アスファルトのはてに見るもの

たとえば梅雨どきなら、床の間に一輪の紫陽花がしっとりうるんでいます。
あるかなきかの空気のそよぎにただようのは、香炉からくゆる匂いです。
しとしと青葉を濡らす雨に聞きいっていると、ぽとり、と小さな音がして、見れば庭の梅の木から落ちた熟しきらぬ実がひとつ、しめった土にころがっている──そういうなにげない美のしずくは心に沁みとおり、やがて地下水脈をつくります。
感性とか情緒とか呼ばれる心の泉です。

もっとみる
お礼に手料理でおもてなし!
8

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

美容業界に長くいて、「美意識」という言葉ほど身近でかつ磨き続けなければいけないと思い続けています。

経営に携わりながら、気になった本のタイトルが、この山口周氏の著書「世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか?」でした。

読んでみて結論から言うと多くの人に一読をオススメしたいと思います。

この本で山口さんは、実はエリートこそが美意識を鍛えるべきと言うことを述べています。それはなぜかと言うと、

もっとみる

体の悩み③冷え性

体の悩み③冷え性



低体温と同じようにとらえられがちですが
末端の手足などだけが冷えるのが“冷え性”、体温が低いのが"低体温”とされています。


今回は冷え性について

自覚症状としては末端である手足が冷たいなどがありますが
体温が※36度以上あれば“低体温”だからではなく、以下などが原因と考えられます

・自律神経の乱れ
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレスに

もっとみる

旦那になってからの美意識

結婚してからさ、あんた美意識ないよな。ただのおっさんやん。

最近よく言われる一言No.1。

わかってる。自分でもわかってる。

でもそれを言わないでくれ。

余計に自分に自信がなくなる。

昔の方がまだマシやったわ。

そうか...........。ん?昔の方がマシ.....マシ??

マシってどう言う事だ?マシって........。

マシって言葉はそもそも褒め言葉ではない。  いたって上で

もっとみる

体の悩み②便秘

体の悩み②便秘



子供の頃からわたし自身便秘でしたが
大人になるまで便秘の悪影響を全然知りませんでした。

便秘は平均的には女性の方が圧倒的に多く、なかなか解消できずに悩まれている方も多いのではないでしょうか。

便秘が解消できずにいると
肌荒れや肩こりなど外的に感じることはもちろんですが
イライラしやすくなってしまったり、肝臓への影響からコレステロール値にも影響が出てし

もっとみる

骨盤矯正のおはなし。

こんばんはー!まちこです!!

お酒を飲んだ後に半身浴をしてしまいました!大反省!

せっかく骨盤矯正してついでにむくみも取ってもらって足きれいになったのにね!!!!!

はーーーー反省してるので水抜く&酔い覚めるまで寝ません。

とにかく今日私が話したいのは、骨盤矯正のおはなし。

まーーじでよかった。

最近、美容関連で自己投資かなりしてるんですけど、1番やってよかったかも〜😭😭

ここの

もっとみる
ありがとうございます!
12

第1回ニュータイプの相談援助職のための読書会 開催!

こんにちは。レタススタッフの三宅です。

7月5日(日)、第1回 ニュータイプの相談援助職のための読書会を開催しました。ご参加いただいた方、ありがとうございました!!

参加されていない方にも、ぜひ読書会で話題に挙がったことを知ってほしいと思い、これからnoteにまとめていこうと思います。

そもそもニュータイプの相談援助職って何?

ざっくり言うと、自分が今いる世界から飛び出して、身の回りの社会

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!
4

イメージ・世界観の検討 【sato流マーケ講座⑮】

コンセプト確定と同時にブランドイメージ・世界観の検討を行います。

お客様にどんなイメージを持ってもらいたいのか?アイデンティティ(個性・そのブランドらしさ)ですね。

家づくりで例えるなら・・・

コンセプトは骨組み

イメージ・世界観は外観

シックとか、かわいいとか、シャープで清楚なイメージ・・・などなど。

なお、コンセプト(ストーリー)と世界観の形成には、高い水準の美意識が必要です!

もっとみる

マスク生活で、顔が老ける?

相変わらず“半顔メイク”の日々が続いている。マスクをする顔の下半分はどうせ隠れてしまうし、こすれたり蒸れたりして結局メイクも崩れてしまうからだ。

巷ではメイク崩れ防止スプレーが売れているらしい。うーん、女子力高い。私はいっそ「メイクしない」方を選んでしまうのだから、こういうところ、なんだろうなぁ(笑)

顔の下半分は基本的に日焼け止めのみ。上半分は普通にアイメイクをすればそれなりに見えるので、通

もっとみる
ありがとうございます!
14

【今を生きる】と【今いる場所を守る】の身体位置の違いから見る、ありたい姿

今を生きる

このように生きることが良いとされ、多くの人が【今を生きる】ということを、様々な面で実践しようとしているものと思います。或いは、実践するものではない、ということも言えますが、【今を生きる】ということは、意識的であるかどうかは別にしても、経験を通して至る無意識的なポジショニングでもあります。

ここでは、【今を生きる】ための考え方や、捉え方、実践の方法を書くのではなく、その状態がどういう

もっとみる
ありがとうございますー!!!!!!
22