視点を変えてみる

視点を変えてみる

夏休み、子どもたちと 視点の違う町歩きをオススメする いつもの通学路 家からお友達の家まで よく遊ぶ公園 他にも、たまにしか行かない場所でもいい 自宅の回り、ご近所探検をしてみて欲しい どんな町歩きをするのか 例えば・・・ マンホールの名前、種類 道路標識とその意味 いつも何気なく見ていたものを 視点を変えて見てみる 新しい発見があるはず そこから、気になった事、物を 自由研究にテーマにしてみてもいい 身近で出来る夏休みの自由研究 #夏の自由研究

2
【「表現する場」の重要性】吉野ヶ里の暮らし|トークセッション OK COFFEE福山さん

【「表現する場」の重要性】吉野ヶ里の暮らし|トークセッション OK COFFEE福山さん

「シャッター商店街」という言葉が取り沙汰されるようになった昨今。大型ショッピングモールやコンビニの台頭、店主の高齢化などさまざまな要因で衰退している商店街の問題は、どの地域でもよくある話なのではないだろうか? 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町もその一つ。吉野ヶ里公園駅という町に唯一ある駅前からまっすぐ伸びた先に商店街が……「本当にあった?」と誰かに問いたくなるくらい寂れている。そんな場所にあえてカフェを開き、町を盛り上げようとしている人がいた。 OK COFFEE Saga Roa

19
雨上がり
+3

雨上がり

他者の視点

他者の視点

集団で写活をする「山陰写真同好会」 コミュニティに入って 普段なら関わらない人と出会うきっかけをくれたのも、このコミュニティで繋がった。 ズバリ‼️ ひとりでも面白いですが、集団になるともっと面白い。 自分には見つけられなかった風景があったり、同じ景色を見ているはずなのに、撮って出しした写真を見ると全然違ったり。 「他者の視点」を感じることができるのもフォトウォークの楽しみ方。

4
長屋的な生活

長屋的な生活

「さっき、〈まるいち〉でお刺身食べたでしょ」 夕方五時の開店を待って、中華料理の「ポパイ」に入ると、女将さんがにっと笑って言った。 昼間、夕方にポパイでラーメンを食べたいから、ちょっとだけお刺身をつまみたい、と「まるいち食堂」で話したのが、もう伝わっている。 「情報が早いですねー」 「そりゃそうよぉ」 笑って、カウンター席に座った。 長屋的な生活、という言葉が浮かぶ。 長屋で暮らしたことはないけれど、人生の一時、マンションで長屋的な暮らしをしたことはあった。

7
夕暮れの商店街

夕暮れの商店街

平日の夕暮れどきーー風景が、ぼんやりとした薄闇に沈むころ。 商店街から人影が消えて、ふと、ジオラマの町を独占したような、お得な気分になる。 三崎港の夕暮れは、不思議とさびしくない。 明日にはまた、からっと晴れた活気に包まれるとわかっているから、「今日はここまで」と、ゲームをセーブするようなわくわく感が残る。 泊まった日は、「また明日」。 日帰りで来たときは、「また今度」。 なにか目的があるわけではないけれど、この港町はどうしてか、いつまでも歩いていたくなる。

8
暮らすように歩きたい〜本のひととき〜

暮らすように歩きたい〜本のひととき〜

「またいつか歩きたい町 私の町並み紀行」森まゆみページをめくりながら心が踊った。 町歩きが好きだ。人通りは少なくていい。お店巡りではなく、その町の暮らしの気配を感じるのがいい。軒先の植木鉢とか町内掲示板とか。 メインの通りから猫のように、路地にスイッと迷い込むのもいい。 本書に紹介されているのは国内の古い町だ。古いけれど、さびれてはいない。住民たちが力を合わせ守っている。 すべてが昔のまま…とはいかないけれど、手を入れたり、時代に沿うようにして共存してきた。そこには町

6
待ち空
+1

待ち空

「遺跡だけだと思ってない?」【佐賀の暮らし観光案内所 vol.1〜吉野ヶ里町編〜】

「遺跡だけだと思ってない?」【佐賀の暮らし観光案内所 vol.1〜吉野ヶ里町編〜】

ここは、佐賀の暮らし観光案内所。 佐賀県に暮らすプレイヤー5人が、20市町に住んでいる「人」を訪ね歩いたダイアログ。 主役はその土地で暮らす人や生活だ。私たちは、地域に生きる人たちと「友達」になれるような観光を「暮らし観光」と呼び、地元目線で案内してもらった町歩きでわかったことをみなさんに紹介していく。 案内所メンバーがなぜこの「佐賀の暮らし観光案内所」を始めたか?については、下記の記事より。 控えめにいって最高!だった吉野ヶ里町吉野ヶ里町といえば、「吉野ヶ里遺跡」それか

25
街歩きの記録 ベンチ

街歩きの記録 ベンチ

草が生い茂り、自然に還りそうな木製ベンチ。 このベンチはもともと『健康ベンチ』という名前で、ストレッチができるベンチとして設置されていた。 現在は説明書きの看板も色褪せ、顧みる人もいない。 #町歩き #街歩き