汲み取りたくなかった。

おはようございます。

ちはやです。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、
ちょっと私が納得できなかったというか、
汲み取れなかったというか、
汲み取りたくなかった話。

色んなことを新たに初めて行く中で、
やはり非難は付き物。

そうですよ。

みんな知らないですもの。

みんなが知らなくても、
私が発信して、
みんなが知れば良い。

お伝えしていけば良い。

ほんとそんな感じだよね。

もっとみる
スキをしてくれるあなたを愛してる!
6

君のこと何も知らないのに、批判なんて到底できないよ。

響いた言葉がある。

「知らない」という言葉の意味間違えていたんだ。
知らない人のこといつの間にか嫌いと言っていたよ。
何も知らずに知ろうともしなかった人のこと
どうして「嫌い」なんて言ったんだろう。流されていたんだ。
「知らない」ことは怖いから醜い言葉ばかり吐き出して
自分のことまで嫌いにならないで。

SEKAINOOWARIの「プレゼント」の歌詞の冒頭だ。

「プレゼント」との出会い

私が

もっとみる
私もスキです♡
48

#009 批判するなという批判に対する批判

本日はTwitterの友達やYouTuber仲間や大学アメフト時代の恩師、アメリカ駐在時の同僚など、沢山の方がお店に来てくれた。沢山の方がわざわざ福岡に来てくださり本当に嬉しく喜ばしい1日となった。人に会うことが好きな僕だが、最近お店ばかりにいるのかどこか滅入っていたので、魂が解放されるようなそんな感覚になったのだ。

TwitterをやっているとTwitter特有の”異常な”人が大量に目に止まる

もっとみる
ナイスタップ★
12

【重要】意見やアドバイスを「批判や否定や責められている」と感じたり怒り反発する、その心理とは?

非常に大事な話。
指導者・指導される立場の方に、是非読んで欲しい。

子育てとは?教育とは?その影響。

意見やアドバイスを、「批判されている」「否定されている」「責められている」と感じたり、怒り反発する、 その心理とは?

批判などについては前から書いていますが、同じ言い方と内容で伝えても、人によって「アドバイスを有難い」と感じる人と、「批判された、責められた」と感じる人がいます。

何が違うの

もっとみる

SNSを始める時の注意点!批判や議論はやめよう!

今回のテーマはSNSを始める時の注意点!批判や議論はやめよう!です。

 

情報発信は今やたいへん重要なものになってきていますよね。

 

そこで本日は初心者が陥ってしまう注意点やSNSの怖さなどを解説していきます。

 

これを守らないと厳しいことになるかもよ!

 

では、早速言ってみましょう! 
 

SNSを始めた時

いろんな人が目に留まる。

 

そして色々ないけんが目に入る

もっとみる
よろしければ、シェアもお願いいたします。
8

コメント論

なんと繊細な書き手の多いことか。君たちはこの世界に割って入る巨人だと言うのに。俺はコメントに刃を仕込んだつもりはない。しかし、俺の意見というのはどうも、賛成である事の方が少ないらしい。いや、そんなのは当たり前だ。俺を誰だと思ってる?賛成できる文章を探す方が難しい。だが、考えてみれば、意見は賛成である必要は、別にない。言ってみれば、コメントする先を選ぶ必要がないのだ。俺のコメントは、俺が表現されてい

もっとみる

ネット上で批判して、マウントをとろうとする人はリアルの傾向でも『ナルシスト』+『外向性の高さ』が相関している模様。『自分がいかにすごいか』をアピールし、周りからの名声を集めようとしているからとのこと🤔。なるほどねーと思ったこと🐹

心も傷つければ強くなる
17

面白い文章ってどこにもないな

今、人の文章見てそう思ったよ。失礼?かもしれない。でもさ、あなたの文章が面白くないと、なぜ俺が失礼になるのか?やっぱ俺は失礼じゃないよな?俺は俺の感想を言っただけだよ。

文章の価値って色々あると思うけど、今俺にとっては面白さが重要だ。面白い文章は何かというと、それは才能のある書き手の数だけ答えがあるが、強いて言うなら、奇をてらわずに物事の本質を捉えていながら、これまでに語られた事のないという斬新

もっとみる

批判しても良いんだよ

4回目の投稿となりました、あさかいです。今回の記事では、「批判」について書きたいなと思い、記事にしました。

・批判を拒む環境

 今の世の中では、SNSなどによって情報の発信が簡単になりました。よって、情報も多くなりましたので、それに関する意見も言いやすくなりました。それにも関わらず、身の回りでは批判を拒む姿勢が強いように感じることがあります。それにはどのような要因があるのかを考えてみました。

もっとみる

「あれはないわ」と思ったときは

自分の価値観とあわない人を見ると
「あれはないわ」と批判したり

また他の誰かをみて
「ああなったら終わりやな」と批判したり

そうやって
批判や否定ばかりしていくと

同時に
自分もその人と
同じになってしまうのではないか
同じになったらどうしよう

いや
死んでも同じにはなれない。

そういう恐れが自分の中に生まれる。

これまで散々
否定し
批判し
馬鹿にしてきたわけだから

自分が同じ状態

もっとみる