社外取締役

+5

ジェンダー平等の実現を掲げる私が考える、女性の社外取締役選任のメリット

こんにちは。 株式会社Kanatta代表取締役社長の井口恵です。 今日は女性の役員登用に関するイベントに参加してきました! ちょうど先日発表された流行語大賞に「ジェンダー平等」が入ってましたね。 流行で終わることなく当たり前の価値観になるといいなと思います。 そんな想いを胸に参加した本日のイベントでは、主に外部の女性の登用について話し合いました。 外部の女性の登用と言われて、一番分かりやすいのが女性の社外取締役を選任することなのですが、実は私は女性の社外取に関してあま

スキ
4

マネーフォワード広報からクラダシ社外取締役へ「捨てない」を当たり前にしたい

株式会社クラダシは、「ソーシャルグッドカンパニーでありつづける」をミッションに掲げ、「フードロス問題」を始めとした社会課題の解決とビジネスの両立を目指し、事業を展開しています。 クラダシで働くメンバー紹介企画の第七弾では、この度2021年12月1日付で社外取締役に就任した柏木さんをご紹介いたします。 クラダシのメンバー紹介企画はぜひ「クラダシで働く人たち」よりチェックしてみてください。 ーまず初めに、ご経歴を教えてください。 東京大学経済学部を卒業して、イベント運営会

スキ
33

いとうまい子氏が上場会社の社外取締役に就任のニュース

いとうまい子、上場企業の社外取締役に就任へ AI研究、会社経営の手腕評価され いとうは芸能活動を続けながら、40代になって「学び直し」を開始。10年には早大人間科学部(eスクール)入学した。その後、修士課程でのロボット工学研究を経て、博士課程で予防医学の研究をしてきた。さらに、19年からはAIを活用したサービスを提供する株式会社エクサウィザーズ(本社・東京)のフェロー(研究員)としてロボット開発にも取り組んでいる。また、17年にテレビ制作会社を設立して社長に就任。社員7人か

スキ
6

2021/11/26の一本

本日に取り上げるのはこちらの記事。 内容は、みずほFGで発生しているシステム障害や外為法違反の問題を受け、金融庁が、問題を監視・監督すべき立場でありながらそれを果たせていない社外取締役の執行部の監督責任を追求する意向、という記事。 この記事を取り上げた意図は、最近、企業に求められている社外取締役は決して形だけの神輿ではない、ということを示していると感じたためだ。 私は、社外取締役とは企業の外部の人間が企業の活動について、監視・監督・指摘する立場だと認識している。 そして

スキ
2

おはよう投稿!寒い寒い。今日の話題Qは夜遅くに出題。 Q. 女優のいとうまい子が今年(2021年)12月に社外取締役に就任する予定となっている、「革新的なイノベーションで社会のハブになる」を掲げている不動産テックの会社は何でしょう? A. 株式会社タスキ

Q. 女優のいとうまい子が今年(2021年)12月に社外取締役に就任する予定となっている、「革新的なイノベーションで社会のハブになる」を掲げている不動産テックの会社は何でしょう? 正解は明日のつぶやきで!今日も1日お疲れ様でした!🍛🥗🍺

社外役員の責任

 社外役員(取締役や監査役)も、もはや安全地帯にはいられなさそうだ。  長年の社員による横領を看過していた「名ばかり監査役」の責任が、最高裁で逆転して問われそうだ(11月22日日経)。金融庁は、みずほのシステム障害に関連して、社外取締役の責任を追及するとの記事もある(11月19日読売)。  社外役員というと、名誉職的あるいはアルバイト的感覚で引き受けてきた人も多いだろう。今後はそうはいかなさそうだ。 鳥飼総合法律事務所 弁護士 奈良正哉

+1

社外取の役割についての議論を促進してくれそうな記事を見つけた

みずほの一連のシステム障害およびそれに関連する経営陣の交代に関し、先週は多くのニュースが相次いだ。その中でも以下読売新聞の記事は、執行執行側の取締役のみならず、その執行を監督すべき立場にある社外取締役の責任についても言及されており、みずほシステム障害という一企業固有の問題にとどまらず、「そもそも社外取の役割って何なんだっけ」という広範なテーマの議論を読者に投げかけてくれる記事となっている。 社外取締役の役割とは何か。その企業の業務・運営に携わってきたわけでもなく、その業界の

スキ
1

社外取締役の期待役割

 三井住友信託銀行の調査によれば、機関投資家の多くは社外取締役の働きが不十分と感じているそうだ(11月10日経)。  不満の代表的なものは、機関投資家との対話への関与不足だ。ただ、海外の年金基金が個別にその株式を購入するような代表的な企業を除けば、そもそも機関投資家との対話を重視している企業が少ないのではないか。もう一つは後継者計画への関与不足だ。しかし、オープンな(公式の)場面で後継者問題が議論されることがそもそも少ないのではないか。  共通して言えることは、月に1回程度の

スキ
4

超マニアックな知的財産関連の政府資料

新しいアイディアを守る提案が得意なIPRoom代表兼弁理士の打越佑介です。 今日は、内閣府の知的財産戦略本部が検討している、上場企業における知的財産活動の情報開示に関する資料を紹介します。 そもそも知的財産戦略本部は、知的財産の創造・保護・活用について推進するために、内閣に2003年に設立されました。 簡単にいうと、皆さんの知的財産(アイディア・デザイン・トレードマークなど)を有効に活用してね、という趣旨です。 そして、直近の知的財産活動に関する話題としては、今年から

スキ
25