大熊町情報note

福島県大熊町の「今」と「これから」をたくさん発信していくページです。 新たな出会いの場を作り、輪を広げるために、 大熊町の今がわかる情報をジモットワーカーメンバーが更新していきます。 ぜひ、スキ、フォローよろしくお願いいたします☺ ※ヘッダーで大熊町の四季もぜひお楽しみください!

大熊町情報note

福島県大熊町の「今」と「これから」をたくさん発信していくページです。 新たな出会いの場を作り、輪を広げるために、 大熊町の今がわかる情報をジモットワーカーメンバーが更新していきます。 ぜひ、スキ、フォローよろしくお願いいたします☺ ※ヘッダーで大熊町の四季もぜひお楽しみください!

マガジン

  • おおくままちの"おもせ〜ひと"

    「おもせー」とは、大熊町の方言で「面白い」という意味。 ・大熊町で新しいことをはじめる人 ・大熊町でユニークな活動をされている人 ・町外出身にも関わらず、大熊町に強い思いのある人 …などなど、大熊町に関わる、個性豊かな「おもせ〜ひと」に数珠つなぎ形式でインタビューをする企画です。

  • お仕事情報

    大熊町のお仕事の情報を公開しています。 お仕事探しに活用いただくのはもちろん、周囲の方で掲載情報のような求人をお探しの方がいらっしゃったらぜひ情報共有してみてください。

  • 地域活動拠点情報

    地域活動拠点KUMA・PREのイベント情報やレポートを紹介しています。

  • ジモットワーカーとは

    ・ジモットワーカーがどのような活動をしているのか ・どうやって登録するのか といったジモットワーカーの基本情報をまとめています。 まずはここからご覧ください!

最近の記事

『フルーツガーデン関本』のキウイフルーツ直売所が、大熊町に1日限定で帰ってきます❗

大熊町にフルーツガーデン関本が帰ってきます と、いうことで❗ 2022年11月3日(木)、大熊町の『旧フルーツガーデン関本』にて、1日限定で直売会が行われます❗❗👏 ■大熊町直売所・一日限定復活祭 日時・・・2022年11月3日(木・祝)午後12時~16時まで 場所・・・旧フルーツガーデン関本(大熊町下野上字原43) 内容・・・キウイの直売会・試食(コミュニティスペース有り)   また、震災後に千葉県香取市へ拠点を移して活動を続けている 『フルーツガーデン関本』の最新情

スキ
1
    • 諏訪神社の近況①

      以前、大熊町巡り記事でちらっとご紹介した 『諏訪神社』 ※その時の記事はこちら↓ 修復工事が着々と進む中、7月には『相馬野馬追』に向けて、大熊騎馬隊の安全祈願式を執り行う事ができましたね😊↓ そんな諏訪神社。 最近の様子、気になりませんか?🤔 という事で、行ってきました~😆(実は頻繁に行ってます💦) 同級生はなにやら作戦会議(?)中だったので、声を掛けずに見学をしてきました。 この日は、石屋さんが工事を行っていました。 写真を撮ってて気が付く・・。 「あっ、新し

      スキ
      2
      • カーシェアの実証実験『オートシェア』が始まります。

        ネットニュースでも話題になっております。 『ゼロカーボン達成で協定 大熊と出光、超小型EVの実用性検証』 ※福島民友新聞のタイトルを抜粋 10月1日、早速見つけました~😆 大野駅東口に止まっていました❗ 可愛らしいまあちゃんラッピングの超小型EV車です💕 大熊町役場にはこちら↓がありました😊 期間は来年の3月末までとの事。 会員登録が必要になりますので、そこだけご注意下さい🙇 気になった方は、ぜひ大熊町にお越し下さい🤗 以上、『ネットの気になるニュースを取り上

        スキ
        1
        • 「一生ここにいたい」 出会った町の人の強さと優しさに惚れて。【おもせ〜ひと vol.6】

          福島県大熊町の”おもせ〜ひと”(=面白い人)を数珠つなぎ形式でご紹介するインタビュー企画「おおくままちの”おもせ〜ひと”」。 6人目にご紹介する”おもせ〜ひと”は、2019年4月に大熊町へ移住し、大熊町をフィールドに幅広く活動されている佐藤亜紀さんです。 「おもせ〜ひと」の連載をはじめるにあたり、「誰にお話聞くと良いですかね?」と色々な方にお伺いしたのですが、どなたに聞いても真っ先にお名前が上がったのが亜紀さんでした。 とっても気さくなお人柄で、町やイベントでお会いする

          スキ
          6

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • おおくままちの"おもせ〜ひと"
          大熊町情報note
        • お仕事情報
          大熊町情報note
        • 地域活動拠点情報
          大熊町情報note
        • ジモットワーカーとは
          大熊町情報note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          お客様感謝祭・開催のお知らせ

          ~大熊町でのイベントのお知らせです😊~ 大熊町の大川原地区にある 『大熊町交流ゾーン』 にて、10月15日(土)から17日(月)の3日間 ~お客様感謝祭~ を開催します❗👏 10月15日は、 『一周年記念式典』 を、 『Iinkる大熊』にて開催❗ 15・16日の2日間、出店も出店します❗😆 詳しくは、10月1日号の『広報おおくま』に同封されているチラシ又は、 『交流施設Iinkる大熊』までお問い合わせ下さい❗ 交流施設Iinkる大熊 ●お問い合わせ電話番号・・・

          スキ
          3

          KUMA・PRE、10月・11月ワークショップのお知らせ

          秋の気配が感じられるようになってきた KUMA・PRE 地域です。 KUMA・PRE で行われたイベント等でお休みしていた、CTS様によるWSが10月より再開致します😊 10月はこちら❗↓ 『ヨガ』ですよ~🤗 こちらは予約制になっております(参加費が3,000円になります) 1日2回、各回の定員は15名となっております。 すでに予約の受付が始まっております。 皆様のご予約、お待ちしております🙇 そして、11月はこちら❗↓ こちらは予約不要です😊 4種類のオリジナル

          スキ
          1

          ふらっとクマプレ、大盛況でした!

          2022年9月17日(土) KUMA・PRE にて過去最大級のイベント 『ふらっとクマプレ』 が開催されました😊 前日まで準備に追われ、当日の朝もバタバタな現場でした💦 開催時刻の午前11時を前に、お客様が集まり始めていました。 今回のイベントは内容が盛りだくさんでした❗ 今回、大熊町の昔懐かしい行事の一つである『芋煮会』でよく食べていた『豚汁』を無料で提供致しました。 ご協力くださった皆さまに、改めて感謝とお礼を申し上げます🙇‍♀️ その脇では、大川原でお野菜を

          スキ
          6

          帰忘郷・酒米の収穫日は晴天なり❗

          大熊町の商業施設前の広場が賑わっていた晴天の日、大熊町のお米を使った日本酒『帰忘郷』へ使用する酒米の稲刈りが行われました😊 『実りの秋』という言葉がピッタリなほど、稲穂にぎっしりと実を詰めていました😆 田植えの時と同様、稲刈りにも観客が訪れていました。 開始の合図と共に、コンバインが勢いよく刈り取りを始めました😮 などと、ちょっとよそ見をしていたら・・・ 驚きの早さで、1面を刈り終わっていました😮 今年も無事に稲刈りが終了しました❗ すでに、酒の仕込みが楽しみでな

          スキ
          3

          標葉祭り・大熊にて開催❗

          今月は、ほぼ毎週土曜日がお祭りの KUMA・PRE 地域です😊 先週の『なつ祭りinおおくま』に続き、『標葉祭り』が大熊町の大川原地区にて開催されました❗ 最高の天気に恵まれたお祭り当日は、開始直後から大勢の観客で賑わっていました😆 『標葉』の名の通り、浪江・葛尾・双葉・大熊の4町村はもちろんの事、近隣市町村も参加しての賑やかなお祭りとなりました😆 祭り開始の口上を述べた大熊騎馬隊の小野田さん。 7月の『野馬追』以来、小野田さんの勇姿を再び見られました❗ 皆様ご存じ

          スキ
          4

          移住のターゲットは"イノベーター"、ここは未来広がる町。【おもせ〜ひと vol.5-2】

          福島県大熊町の”おもせ〜ひと”(=面白い人)を数珠つなぎ形式でご紹介するインタビュー企画「おおくままちの”おもせ〜ひと”」。 今回ご紹介する”おもせ〜ひと”は、前回に引き続き、おおくままちづくり公社で移住促進のお仕事をされている山崎大輔さんです。 ⏬山崎さんのインタビュー記事前半はこちら⏬ 移住促進は人口が減少し続ける地方の自治体に共通する課題ですが、大熊町は8年間人が住めなかった地域。 一筋縄ではいかない移住促進にどのように取り組むのか、町に集まるのはどのような人たち

          スキ
          8

          豊富な海外経験を経て、縁もゆかりもない大熊へ飛び込んだ理由【おもせ〜ひと vol.5-1】

          福島県大熊町の”おもせ〜ひと”(=面白い人)を数珠つなぎ形式でご紹介するインタビュー企画「おおくままちの”おもせ〜ひと”」。 5人目にご紹介する”おもせ〜ひと”は、おおくままちづくり公社で移住促進のお仕事をされている山崎大輔さんです。 山崎さんの勤務地は大熊町移住定住支援センター。 震災前は児童館だった施設で、体育館は町の歴史や文化を紹介する展示スペースとして活用されています。 インタビューが始まる前、山崎さんにパネルを使って町の紹介をしていただきました。 山崎さんは

          スキ
          5

          「サイバーボッチャを広めたい」大熊町にやってきた、2人の大学生【おもせ〜ひと vol.4】

          福島県大熊町の”おもせ〜ひと”(=面白い人)を数珠つなぎ形式でご紹介するインタビュー企画「おおくままちの”おもせ〜ひと”」。 4人目に紹介するのおもせ~ひとは、大熊町で学生インターンとしてサイバーボッチャの普及活動を行なっている、鈴木亮太さんと天野友貴さんです。 2人は、大学の夏休みを利用して1か月間大熊町に来ています。 震災を経験し、福島の復興に協力したい鈴木さん。 自身も障がいがあり、スポーツを通じて障がい格差をなくしたい天野さん。 2人はなぜ大熊町に来たのか、なぜ「

          スキ
          11

          大好きな花で、高校時代を過ごした大熊を彩りたい【おもせ〜ひと vol.3】

          福島県大熊町の”おもせ〜ひと”(=面白い人)を数珠つなぎ形式でご紹介するインタビュー企画「おおくままちの”おもせ〜ひと”」。 3人目にご紹介する”おもせ〜ひと”は、大好きな花で大熊の盛り上げを考えるTさんです。 ジモットワーカーのお茶会で紹介していただきました。普段はzoomで町の様子などを情報交換されているそう。私達インターン生も温かく受け入れてくださいました。 大熊で過ごした高校時代や、大好きな花で町を彩りたいという思い。大熊町の交流スペース「クマプレ」で計画中のワー

          スキ
          7

          「大熊の実家に帰りたい」妻の思いを支え続ける、元自衛官。【おもせ〜ひと vol.2】

          福島県大熊町の”おもせ〜ひと”(=面白い人)を数珠つなぎ形式でご紹介するインタビュー企画「おおくままちの”おもせ〜ひと”」。 2人目にご紹介する”おもせ〜ひと”は、大熊町の交流スペース、「クマプレ」に勤務されている、吉田喜一さんです。 インタビュー開始前、席についた途端「私は何もしていません!」と1人で「取調べごっこ」を始める、そんなお茶目な一面もある喜一さん。 (喜一さんのお茶目な一面が垣間見える過去の記事がこちら:https://note.com/okuma_tow

          スキ
          8

          9月の飾り付け

          9月に入り、バタバタとした日々を過ごしているウチに、気が付いたら飾り付けが変わっていた KUMA・PRE です💦 ・・と、いう事で、今月はミスターの飾り付けの様子を見ることが出来ませんでした😭 しかし! ミスター渾身の毎月の飾り付けを紹介しないわけにはいきません❗❗ それでは、ご覧下さい❗ テーマは 『🍁秋🍁』 だそうです(そのままですね😅) KUMA・PRE 地域の紅葉はまだちょっと先ですが、この地域には紅葉がとても綺麗な渓谷が何カ所かあります。 そちらも今後、

          スキ
          2

          庭に大の字になって寝っ転がった時に感じた、自分が戻るべき場所。【おもせ〜ひと vol.1】

          福島県大熊町の”おもせ〜ひと”(=面白い人)を数珠つなぎ形式でご紹介するインタビュー企画「おおくままちの”おもせ〜ひと”」。 記念すべき1人目にご紹介する”おもせ〜ひと”は、大熊町の交流スペース、「クマプレ」に勤務されている、吉田幸恵さんです。 幸恵さんは、私たちインターン生の"お母さん"的存在。 インターン初日には、ご自宅の庭でBBQをして迎えてくださったり、たまに幸恵さんのお家で色々なお話をしながらご飯を食べたり。 業務で困っている時にも、アドバイスをしてくださっ

          スキ
          10