「日本の城下町を愉しむ」一覧 東日本編(北海道・東北・関東甲信越)

「日本の城下町を愉しむ」新規投稿はとりあえずひと段落です。
 これまで掲載した城下町のリストを、3回に分けてお届けします。

★中日本編 https://note.com/kuroda0805/n/n29fb7ad68368
★西日本編 https://note.com/kuroda0805/n/n89b0b8f2b1e1

日本最初の国際貿易都市/各所に残る「箱館戦争」ゆかりの地/函館市
htt

もっとみる
作家・江戸歩き案内人の黒田涼です。気にいっていただき嬉しいです。
1

東日本各地に半額で行ける!?トクだ値スペシャル!

どうも、こんにちは
Fumi Tripの鞍馬ふみです。

いや〜続いてます!毎日投稿!
次の目標は2週間継続ですね。

今日はJR東日本が発表した"あるキャンペーン"について

7/7にJR東日本がこんなキャンペーンを発表しました!
その名も

「お先にトクだ値スペシャル」

名前だけじゃ
いったい、何のキャンペーンかわかりませんよね笑

簡単に説明すると、
ある区間の新幹線、特急列車を含む
普通

もっとみる
よければフォローもお願いします<(_ _)>
11

【寄稿】3.11の悔しい思い 強い組織は被災や失敗の記録を伝承・保全するー【執筆】長濱 和彰

プロローグ

3.11の忘れられない悔しい思い―「津波でんでんこ」
 毎年3月になると東日本大震災の記憶が蘇ってきます。肉親や友人を亡くされたり被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。著者も阪神大震災で神戸の実家を失い、家の整理に奔走する最中に、中学時代の親友が亡くなっていたことを知って愕然としたことが忘れられません。
 記録情報管理やアーカイブ研究者として、残念でならないことは「津波でん

もっとみる

4皿目|3月11日のパテ・ド・カンパーニュ/厨房ベルエポック

揺れが収まるとまず、シェフは「とりあえず」と言った。そして続いた言葉は……。

連載「厨房ベルエポック」

日本一のレストランを目指し、
今日も腕をふるう83歳の現役シェフ。
その夢と情熱に巻き込まれ、
美味しくて、ちょっとおかしな日常を送ることになった
フランス料理店の家族を描く
ノンフィクション・エッセイの第4話です。
   
お店やシェフの詳しい紹介、目次などは
「【最新版】プロローグ|83

もっとみる
ありがとう!
19

東日本大震災から9年。あの日の教訓を基に命を守る行動をしなければならない。「まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ!」と投資家ジョージ・ソロスが語っているが、資産運用だけでなく人生そのものに当てはまる教訓だと思う。
http://investor-brain.com/archives/7116

東日本でまた地震。しかも、北海道と福島県沖がほぼ同時とは…

嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

貴重なカール

1968年に発売された「カール」

初めて食べたのは子供の頃。「なんておしいしいんだ!」と思った。

『ひぐらし日記  その8 ~虫編~』にも、テレビを見ながら カールを食べる弟と私が描かれている。

チーズ味に続いて、カレー味、うす味などが出たが、やはり チーズ味が 1番好きだった。

なぜ「だった。」と、過去形で語るかというと、ご存知の方も多いと思うが

2017年 8月をもって、東日本での販

もっとみる
スキありがとうございます^^
52

【稼いだ俳句でエモくなる!~令和時代の尾崎的(!?)俳句~】

(1)

●「スナック菓子 カール・ゴッチは 何処行った!?」

スキ、有難うございます!!
6

3.11を思うと「うしろめたさ」が心の奥のほうから湧いてくる

3月11日。

8年前の震災があった日のことは今でもよく覚えている。

当時は仕事をしながら職場に映るテレビをちらっと見て、地震があったことを知った。その後、家に帰って改めてテレビをつけるとその規模が甚大であることに気づいた。

ツイッターでも情報が錯綜し、何かしなければと思いながらも目の前の仕事もあるので被災地にボランティアに行くこともできない。

もしかしたら自分が暮らす関西にも地震がくるかも

もっとみる
「スキ」のクリックありがとうございます!
3