摂食障害になってるサインと、体重にこだわるのは何故か?

今回は、
摂食障害になっているサインと、
体重にこだわるのは何故か?
を書いていきます。

摂食障害のサイン

過度なダイエットやストレスで暴飲暴食する事は、人間だれしも経験あるかと思います。

摂食障害ではない人は、食べ過ぎても、そこまで自分を責めたりしません。
「あ~、食べ過ぎちゃった」
「また明日からダイエット再開しよう」
くらいにしか思いません。

しかし、摂食障害の人は、それが許せません

もっとみる
嬉しいです。励みになります!
2

美味しくご飯が食べたい

私は中学3年の時に摂食障害でした。
当時はダイエットの延長線上くらいで自覚していませんでしたが、明らかにそうでした。
もし、今苦しんでいる中高生がいて少しでも寄り添えるなら…と思ってこの記事を書くことにしました。

※注1 医学的な知識はありません。私の経験ベースのお話です。
※注2 拒食症にフォーカスがあたっています。

▼目次
1.摂食障害について
2.拒食症になったはなし
→①~④
3.

もっとみる
わたしもスキ~!
7

SLE発症。1回目の入院生活と症状&治療まとめ

高校2年の夏、突然わたしは高熱に襲われます。
39度の熱が1週間程度下がらず、病院へ。
インフルエンザなら薬を飲めばすぐ治るし、39度の熱が1週間も続いたことがなかったので、もう本当にしんどくて…。
熱がいつまでも下がらないので、入院することになりました。

入院してから、背中が痛くなってきて、胸部CTで水が溜まっていることが判明。
その結果、SLEとして…プレドニン(ステロイド)20mgを飲み始

もっとみる

拒食症と過食症は二つで一つ。

私は食事の【普通の量】が分かりません。

腹が千切れるほど食べる



ぶっ倒れるまで食べない

この2択しかない。

苦しい。

最初はただただ、やせて綺麗になりたくて
それなのにいつの間にかこんなにボロボロになって
いつからこうなってしまったんだろう

痩せ方が ご飯を食べない 以外分からない

いや分かるけど…
健康的なご飯を適量食べて運動すればそのうち健康

もっとみる

行き着くところまで辿り着くことで、自分の「限界値」を認識しその先に進むことを思い留まる、ということ

みなさん、こんにちは。今日は、行き着くところまで行ったことで見えた景色、みたいなことについて書きたいと思います。

1 食べること

毎日繰り返される(繰り返してしまう)過食嘔吐が辛くて、会社を辞めざるを得なくなった時、当時通っていたカウンセラーさんに「辞めたら何をしたい?」と聞かれて

「とりあえず、貯金が無くなるまで、食べたいだけ食べて、寝たいだけ寝たい」

と言っていました。

それからは、

もっとみる
あっ、ありがとうございますぅ。照れますねぇ~
6

スポーツ選手に多い「拒食症」はどうしたら防げる?

今日は気になるnoteを見つけました。

高校生のラグビープレイヤーの方による、「ご飯食べられなくなった事変」です。

中学2年生のときに「食べなければいけない」という強迫観念から拒食症状態になってしまったという辛い経験が綴られています。

スポーツ選手の摂食障害というと、女性アスリートの問題のように言われています。

確かに女性アスリートの摂食障害有病率は20.1%と非常に高く、問題になっていま

もっとみる
気に入っていただけて嬉しいです。
7

摂食障害VS私

小学6年生から、摂食障害と戦っております。

なった原因は追い追い書くとして、自粛期間中絶望していました。

中学3年生で拒食症が治り、過食症へ
今年2月中旬に、過食症を治した自分にとって地獄の期間でした。

お昼ご飯はおにぎり1個。
夜ご飯はお弁当を塾で食べる。
周りに他人が居る環境でしか食べないようにし、飲食禁止の部屋に強制的に身を置いていた自分にとって、
「また過食に走ってしまうのではないの

もっとみる
あなた、優しいね!
2

血液検査で発覚!まさか自分が病気になるとは

最初に異変に気付いたのは確か中学生の頃。
寒い日は見たことないくらい手が真っ白になっていたんです。それがいつのまにか、グレーになっていた。UNIQLOのダークグレーのスウェットと同じ色に。
その時はただ血色が悪いだけ、むしろ変な色の手を友達に見せて笑っていました。

でもそれは、「レイノー現象」という、SLEでよく見られる症状だったことは、これより数年後に分かります。

そして高校時代。
わたしは

もっとみる

理想がただ自分を苦しめる道具になってる

皆さん自分のなりたい理想ってありますか?

私はあります。その理想が現実的ではなさすぎて病気になる程です

普通「理想」ってキラキラしてて前向きで自分を良くしたり成長させてくれるものですよね。

なのに私の理想は自分を落として現状を悪化させてドロドロしてるものなんです。

無駄な肉がなくて、綺麗で、可愛くて、ガリガリで折れてしまいそうな程細い

まぁ〜無理なんですよ
無理無理無

もっとみる

はじめに

noteを選択して良かったのか、ブログの方が良かったのか、まだよく分かっていないのですが…とりあえず書き始めてみようかと思います。

ここでは、わたしが16歳で膠原病の一種SLE(全身性エリテマトーデス)を発症し、その後摂食障害に陥り、166cmで32kgという激痩せ状態になりながらも、大学受験勉強をして、京都大学に現役合格した記録を記しておきたいと思います。

わたしは自分がSLE、摂食障害にな

もっとみる