◎第2回(当記事):会計人がステップアップする際に直面するハードル
◎第3回:記録でなく示唆を意識する
◎第4回:会計は企業活動の写実である
◎第5回:暗黙知を形式知に変える

第2回 ー会計人

もっとみる

融資とレバレッジ効果

[要旨]

融資を受けることによって、レバレッジ効果(てこの作用)が大きくなり、自己資本に対する利益率は高くなるので、融資は積極的に活用すべきですが、これが高くなり過ぎると、自己資本比率は低くなり、経営が不安定になるので、注意が必要です。

[本文]

私は、会社は融資を積極的に活用するべきと考えていますが、その根拠に、レバレッジ効果という考え方があります。この、レバレッジ効果を説明する前に、自己

もっとみる
すきをしていただきありがとうございました。
2

“会計的に”考える(1/5)-優秀な会計人が持っている力-

”会計がわからなければ真の経営者になれない” 稲盛和夫

”会計的”に考える。これが私たち会計士の大きな武器だと思っています。但し、この力はライセンスを持った人たちだけがもてる力ではなく、誰にでも意識するだけで身に付く力です。

以前の投稿で「会計×戦略」で身につけたいスキルの記事を書きましたが

経理人材についてはいわゆる”会計人”であると考えており、そんな”会計人”が今後の不連続な時代を自らで

もっとみる

他人のふんどしで相撲をとって負ける

[要旨]

銀行は、融資相手の会社の利益の一部を、貸付利息として受け取るという、間接的に経済活動にかかわる事業を行っているため、逆に、経済全体が低迷すると、融資相手の会社の業況の低下によって、不良債権処理費用が増加するなど、銀行も間接的に業況が悪化することになります。

[本文]

先日、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の、4月~6月までの3か月決算が発表されました。(ご参考→ http

もっとみる
すきをしていただきありがとうございました。
3

持続化給付金を受給した会社への融資審査

[要旨]

持続化給付金等を受け取った会社は、見かけ上の収益が増加しますが、銀行はそのことで会社を消極的に評価することはなく、また、融資審査への影響もないと思われます。

[本文]

先日、知人のコンサルタントの方から、持続化給付金を受けた会社について、給付金の分だけ、会社の赤字額が減少する(黒字額が増加する)が、銀行の融資審査においては、その影響をどう見るのかという質問を受けました。今般の政府の

もっとみる
すきをしていただきありがとうございました。
3

経理が正確な会社は信頼性も高い

[要旨]

中小企業の中には、経理事務があまり正確でない会社も少なくないようですが、会計データの正確さを重んじる会社は、製品の品質も優れていたり、顧客からの信頼も高いことが多いようです。

[本文]

私は、ときどき、顧問先の経営者の方から、現在の顧問税理士の方に物足りなさを感じるので、私が知っている優秀な税理士さんを紹介してほしいと依頼されることがあります。そのようなときは、幸い、私はたくさんの

もっとみる
すきをしていただきありがとうございました。
11

企業会計基礎について

中小企業診断士の学習の中で、財務会計が一番好きだった。財務会計の知識が一番今の生活に役立っているかもしれない。ただ、やはり苦手な人が多いことは理解できるし、知らなくても生活できる。
以前、人事部向けに30分間の勉強会を実施したことがあり、その資料を抜粋して添付します。全く知識のない方向けの資料のため、かなり大雑把となっていることをご了承ください

もっとみる