社会人1年目の私へ

【HSPに効くニュース】睡眠とHSP力の関係とは?【6/25〜7/1】

こんにちは。

あなたと共に、HSPがHSPのままいられる「優しい世界」を作るReyです。

さて、今週も「HSP向けのニュースキュレーション」を発信します。
このシリーズは、TVやメルマガ、ビジネス誌など、
ビジネスマンが参考にするニュースコメントって、
全部非HSPが作っているなーっていう

ということを考える際の参考となる情報が無いと思っていて。
だから、とりあえずHSP視点でニュースを集め

もっとみる
スキありがとうございます😊僕も好きです。
5

習慣を身に着ける

読書、自己学習、、、

普段からやろうとおもってもなかなかやる気が起きない。

どうやったら継続してできるのか。
考えてみた。

ふと気づく。
歯磨き、風呂に入る、ごはんを食べる。

毎日やってることがたくさんある。

勉強も歯磨き見たいに習慣にすればいい。

どうやって?

歯磨き、入浴はどうやって習慣化されるのか。

昔から朝起きたら、寝る時間になったら、、、

つまり、その他の行動と結び付け

もっとみる

【社会人一年目の教科書】HSPに有利な時代の変化を把握しよう(後編)【第2回】

こんばんは。

あなたとHSPがHSPのまま生きていける「優しい世界」を作るReyです。今日は久しぶりに寝不足な中での執筆ですが、頑張って誤字脱字の無いようにしたいと思います。

…もし、誤字脱字を見つけても、お手柔らかにお願いします(笑)

さて、今日は先週の続きですね。

社会で生きる上で「HSPがいかに今の時代、有利か」って話しをまとめてみたいと思います。

前回も書きましたが、今後20年は

もっとみる
スキありがとうございます😊僕も好きです。
5

会社は人の船、私は船をDIY中!

会社に勤めている時間を割り切って過ごしていると、私の人生そのものまでも割り切ってしまっているような気がして悲しかった。
私の会社はとにかく人の船なんだということが明確にわかるトップダウン企業だと思う。
上が右といえば右だし、左といえば左。
社員の意見を採用するとか、がんばれば上り詰められるというのがなんとなく世間体であることを、入ればよく実感する。
会社は人の船であることを忘れて、会社のため、会社

もっとみる

【年収3倍】あなたが「分かったつもり」になってしまうたった1つの理由【経験談】

こんにちは。
あなたと、HSPが生きやすい「優しい世界」を作るReyです。

今日は、人が「なぜ分かったつもり」になりやすいのか?ってお話をしてみます。

例えば勉強とか、仕事とか、何かの授業を受けた時とか…

一回聞いて分かったつもりになってしまうことって多いですよね?

高校時代、数学が苦手だったんですが、「あーそれな」って公式を覚えた“つもり”になって、結局、問題を解いたら一問も解けない…み

もっとみる
スキありがとうございます😊僕も好きです。
4

◇あの絶望的な出来事が、いまの自分にとって最大の教訓になっている。#49

ちょうど半年くらい前
私はずっと働きたかった憧れの職場で
戦力外通告を受けた。

(有り難いことに自分が想像していた以上にたくさんの方に読んでいただけて幸せです。本当にありがとうございます。)

戦力外通告を受けた時は
天国から地獄に落ちたように

明るかったこの瞬間が
一気に絶望に変わっていった。

いまも時にその時に出来た
心の傷は完全には癒えていなくて
時々チクリ。と傷む。

でも、これだけ

もっとみる

時間を無駄にしない

最近、よく考えること。

あと、5年で30歳か、、、、、

学生のころはただそのときを楽しむ。
というスタンスで毎日を過ごしていた。
そしてそのまま社会人になった。

学生時代の生活スタイルを続けていると、
ふと気づく。
無駄な時間多くないか?

仕事が終わると、スマホを見ながらダラダラ。
気が付けばもう12時や。寝よう。

周りの同期達も同じような生活をしている。

やっぱり、このままじゃあかん

もっとみる

【読書録】Hotpepper ミラクルストーリー

□ 読んだ本

Hot Pepperミラクル・ストーリー - リクルート式「楽しい事業」のつくり方

□ サマリ

- サンロクマルからHotpepperを生み出し、成長する中で生まれた施策や各論についてストーリー形式でまとめられた 平尾勇司氏の一冊。

- 「はじめに」で本人が綴っているように、20年前の事業マネジメントモデルであり、インターネットの普及によって成功モデルとしては古いのかもしれな

もっとみる

ワンランク上の聞き方/尋ね方

今回は「聞き方」について書きます。

「聞く」(ask)ことは、会社や組織の中にいるとどうしても避けられないことですよね。
私も何百回上司に聞いたか数えてもきりがありません。

ある一定の期間までは自分の聞きたいように聞いていましたが、その期間を超えたところでこれまでの質問の方法ではダメだと気づきました(気付かされた)。

同じような聞き方をずっとしていると、上司の反応が少しずつ変わっていきます。

もっとみる
あなたの記事も読みますね☆
12

【読書録】予想通りの不合理

□ 今回読んだ本

予想通りの不合理

ダン・アリエリーさんの原作を熊谷洋子さんが翻訳したもの

□ なぜ読んだのか

私は社会人2年目のSaaSマーケターです。1年目は担当プロダクトのマーケティング・プロダクト開発を通して仕事に従事してきましたが、そこで得られた人々の反応を改めて自分の中に知識として落とし込みたいと思い、以前知人に紹介されていた本著に手を出しました。

□ サマリ

- 経済学の

もっとみる