技能実習生

法的保護講習を行うとき、まず導入で行う話

先日は一日中、千葉県銚子市にある
某組合様からの依頼で外国人技能実習生の方に
法的保護講習の講師を務めておりました

昨日の技能実習生は全部で30数名でしたが
みんな真面目できちんと講習を
聞いていてくれていました

講習の時間は朝からだいたい夕方まで
前半は入管法についてで午後からは労働法
特に入管法に関しては難しい内容を
いかに分かりやすく価値のある内容にするか
毎回受講生の雰囲気に合わせて

もっとみる

映画『コンプリシティ/優しい共犯』:中国人技能実習生の苦境を温かく描いた佳作

技能実習生として来日した中国人青年チェン・リャンは、劣悪な職場から逃げ出し、不法滞在者になってしまう。他人になりすまして、蕎麦屋に就職し、温かく迎えられるがーー。

移民排斥の動きが進むヨーロッパで近年、移民との交流を描く映画が幾つか日本でも公開されたが、日本でもついにこういう映画が登場した。

日本の制度や現状を真っ向から批判するのではなく、「心温まる」側面が強調されてはいるが、居場所を失ってし

もっとみる
スキへのリアクションメッセージは10種類ありますー!
3

賢い技能実習生のスキームの帰国スキームに脱帽!

賢い技能実習生

働いて借金返済

働いて稼ぐ

すへて仕送りして無一文

逃亡

不法滞在で逮捕

強制送還(日本のお金で、VIP待遇で帰国)

って、受入機関の人の話を聞いた。
すごいな。賢い!

ベトナム人も、知識とネットワークが確立したので、真面目で素直なだけではないそうな。

もっとみる

ごめんなさい、実習生として日本には来ないでください

私自身、日本は住みよくて治安もいい、とても素晴らしい国だと思っています。しかし、どんな国にも悪人はいます。そして、悪人はいつも弱者を狙います。

日本における悪人は、しばしば技能実習生(Technical interns)をターゲットにします。本国で生活が厳しく、日本に働きにくる皆さんは騙しやすく言いなりにさせやすい存在なのです。

まず、生活に困っている皆さんを日本の企業に仲介する「ブローカー(

もっとみる
そんなあなたにはミカン味の飴をどうぞ!
1

無職バースデー

いろんなことがあった1年と言ってしまえばそうかもしれないですが、大体どの人でも1年生きてればいろんな事があると思います。

私はこの1年が勝手に勝負の年だと思い込み、転職で勝負をかけて見事に失敗したわけなんですけども、なんというか転職は慎重に。っていう言葉の通り、やっぱり大事ですよね。

自分としては別に前の仕事を続けていたからって幸せだったのかというと怪しいので、それはもう過去のことだからいいん

もっとみる

技能実習のオキテ

技能実習生は、生まれ育った国を離れて見知らぬ日本で働き、買い物も病院も自ら切り開き行動し、孤独な暮らしをしていく運命にある。
従って、雇用先の会社や監理団体はもちろん、彼らと何らかの接点を持つ日本人は、可能な限り、彼らを守って行くべきだとは思う。

しかし、偏った報道や情報が影響し、あるいは、技能実習生同士での表面的な知識が横行し、かえって彼らは自らの立場を危うくする時がある。

例えば、昨今、何

もっとみる

【技能実習生】について

先日、外国人技能実習生に関する悲しいニュースを見かけました。

愛媛県にある縫製工場でベトナム人の技能実習生がひどい扱いを受け過酷な労働をさせられていたというものです。

★記事はこちら

厳しいノルマを課せられ、朝7時から夜11時まで働く。その間、休憩はたったの15分。洗濯する時間もなく、雨の季節は生乾きの服を着て作業をした。婦人服や子ども服の製造と聞かされ来日したが、実際の仕事はタオルの製

もっとみる
スキありがとうございます🙃
12

新たな在留資格「特定技能」とは

2019年4月より、出入国管理法が改正されます。これにより、新たな在留資格「特定技能」が新設され、人手不足が懸念されてきた業種を対象に、外国人の就労が認められます。これまでは「技術・人文知識・国際業務」でVISAを取ることができましたが、単純労働が認められない上、学歴や実務経験などが必須条件となっていたため、実際は取ることがかなり難しかったようです。今回の「特定技能」の在留資格は、このような条件が

もっとみる
お仕事をお探しの方はプロフのリンクをチェック!
4

入管が「おとり捜査」に民間人を使い、兵庫県警に黙っていた件(その2)

▼前号の続き。兵庫県警は中国籍の社長を逮捕して、送検したが、神戸地検は拘留請求をせず、すぐに釈放した。県警の話。

〈県警の捜査関係者は取材に「入管側から、会社との事前のやりとり内容までは伝えられていなかった」と明かし、「(要請が)事実であれば、入管が犯罪行為に加担したとの指摘を受けかねない。地検はそうした事情を考慮して勾留請求見送ったのでは」と話す。〉

▼中国籍の社長を起訴すれば、大阪入管が犯

もっとみる

入管が「おとり捜査」に民間人を使い、兵庫県警に黙っていた件(その1)

▼入管行政の非人道性が極点に近づいている。そう思わせる事件が明らかになった。2019年6月8日付の朝日新聞社会面に、とても面白い記事が載った。(記者は岩田恵実、後藤遼太、五十嵐聖士郎の三氏)

以下の記事は、紙面に載る前にデジタル版で配信された記事。

▼デジタル版の見出しは、

〈不法就労、まさかの入管が要請か/「協力した」社長証言〉

▼紙面の見出しは、

〈不法就労「入管が要請」/逮捕・釈放

もっとみる