ヨガの良さ

ん~、やっぱりヨガはいいですね。

毎日ほんの少しの時間しか出来てないんですけど、気がつくと「やりたいな」って思ってるんです。

流れが良くなるのが、密かに感じられるのでしょうか。

以前は、やりたいなと思いながらも、なかなか出来ずにいました。

やっぱり教室に通って、先生や他の生徒さん達とコミュニケーションとって、ある程度、時間とお金に余裕がないと…って思ってました。

固定観念ですね。
いっぱ

もっとみる
愛しています!ありがとうございます!
12

TOSHIの人生リアルタイムメモ その2 「心の声に従え」

心の声に従えと言われましても・・・そんな声が聞こえてきそうなタイトルで、どう分かりやすく読み手に伝えようかな~と書きながら考えている自分ですが、例えば一日の中でこれをやらないといけないのに、気が向かない時の向き合い方のヒントの話です。

直球で言えば「休めば良くね?」です。

これ見た瞬間に、それが無理だから苦労してるんだろー?ってクレームが入るのも予想できますが、逆発想の提案です。

もっとみる
ちがう、そうじゃない。

愛ってなんだろう①

愛ってなんだ。

一言で定義はできない。

ここ最近ずっと悩んでいること、
愛とはなんだろう。

きっかけは、恋人との会話である。
わたしの恋人は、わたしにとって未知の国から来た人で、かなり複雑な人生を生きていて、

今はフランスで大学生をしている

わたしたちは基本的にフランス語で会話をしているのだが、

ある日、彼は、わたしに « Je t’aime »と言えない、と謝ってきた。

彼から告白

もっとみる

白石一文「彼が通る不思議なコースを私も」

物語の中で林太郎が霧子に対して、人間が生き延びる為に必要なことは「自分が好きだってことなんだよ。他の誰でもない、とにかく自分自身が大好きで、超愛してるって思えることだよ。自分が大事で大事でたまらないって思えれば、その子供は絶対に死なない。それはそうだろう。世界で一番大事なものを失いたいって思う人間はいないからね。」という場面がある。

それを読んだ瞬間に頭を殴られたような衝撃を受けた。

ナルシス

もっとみる
ありがとー
10

自分に還る

最近少しSNSに少し疲れていた。

なので、少しSNSから距離をとっていた。

今の時代、

簡単に情報をたくさん知ることができ、

簡単に多くの人と繋がるコトができる。

だけど、

それにより、

自分と誰かを比べ
羨み妬み
自己否定や自己嫌悪に陥り、

心も思考も疲れきってしまう。

だからこそ、

自分に還る時間が必要になる。

様々な情報を断ち、
五感を休め
思考を緩め
心を癒す時間を持

もっとみる
数量限定で販売中
残り 9 / 10

男性を愛したいのに傷つけてしまう時に読むnote 〜母との関係〜

こんにちは!

恋愛コーチのアマンダです。

このnoteでは、男性を愛したいのに傷つけてしまう私が、男性を心から愛せるようになったきっかけの経験を、お届けしています。

男性を愛するようになったエッセンスが詰まっています。

母親との関係、男性との関係

このふたつが、わたしの中で深く絡み合っていることに気付くまで、長い長い遠回りをしました。

お母さんが大好きなのに、大嫌いでした。

男性を求

もっとみる

必ず答えは、自分が持っている

たくさんのお話しの中で

自分の目標設定や

自分の信念がどこにあるのか。

よく、お話しを伺う事があります

私は、見当たらない時

とりあえず動きまわった経験もあります

ですが、迷走している時は

利用されやすい

使われやすい

世の中には、いい人ばかりではないですからね

残念ながら。

ですが、利用されて

使われてはじめて出来た経験もあります

そこから

自分のスタイルじゃない

もっとみる

自分の夢を後押ししてくれる♪映画

80歳のマルタは最愛の夫に先立たれてふさぎ込んでいた。ところがある日、自分で刺繍をしたランジェリーの店を開くという夢を思い出す。そして、周囲の冷ややかな反応を尻目に、友人と行動を起こす

前にも観たことあるんだけど、また見返してみた。

「何をするのにも年齢は関係ないわ」
「やりたいからやるの」
「世間体は気にしないわ」

時より出てくる言葉が胸に突き刺さる。
田舎に住むおばあちゃん、ついにランジ

もっとみる
ありがとうございます!嬉しすぎます~♡
7

さて、今日のお話は何にしようか

今はコールエンターでの仕事をしていると以前にお伝えしましたが、実はもともとめちゃくちゃ電話というものが苦手。

今もどちらかと言えば得意ではない。
流石に仕事ではしっかり電話をとったりかけたりしているけれど。

厳密には、

自分の用事で電話をかけるのが苦手。

ということ。
病院や美容院の予約、お問合せなんかも苦手。

友達以外から着信が入っていても用件がわからないままではなかなか折り返しするこ

もっとみる

かわいいコンプレックス

マッチングアプリが大好きだ。pairsに始まり、with、mimiなど様々なアプリに手を出し続け、最終的にはTinderに落ち着いた。実際に会い、食事した男は100人を優に超える。まさに「暇な女子大生」だった。

マッチングアプリは若い女の子にとって超売り手市場。アプリを起動してイケメンを右にスワイプするだけでどんどんメッセージが送られてくる。少しでも「いやだな」と感じたらマッチ解除のボタンを押し

もっとみる