絲山秋子

最近読んだ本など

せっかく読んでも、感想書いておかないと忘れてしまうので、駆け足で最近読んだ本の感想など。 伊坂幸太郎『クジラアタマの王様』(NHK出版):夢の中で出会った3人の男が、現実社会の中でも不思議な連携をとることになる、ぼーっと読んでいると理解できない不思議な物語。タイトルはクジラが入ってい…

#本と雑談ラジオ 友の会30 @koizumi69

※試聴版です。オリジナル版(56:05)はマガジン購入すると視聴できます。

#本と雑談ラジオ 124 Podcast更新。三谷幸喜『オンリー・ミー 私だけを』、絲山秋子『…

#本と雑談ラジオ 124 そして #本と雑談ラジオ友の会 30 のSkype収録をしました。三谷幸…

▼2021年3/1(月)深夜から翌日にかけて収録しました。枡野がまだ聞き返せてないので、まずは友の会で公開します。古泉さんのPodcast無料公開をお待ちください。トークに関連するツイートも追って少しずつ載せておきます(随時更新)。 ▼以下のアドレスは内緒にしてください。まちがいや不具合があっ…

読書感想文 御社のチャラ男

今年入ってきた若手が、これがもうどうしようもないチャラ男で! みたいな話しかと思ったら全く違った(笑) 吹けば飛びそうな、そして実際に、みたいな小さな会社で 多くの視点から語られる物語なんだけど、 いろんなもんが詰まってて考えさせられますね。 ジェンダーとか、ネット社会とか、今風…

映画「ばかもの」

3人の女がかぶっている仮面 良い子の仮面  悪い子の仮面  強い子の仮面 良い子の仮面をはずすと、淫乱な淑女が顔を出す。 悪い子の仮面をはずすと、臆病な幼女が遊んでる。 強い子の仮面をはずすと、孤独にふるえる才女の素顔が見える。 そんな、どうしようもない女の多重性が男を翻弄する。 翻…

妄想、最高!

初めて読んだ絲山秋子さんの作品は、社会人になって時計メーカーの営業職として働きだして5年くらい経過したころに父に勧められた短篇集『沖で待つ』(第134回 芥川受賞作)だった。とくに表題作の「沖で待つ」は、そのときの私の状況が物語の設定とすごく似ていて、同じ営業部にいた同期の男子と成績…

#おぎぬまX さんと2/1にお話します、ラグとディレイとハウリング、人を人と思わない対応…

2021年1/21(木)3528 https://note.com/masuno/n/n96ff4231ac62 2/1の午後に枡野書店で、 『地下芸人』の著者、 #おぎぬまX さんとお話します! 発売、もう少しお待ちください。 https://note.com/masuno/m/m21306684e7e1 https://twitter.com/toiimasunomo/status/1352211648816168961 #本と雑談ラ

地元の書店で買った、絲山秋子さんの『妄想書評』面白かった。

同期とか、友情とか、恋愛とかって考えちゃう絲山秋子『沖で待つ』を読んで

第134回芥川賞受賞作 私と同期の太っちゃん、一緒にスタートを切った異性の太っちゃんがしんでしまって、その太っちゃんとの思い出と、約束の話。 恋愛感情はないはずなのに、じゃあこの二人の関係性って、友情とか同期たかってまとめられるのだろうかとも思う。 ただ、こういった人間関係を育むこ…