日本美適進化論:一騎当千のチームビルド

日本美適進化論:一騎当千のチームビルド

大きなムーブメントを起こす方々へ畏敬の念が絶えない中、一人の力はたかが知れていても、チャンスが巡ってきたときにアクションを起こす、最初の一手は芯を捉えることが大切だと感じています。例えば、女性の能力が社会で活かされる環境づくりを推進するには、女性だけをクローズアップ(女性管理職を30%に引き上げる等の数値目標だけを掲げた例)しても、絵に描いた餅で一過性のものにしかならないことは過去数々の失敗から学んできたわけです。いよいよ、労働力として待ったなしの状況に追い込まれながら、グロ

ためらうコメント

ためらうコメント

 いい記事を読むと、コメントを残したくなる。その人と仲良くなって、その内容についてちょっと言葉を交わしたい、と思うのだ。  しかしいい記事というのは当然、発展性があって中身の濃い記事なので、それについてのコメントを残そうと思うと、どれだけ文章を削っても結構長くなってしまう。  長文コメントは、基本的にあまり好まれないのだと知っている。アピールするつもりはなくても、アピールのように見えてしまう。そして文章は「どのように見えるか」ということが「どのような動機で書いたか」よりも

4
承認欲求の異常発現

承認欲求の異常発現

承認欲求の異常発現(私の造語です)は、幼少期に受けた保護者の教育と深い関係があるように思います。 私は承認欲求には自己承認と他者承認があると考えていてます。 自己承認は自分の身体を一つにまとめて使えることを実感することで満たされるので躾の影響をもろ受けます。他者承認は愛情によって満たされのではないかと思います。 躾というと、今は虐待と同義語に貶められてしまいましたが、本来は違ったはずです。 国立歴史民族博物館教授の松木武彦氏が、著書の中で「美の起源」について「原始の人

1
美意識と金星

美意識と金星

金星10ハウス蟹のリリーローズです 今日は占星術の天体 金星について書きます 金星とは…金星が支配する星座は 牡牛座と天秤座です 占星術の年齢域として16歳〜25歳くらいに 発揮されます 金星の公転周期は約225日です 金星の意味するものは 愛、美、恋愛、見た目、幸せ感、欲、女性性(男性にもあります)お金、宝石、楽しみ、好きな物 などがあります 金星の時代(16〜25歳くらい)は ドキドキするような恋愛をしたり 楽しむ事が一番のメイン そして、人から自分はどう見ら

2
2-07-12【[文脈を繋げる者]vs[本質を混ぜる者]は世界の観え方が違う】

2-07-12【[文脈を繋げる者]vs[本質を混ぜる者]は世界の観え方が違う】

『客体空間:短期記憶⇄《意識現象》⇄主体空間:長期記憶』 意識は『客体⇄主体』を一致させたがるだけだ・・・というお話の続き。 「短期記憶が長期記憶にイメージを描く」つまり『理解』にも、 「点を摂取するだけ」と「点を位置づけ線を繋ぐ」 との特徴差があり、人はその理解力を表に出す・・・というお話の続き。 2-07-11のつづき →本著の概要と目次 ■内面化のレトリック■ 「愛が大事だ」 が『主体律:道徳・本質主義』。 「愛が大事だから、愛する為に、どう具体的にしていけばいいか

12
【ダイエット分類②運動ダイエット】岡崎市から通えるパーソナルジムのブログ

【ダイエット分類②運動ダイエット】岡崎市から通えるパーソナルジムのブログ

こんにちは!! 豊田市のパーソナルトレーニングジム B'ALLYS(ビーアライズ)の伊豆原です。 今回は前回お話した 栄養ダイエットに続き 運動でおこなうダイエットに注目して お話していきます。 ダイエットを決意しても 運動(体を動かすこと)が苦手で 中々継続することができない そんな方は少なくないと思います。 ですが ダイエットに関しては自分との戦いんで 他人の目や意見などは一切気にしなくていいと思うですよね。 結局何が言いたいのかと言いますと

3
美しさについて考える

美しさについて考える

みなさんは「美しさ」について考えたことがありますか? デザイナーという職業なら自分が美しいと感じるものものをある程度定義づけて言語化出来ないといけないと思っています。 自分が美しいと感じるものはなんとなく理解しているし頭の中ではぼんやりとそのビジュアルも思い浮かべることができます。けどそれを「言語化しろ」と言われると難しい、というかそもそも美しさについて考えることが少なかったのかもしれません。 だから美しさについて考えてこの記事で言語化し、「美しさとは何か」の僕なりの答

2
論理の限界を突破する方法

論理の限界を突破する方法

図書館でジャケ買いならぬジャケ借りした本。「山口周著:世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」 なんとなーくで手にした本でしたが、今までの私の常識が覆されました。 その常識とは・・・ 「論理は正義」という思い込み 何でもかんでも、意思決定をする方法としては「論理」が絶対だと思っていました。バックデータに基づいてなされる意思決定が全てだと。 でも、そうじゃなかったんです。 ▶要約 意思決定には、サイエンス(論理)・クラフト(経験)・アート(感性)の3つのバラン

10
日本美適進化論:フェミニズムとジェンダーの違い

日本美適進化論:フェミニズムとジェンダーの違い

リベラル・フェミニズムという女性の権利を擁護してきた運動は、フランス革命の「人間」であることに「女性」が入っていないことに抗議した女性たちの法的な市民社会への一歩でしたが、時を経て現代では男女平等も基本的には実現し、女性が要求した男性と同権の財産権も私的所有権も参政権も叶いました。法的には整ったように見えても女性の所得が低かったり、幸福度が世界でも最低レベルなのは、経済低迷の長期化による少子高齢化の波と労働力としての社会進出のバランスに挑戦してこなかったことも理由の一つだと思