ほりけん*札幌中小企業のフリーランス広報担当

「中小企業をオモシロく、地元をオモシロく」地元企業の魅力を伝えるお手伝いをしていま… もっとみる

ほりけん*札幌中小企業のフリーランス広報担当

「中小企業をオモシロく、地元をオモシロく」地元企業の魅力を伝えるお手伝いをしています。noteはその日思ったことなど、適当に毎日書いています ☆札幌カフェメディア編集長→https://aditc.jp ☆Youtube→https://bit.ly/2tTxLfo

マガジン

最近の記事

地道に書き続けた、25歳の僕の「週報」

先日何気なくツイートしたことをきっかけに思い出したのですが、僕は前職時代、マネージャーをやっていた頃に「週報」をチームメンバー向けに毎週発行していました。 内容は今週やること、チームメンバーの実績報告、連絡事項等の業務的なものに加えて「ほりけんの週末日記」と題した、25歳の僕が一人暮らしの帯広で週末何をしたかを書き綴る……というちょっとしたお楽しみコーナーもありました(楽しみに読んでもらえていたかどうかわかりませんが…) この週報がどれだけメンバーの目に留まり、そして内容

    • 20代のお金の使い方

      霜降り明星・粗品さんのYouTubeチャンネルの切り抜き動画を時々見ます。 彼のYouTubeの名物?の一つとして有名なのが、生配信中に高額な投げ銭(通称「赤スパ」)を投げてくれる"太客"とのコミュニケーションです。最近では配信中に留まらず、粗品さんが開催している単独ライブで直接の会話をする……というのも、また一つの名物になっています。 この動画の中で驚くのは、1万2千円の"赤スパ"を投げている人たちの年齢層の若さです。 20代前半の大学生ならまだしも、中には高校を卒業

      • 2023年9月の振り返り

        遠征はもちろん出張もなく、ほぼずーっと札幌にいた9月でした。一番の遠出で、三笠市&岩見沢市くらい……笑 今月のヘッダー写真は、岩見沢駅で撮った1枚。三笠市での仕事の撮影帰りに綺麗な夕日が出そうな雰囲気を察知したので、上手く撮れるかわからないけどとりあえず駅に行ってみよう……と車を走らせたのでした。結果的に大正解。 仕事に追われがちな日々ですが、こういう"自主練"の時間も大事にしていきたいところです。 1.全体的な感想「追われてる感」こそあまりなかったものの、常に何かと慌

        • 稼げる大人になりたいなら「書く」を磨くべし

          仕事柄、クライアントのスタッフさんが書いた文章を添削したり、求人会社が書いた求人票の文章を手直ししたりすることがあるのですが、他の人が書いたものを数多く読んでいると「文章が上手い」という状態に至るためには、大きく分けて2つのフェーズがあるんだなということを感じます。 1つ目は「基本的なルールがわかっている(=誰が読んでもおかしいと感じる箇所が少ない、明らかな誤用がないなど)」ということ。そして2つ目に、書き手の感性やセンスが来るのだと思います。 後者の方は"感性"や"セン

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ほりけんの考え
          ほりけん*札幌中小企業のフリーランス広報担当

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「したほうがいい苦労」と「しなくてもいい苦労」

          今日の昼頃、しばらく会っておらず、連絡も取っていなかった友達からLINEが来ました。何ラリーかやりとりを続けてみると、どうやら現職を近々退職し、リモートワークの仕事に転職しつつ自分の事業も始めたい……という構想を持っているようでした。 彼女は僕と出会った当初から「自由な働き方」といったライフスタイルを志向していて、色々な経験を重ねる中で少しずつ理想に近づけていることは本当に素晴らしいなと感じます。 LINEでのやりとりだったのでどこまでフォローできたか分かりませんが、さし

          「したほうがいい苦労」と「しなくてもいい苦労」

          "括りたがり"はサボりたがり

          バズワード的に一瞬打ち上げ花火やって消えていくのかなと思いきや、なんだか普通の言葉として定着しつつある「Z世代」なる言葉。 この世代に該当する人の一部がそれぞれの思惑を持って「我々はZ世代である」という印籠のように掲げられる姿や、おじさんたちが「Z世代の特徴は~~~であるからにして~~~~~」「アッ!これだとZ世代の子に嫌われちゃうカナ??」など好き好きにおっしゃる場面なんかでよく耳にします。 まぁ世代を問わずこの言葉を積極的に使いたがる人は、それなりに自分の何かに役立て

          暇だから無駄が生まれる

          情けない話ではあるのですが、未だに朝起きてからのスマホいじりタイムにだいぶ時間を取られています。短くて30分、長いと1時間になることも……。 投下している時間に見合うような調べ物やアウトプットをしているならまだ良いのですが、寝ている間のSNSのタイムラインをざっと追って、軽くニュースを見て……までは良いとして、"SNSの最新投稿を待つ"みたいな状態になってくるとさすがに無駄な時間でしかないな、と今朝また反省したのです。 その原因についても考えてみたのですが、多分「夢中にな

          物事の理由を考えるクセをつける

          誰にも通じる話でありつつ、特に今の10代や20代の若い人たちに意識してほしいなぁという話。 ◇ SNSなどを見ていると、時々甘い言葉で何かに誘い込もうとしてくるような投稿や広告を目にすることがあります。 「リスク無しで月収◯◯万円」とか「ダメ会社員だった自分がこんな生活に!あなたも!」とか。誰もが一度は見たことがあるはずです。 当然、世の中そんな甘い話はないのでこの手のお誘いはすべからく詐欺的なものだったりするのですが、それでもうっかり信じてしまう人もいるんですよね。

          幸福への近道

          突然ですが皆さん、今幸せですか?幸せになりたいですか? ……なんだか宗教の勧誘みたいな入りですが(笑)、実は「幸福になる方法」がすでに科学的に実証され、体系化されていることをご存知でしょうか? なんでも、下記の4つの因子を満たすほど幸福度が高まるらしいのです。 自分の性格や普段の思考の習慣を振り返ってみて、この4つの因子をどれだけ満たしているでしょうか? 僕はかなりこの4つを満たしているという自覚がありますし、実際自分はかなり幸福だと自覚をしています。これは客観的な判

          コミニケーションのあり方が変わると、人と人の関係性も変わっていくはず

          僕らの年代だとこういう話をするのは少し早いのですが、それでも時々「将来子供ができて大きくなったときに、どのタイミングで私立の学校に入れるか」というテーマの話を周りの同年代の人としたりします。 このトピックを話すとき、小学校や中学校を公立の学校で過ごした経験がある人(僕も含む)からすると「早いうちから私立の学校に行ってしまうと、地元の友達ができない」という懸念がどうしても浮かんできます。 よくある話としては、住んでいる家の周りに遊ぶ友達がいないと言うのもそうですし、地元の成

          コミニケーションのあり方が変わると、人と人の関係性も変わっていくはず

          "お山の大将"ができなくなった時代に大切な「足るを知る」について

          先日、とあるトークセッションをYouTubeで聞いていた時に、こんな話が出てきました。 なるほどーと思いましたね。 限られた範囲の中で優位な立場を取り(取ろうとし)、それによって悦に入る……というお山の大将は、お山に立とうとする側もその反対側の人も容易に「他のお山」が見えるようになってしまったことで、その振る舞いが成立しなくなってしまったと。 それ自体の良し悪しは置いておいて、お山の上に立つという振る舞いを通じて喜びや快感を得ていたという人も間違いなく存在するので、そう

          "お山の大将"ができなくなった時代に大切な「足るを知る」について

          やりがいは、苦労した先にしかない

          正確に言うと必ずしもそんなこともないとは思うのですが、真剣に取り組んで苦労した方が、その先で得られるやりがいがデカくなるのは間違いないと思います。 僕がやる仕事の中でも一番苦労する確率が高い「コンセプト文作成」 ブランド立ち上げや新店舗オープンなどまだ"何もない"状態から、事業主さんの想いや構想、扱う商品・サービスなどについてヒヤリングを行い、事業主さん自身(ブランド)のブレない指針となるように、そしてお客さんの心を動かせるように……という目的で作るものです。これがめちゃ

          やりがいは、苦労した先にしかない

          「適度な運動」という健康の秘法

          32歳にもなると発信内容におじいちゃんみが出てきてダメだなぁと思う反面、早めに気づいてアクションに移しておくことはまぁ良い傾向かなとも思ったり。 ◇ 先日コロナに感染し、もうほぼ完治した感はあるのですが(咳のみ残っている)、感染以来体力ゲージの最大値が結構ごっそり減ったような気がするんですよね。。。 ここ最近、午後に昼寝をしないとやってられないということもしばらくなかったのですが、直近数日はワンリフレッシュを入れないとちょっとしんどいです。 単純に咳や熱に体力を削られ

          今日はnoteお休みします

          お休み!します!また明日頑張ります!

          ただの日記

          先週は月曜に発症したコロナでお休みをいただき(ぼーっと具合が悪かったので、家でもなんだかあまり集中できず)、さぁいよいよ今日から会社復帰…!と思っていたのですが、朝からとめどなく咳が出るので念のために自宅勤務にさせてもらいました。 発症から8日目?9日目?でまだウイルスが体内に残っている可能性が高く、周りに感染を広げてしまうリスクも考えて…… 今回は喉の違和感→筋肉痛→熱→喉の痛みと来て、今朝ようやく喉の痛みが引いた…!と喜んでいたら、今度は結構しっかりめの咳です。多分、

          決まった"枠"の中で勝負する、という美学

          先日、ふと「プリンって奥深いよなぁ……」と思いました。笑 (素人考えですが)きっとどのお店も基本的なレシピは似たようなもので、仕上がりの形も同じような感じになる。でも味や食感などは決定的に違い、それがお店の個性になり、お客さんを呼ぶ魅力になる。 決まった"枠"の中で勝負するということは、奇抜なアイディアや誰も思いつかないようなアレンジ一本勝負ではダメで、圧倒的な「基礎」が必要になります。そして、その基礎を我が物として定着させるための「反復練習」も。 ほかの料理・スイーツ

          決まった"枠"の中で勝負する、という美学