#232 共犯をデザインする

みなさんこんにちは☀️
元高校教師による若者の進路サポート👍🏻NPO法人【スイッチ】代表(仮)のだーやまです‼️
このnoteは進路サポートに関する情報を平日は12時、土日は時間を決めずに【毎日投稿】しています😊

※このnoteは#201以降1部有料となりましたが、記事を購入して頂くとページ上部にスポンサー広告として載せたい情報と名前(任意)を記載し、その記事は全文無料公開となります😁

もっとみる
ありがとうございます!モチベーション上がります😁
3

【画像でみる人民新聞】12月15日,1702号 5面

5面は地方自治の記事が充実
<上段>グリーン市民ネットワーク高知の下京ゆりさんによる記事。11月24日に投票が行われた高知県知事選挙。自民・公民のみならず、民主党高知県連や社会民主党の推薦で出馬した尾崎正直氏。2007年から2019年まで知事を続けたものの、後継に浜田省司(自・公民推薦)を指名し自身は次期衆議院選で国政を目指す。選挙は前知事による応援を受けた浜田氏に、立民県連・国民県連・共産・社民

もっとみる

政治に興味のない友人と飲んでみた

私、中学生くらいの時期から社会(歴史と公民)が大好きで、気がつくと大学では政治系のゼミに入っておりました。ゼミでは現代政治と選挙について勉強してました(微かな記憶)。

あるとき、ゼミの課題で「選挙において若者の投票率を上げるためにはどうすれば良いか」みたいなテーマで話し合う機会がありました。

そこで私は、ちょっと政治をかじったゼミのメンバーなどではなく、全く政治に興味のない友人の意見を聞きたく

もっとみる

なぜ選挙に行かないのか

昨今、選挙の投票率が50%ほどになっていますが、投票に行かない人は一体何を考えているのでしょうか。何も考えていないのでしょうか。

国や市町村の議員を決めることというのは、政治を決めるということ。政治というのは、憲法からさまざまな法律、条令、制度を決めるということ。この説明だけでも十分重大なことだとわかりますが、もっとわかりやすくいうと収入や支出、税金、学校、仕事、生活に多大に影響することを決める

もっとみる
読んでくれてありがとう!

投票率を25%上げる【とっておきの質問】

人に協力を促すのは簡単なことではありません。しかし、その前にある質問をすると、承諾率が25%も上がるのです。今日は「説得力を上げるために、事前にどんなことをすればよいのか?」を解説します。説得力を上げたい方や寄付でお金を募っている方にはとても有効なテクニックです。ぜひ最後までご覧ください。

事前予測させると承諾率が上がる

承諾率が上がる質問とは「どのくらい~しますか?」と言って事前に予測をして

もっとみる

日本人が政治に興味を持てない理由を考えた

最近知ったのですが、「たかまつななさん」というお笑いジャーナリストを名乗る方がいます。

彼女は芸能事務所に所属しながら、若者の投票率や政治に対する関心度を高めるべく、「笑下村塾」なる団体を設立してさまざまな活動に取り組まれているそうです。

この取り組みは素晴らしいことだし、ぜひともがんばってほしいと思います。

ただ、ぼくとしては、彼女のnoteやYouTube動画などを拝見し、取り組まれる姿

もっとみる
とてもうれしいです!
11

民主主義を取り戻すための若者の挑戦

戦後2番目に低い低投票率をどう乗り越えるべきか?

7月21日投開票の第25回参議院選挙。
投票率は50%を切り、戦後2番目の低さという結果に終わりました。

政治への関心を高めようと活動している私たちにとって、
この結果は非常に悔しく残念なことでした。

今回のことを反省し、今後の活動へつなげていくため
「参院選振り返りSP 戦後2番目に低い投票率をどう乗り越えるべきか?」をテーマにYouTub

もっとみる
感謝の限りです。
32

③《組織づくり》学生が海外からプロジェクトを創設。完全リモート・U30世代でつくりあげた2週間の記録。

NO YOUTH NO JAPANは、立ち上げメンバーは当時全員デンマークにおり、メンバーをオンラインで募り、全ての活動をリモートで行うという変わった活動形態をとりました。

オンラインだけでどのようにコミュニケーションをとったのか、どのようにプロジェクトを進めたのか?
私たちの経験は、他の様々なオンライングループでの活動に通じるものがあると思います。そこで、今回は「完全リモート・U30世代で作り

もっとみる
ありがとうございます!
3

②《instagram》1週間で1.5万人のフォロワーを獲得したInstagram戦略のすべて

こんにちは。
NOYOUTH NOJAPAN参院選2019運営メンバーの瀧澤千花です。
noteで活動資金が集めたい「NO YOUTH NO JAPAN をnoteでサポート」第一弾の記事は、私たちの自己紹介でした。読んでくださった方々、ありがとうございます!

第二弾は、Instagram戦略です!
題して、「1週間で1.5万人のフォロワーを獲得したinstagram戦略のすべて」

「NO Y

もっとみる
ありがとうございます!
9

①《自己紹介》「NO YOUTH NO JAPAN 参院選2019」とは何者だったのか?

こんにちは。
NO YOUTH NO JAPAN代表の能條桃子です。

noteで活動資金が集まるのか?という無謀に思えるチャレンジ「NO YOUTH NO JAPAN をnoteでサポート」第一弾は、自己紹介をお送りしようと思います!
題して、「『NO YOUTH NO JAPAN 参院選2019』とは何者だったのか?」

「NO YOUTH NO JAPAN 参院選2019」はU30世代の投票

もっとみる
ありがとうございます!
6