参院選、埼玉補選に思うサイレントマジョリティー

令和元年10月27日(日)

参議院埼玉県選出議員補欠選挙が行われる。

当初,候補者は1名で選挙を行おうとしていた。なぜかわからないが、与党も野党も、候補者を立てない・・・・・・・・・・・・・信じられるだろうか?22億円の税金が投入されると言うのだから驚きだ!

投票率の予測は20%〜30%だそうだ。

民主主義として20%〜30%で代表を決めてしまって良いのだろうか?

今回、急遽N国党の立花

もっとみる
ありがとうございます😊

れいわ新選組がぶっ壊されそうな様子です

N国の立花党首が埼玉補選への立候補を宣言しました。上田元知事との一騎討ちとなる様子です。

選挙戦のテーマは「消費税5%に戻し、税率下げて税収アップ。NHKのスクランブル放送実現は一番下」と公約を掲げた。副党首の丸山穂高衆院議員、会派を組む渡辺喜美参院議員らが応援に駆けつけて「既得権益をぶっ壊す! NHKをぶっ壊す! 立花孝志でぶっ壊す!」と拳を突き上げた。

唸ったのは「消費税5%」が公約になっ

もっとみる

港区の黙示録-20190929編-

今日は獣医さんのところに行ってきたのであるが、帰路にかなり大きめな民間機が飛行ているのを見た。しかし、ぱっと見で飛行検査の高度よりはるかに高かったのだがキッチリと騒音で気が付いたのだから、これから先に起きることは騒音地獄のようなものだろうと思う。

誰もが夜間に寝ているわけではない。また、だれもが防音対策された家に住んでるわけでもないのだ。しかし、国民はハナから諦めているのである。一度反対の署名運

もっとみる
スキありがとうございます。
7

票をどのように分けるのか? 共産党・個人票の秘密!(第25回参院選精密地域分析Part6)

共産党の地図(図1)を公開したとき、「京都で強固な共産党」とか、「インドのコーチでは共産党が強いが、日本のコーチでも共産党が強かったとは」というにぎやかな感想をもらいましたが、京都や高知だけでなく、北海道でも一定の強さがある点は注目に値するのではないでしょうか。これは個人票を見ることでさらに明瞭になってきます。

図1.共産党得票率 第25回参院選(2019年)比例代表

図2.共産党個人票得票率

もっとみる

国民民主党と民社党は似ているのか? 労組の地盤とは何なのか?(第25回参院選精密地域分析Part5)

地域分析の第5回は、国民民主党をとりあげます。まずは比例代表の得票率を概観してみましょう。

⭐国民民主党と原発立地自治体

図1.国民民主党得票率 第25回参院選(2019年)比例代表

 得票率が全国1位だったのは、玉木雄一郎氏の出身地でもある香川県さぬき市です。県内で得票率が高かったのも、前回衆院選で玉木氏が当選した香川2区にあたる地域でした。また、一人区で羽田雄一郎氏が当選した長野県では、

もっとみる

参院選一人区、野党はどの地域で与党の基盤に食い込んだか(第25回参院選精密地域分析Part4)

⭐比例と選挙区

 参院選は、有権者が比例代表と選挙区に一票ずつ、合計二票を投じる制度となっています。

 選挙区では、様々な性格を持つ一人一人の候補者が投票先となるだけでなく、引退や新人の出現も多いため、結果はそうした条件による特殊性を帯びがちです。それに対して主に政党が投票先となる比例代表では、候補者がじかに左右する要因が小さく、党の一般的な勢力を概観することができます。

 このように、比例

もっとみる

参院選レポート

もうし訳ないのですが、こちらの記事は一部有料とさせていただきます。というのも無料で読まれて、Disられた日にはたまったものではないからです。しかし、できれば有権者の皆様にできるだけお読みいただきたいと思っていますので、あたり障りのない部分をできるだけ前半に持ってきまして、その部分に関しては無料で公開したいと思います。

また、恒例ではございますが、私の選挙でボランティアをいただいた方には後程メール

もっとみる
*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ✩‧₊˚バンバン
5

自民党は地方に何をしたか(第25回参院選精密地域分析Part3)

⭐今回の参院選の結果

「自民党はこんなに地方(田舎)の支持を得ているのか。だったら自民党はもっと地方のための政策をやってほしい。今の政策がそうなっているとはとても思えない――」

下の地図を公表したとき、ある自民党の支持者の方からこうした意見をもらいました。この記事をもって、それに対する返信とすることにしましょう。

■図1. 第25回参院選(2019年)比例代表・自民党得票率

■図2. 第2

もっとみる

NHKに届いたメールと所謂「シルバー民主主義」

参議院選挙が終わった。
 投票日だった7月21日の夜、僕は家でテレビのチャンネルを適当に変えながら開票特番を見ていた。
 そんな中、NHK北海道の開票速報番組で紹介された視聴者からのメールに目が留まった。

くま 10代 女性
せっかく18歳から選挙行けるようになったのに、皆言ってることがおじさんおばさん向けばっかり! 私たち向けの政策なんて全然ないしあるとしてもおまけ程度で選択肢がマジでない!若

もっとみる

立憲民主党が伸びた地域では何があったのか?(第25回参院選精密地域分析Part2)

第25回参院選(2019年)の地域分析の第二回は、立憲民主党です。

立憲民主党は、結成直後の第48回衆院選(2017年)と比べ、今回の参院選では317万票の減少がありました。データでは、政党支持率の低下と、無党派層の取り込みが以前ほどできなかったことが明らかとなっています。

まず各社を平均した政党支持率ですが、今回の参院選では4ポイントの選挙ブーストがあるものの、48回衆院選のときの水準には到

もっとみる