必要性

自分とにらめっこ

自分を見つめ直すって難しいな。

自分を知る方法の1つに、モチベーショングラフってあるじゃないですか。
時系列に出来事を書いていって、どんな時に自分は嬉しかったのか辛かったのかで、
ゼロからどれだけ振れ幅があるか測る方法。

細かいことは言いませんが、
小学校〜中学校は誰かに認められるのが嬉しくてすごく頑張っていて、私の場合は勉強でした。
人には恵まれていたけれど、クラブはさぼれるんなら帰りたい〜

もっとみる

飲み会の目的とは…

明けましておめでとうございます🎉
新年会がどんどん行われるシーズンになりましたね🔥
今回は飲み会についての僕の考えを発信します。

○飲み会の目的とは

皆さんの飲み会の目的はなんですか?
「意見交流」「親睦を深めたい」「お酒を飲みたい」「ワイワイしたい」とたくさんあると思います。僕も上記の理由で以前までは飲み会によく参加していました。

○本当に必要な飲み会なのか…

本当に必要な飲み会なの

もっとみる

必要性は発明の母?その2

【注意!!】

この記事は前回( https://note.com/lionkun/n/n0ea3c7a643e2 )の続きです。

まだそちらを読んでいない方は、合わせてお楽しみ下さい。

あけましておめでとう御座います。

本年も皆様が御健勝かつ御多幸であることを心よりお祈り申し上げますうんぬんかんぬん。

さて、新年の挨拶も程々にして早速前回の続き、そして本コラムの主論に入って行こうか。

もっとみる

必要性は発明の母?

“Necessity is the mother of invention’s”

なんて言葉がある。

英語で言うとちょっとかっこいいし、なんだか自分が出来た大人みたいに感じるけど、日本語で言うとタイトルの通りなんの変哲も無い歴史人の知恵だ。

まあでも、確かに間違ってはいない。

私たちの先祖は水を運ぶために瓶を作ったし、目的地まで早くたどり着くために夢の超特急なんてものまで作り出した。

もっとみる

80:20の法則

この記事は以前書いたのですが、再度書きます。

書き直し記事です。

世の中にはこの普遍の法則としてこの法則が当てはまります。

もともとこの80:20の法則はパレートの法則と呼ばれており、イタリアの経済学者、ヴィルフレト・パレートが提唱した法則です。

簡単に言うと世の中のモノは大体80:20で説明できますという割合の話です。

・あまり着ない服とよく着る服(80:20)

・あまり働かない社員

もっとみる
ありがとうございます!
3

自分が必要とされていない時

自分は誰かにとって必要な存在だろうか?誰からも必要とされていないのではないだろうか?そんなふうに悩むことがあるかもしれません。

 仕事でうまくいかなくて、無力感を味わっているとき。人間関係がうまくいかなくて、孤独を覚えるとき。そんなとき、自分の存在意義について考えさせられるのでしょう。

 そんなときには、自分がいることによって周囲に与えている好影響を思い出すのもいいかと思います。いくら無能とか

もっとみる
いつでもお立ち寄りください。
11

「In my heart.」

今回、ご紹介するのは、さゆさんです。

子育てにおけるリスクマネジメント。

叱らない仕組みづくりの必要性に気づいたとき。

会社でも、家庭内でも、「怒り」や「叱り」の感情に、

支配されない心、仕組みがあれば、優しく生きていけそう。

叱る依存性というのは、相手ではなくて、自分にある。

問題は、いつも自分が抱えている。

その答えは、自分が一番知っている。

目を背けたいのは自分、相手は自分を

もっとみる

イデオロギーは悪なのか〈9〉

アルチュセールは、「イデオロギーとは人間の存在諸条件や人間の現実の世界に対する想像である」という「解釈」について、一般に考えられるような次のような疑問を呈示する。
「…なぜ人間たちは、彼らの存在の現実的諸条件を《想像する》ために、こうした現実的諸条件の想像的倒置を《必要とする》のか…。」(※1)
 人が自らのその「存在の現実的な諸条件を想像する」ためには、そのような現実的な諸条件を現実に対して「先

もっとみる

【ポンコツ】の必要性

アマチュアのスポーツチームには
1人、2人は「ポンコツ」がいるもんで、

意外とムードメーカーだったりもする🤪

先日、とある野球の試合のワンシーンで、

試合の流れが変わりそうな場面で、「ポンコツ」の所に打球が飛びました😎
周りから見たら、「打ち取った打球」しかし、「ポンコツ」はスタートが遅い。
落下点には何とか入ったものの、見事なくらいにグラブをすり抜けた😳

おかげで、試合の流れは完全

もっとみる

遺産と文化財と安全性

他県に住んでいても、沖縄県・首里城焼失は 大変なショックであることを身に染みて朝刊で思う。

過去の旅行先でショッキングなことがあった。世界遺産・重要文化財に指定されている二か所で同じ声を聞いた。

私: 日本の伝統的な環境のところに住まいがあるというのは、羨ましい限りです。ほんとに。

世界遺産・重要文化財に指定されている先の方々: ※ 確かにお住まいになっていない、観光でおいでになっているとそ

もっとみる
ありがとうございます ・~;)