友人を招いて夕食会

シチリア島の州都、パレルモからの発信。 ボンジョルノ。

昨日の土曜日、友人夫妻を招いて食事会をしました。 7月の半ばから時々人を呼んで、昨日で4回目。 元々来客の多い我が家だったのですが、去年は前半は私の仕事が超忙しく、後半は体調悪くて全くホムパをしない一年でした。 夏にドイツから一週間友人が遊びに来た時には毎日一緒にお料理したのと、大晦日に友達を呼んで年越しのディナーをしただけでした。

今年

もっとみる
有難うございます。 嬉しいです。
27

洞窟の姉妹と干し肉のクスクス

洞窟に住む姉妹といっしょに暮らした。場所はチュニジア南部の小さな村。チュニジアは北アフリカの小さな国だ。

村はほとんど廃墟になっていて、そんな中でまだ2家族が暮らしている。

かつては3500人くらいがこの村に住み、自給自足の暮らしをしていた。

オリーブオイルを「ゲルバ」というヤギの皮で作った水筒に入れてラクダに積み、隣国リビアに売りに行ったり、動物の乳から作ったチーズを売ったりしていた。

もっとみる
すごく嬉しいです!ありがとうございます!!
1

異国のあるある、を言いたい

日本から7,600km離れた異国に住んで15年ほど。「この国のあるある」なのか、はたまた「パートナーのあるある」なのか定かではないけれど、お伝えしたい。題して、

異国のあるある、を早く言いたい。(パクリ過ぎ問題)

|雑巾を絞れない問題

えっ?マジか、と驚いたことのひとつ。

雑巾、布巾、タオル、絞らねばならんものを絞れない。なので、次に使おうと思うとビッチョビチョ。なんなら床に水溜りが出来て

もっとみる
またスキになってもらえるように書きます。
9

With コロナ(フランス)

今週は、コロナと共存するフランスからです。

こうして記事を書いている私も、毎日幸せに生活が送られているわけですが、コロナは生活の中に深く浸透しています。

自宅規制がとられた3月~5月に比べれば落ち着いたというものの、新たにクラスターが各地で発生、先週からはフランス各地の限られた場所では外でもマスク強制着用、着用していない場合は罰金がとられたり、地方のビーチでは所々閉鎖するところも増えてきました

もっとみる

直径40cmのお皿に山盛り。まだまだ消費しなくてはいけないトマトが沢山ある。今日もトマトのサラダを食べなくては。

有難うございます。 嬉しいです。
24

やり残したことはないか

先日インスタライブで大学サッカー部の同級生、相馬將夏(Soma Masaka)と話をした。

將夏は大学卒業後も日本でサッカーを続け、今年モンゴルでプロ契約を勝ちとった。

去年のシーズン終了後。先輩とのやり取りの中で、「やり切りました」と伝えたという。すると先輩は、「やり切った何てすごいなおまえは」と。

そこでハッとしたという。本当にやり切ったのかという自問自答の日々。そこからチームも辞め、仕

もっとみる
嬉しい!ありがとう!
3

アグリツーリズモで食べたナスのハンバーグに挑戦

シチリア島の州都、パレルモからの発信。 ボンジョルノ。

先週の今頃はシチリア内陸のアグリツーリズモにお邪魔していました。 お料理は何からなにまで美味しいのですが、初日のランチに食べた「ナスのハンバーグ」が印象的。 シチリアはナス料理が色々とありますが、突き詰めていくとそれ程変化球が出てこないのです。 揚げて、トマトソースとチーズ・・・・的な物が多いです。 

トップの写真はそのアグリツーリズモで

もっとみる
有難うございます。 嬉しいです。
34

〜パートナーとの料理の時間〜

今、メルボルンは冬真っ只中。

かと言って日本ほど凍えるくらい寒い日はたまにあるくらいだけど、最近町の中心部で雪が降った。。♪

さて、私の日々の楽しみは、、、

パートナーと一緒に料理すること

二人とも元料理人で自然と二人でキッチンに立つことが多い!

(好きな人と一緒に楽しめることが料理っていうのは、私の中ですごい大きな幸せなこと!)

夜になると…

何を食べようかと冷蔵庫の前で二人考えて

もっとみる

日仏デザイン論 ~ 教育アニメにおける日仏デザインの違い

今日はフランス人同僚と話していて面白かった、アニメーションデザインに関する話題を取り上げたいと思います。

その同僚曰く、

「日本のアニメは素晴らしいとよく言われているけれど、子供向け教育アニメは特に素晴らしい。

何が素晴らしいかって、作画はもちろん、教育・道徳的要素を散りばめながらストーリーとしてあれだけ子供の興味を引くことができるなんて!!そういう親が進んで見せたいアニメの番組って、フラン

もっとみる
あなたが思ってる以上に嬉しいです、Merci~~~~~🦥!
22

即席ベビーシッターで「お母さん」擬似体験

昨春に出産した友人が8月から仕事に復帰することになり、私は15ヶ月の子供のお世話を1ヶ月することになった。

事の経緯は2ヶ月ほど前、久しぶりに友人と近況報告をしあった時に始まる。私は「コロナで失業しましてん」と伝えると、友人は「8月だけ週2〜3日、子供のお世話をしてくれる人を探している」という。

友人は、出産後すぐに近所のデイケアに登録したけれど空きが出ず、藁にもすがる思いでFacebookの

もっとみる
スキありがとうございます!
5