「洗う」

あのね、
 
 
朝起きたら、
 
顔を洗うでしょ?
 
 
外から帰ったら、
 
手を洗うでしょ?
 
 
一日の終わりには、
 
お風呂で、
 
全身を洗うでしょ?
 
 
わたくしたちは、
 
毎日、
 
「きれい」でいる
 
ために、洗うのです。
 
 
心も、
 
ちゃーんと、
 
洗っていますか?
 
 
感謝、合掌
慈永

ありがとうございます。おかげさまで😊😊😊
3

「心の豊かさ」

心の豊かさとは、何か?
 
 
心の豊かさとは、
 
今、ここにないものを、
 
追い求めていては、
 
手に入りません。
 
 
心の豊かさとは、
 
今、ここにあるものに、
 
気づく、ということです。
 
 
一つひとつ、
 
一つひとつ、、
 
一つひとつ、、、
 
 
丁寧に、
 
丁寧に、、
 
丁寧に、、、
 
 
気づいていく、
 
 
ということです。
 
 
感謝、合掌
慈永

ありがとうございます。おかげさまで😊😊😊
2

キッチンの断捨離をしながら、思わず口ずさんでいた「どんなときも」。槇原敬之さんは、中学生の時から声も曲も好きだった。でも歌詞の意味の深さに気がついたのは今さっきw 意識していなかったけど私の好みは昔から、心の持ち方、在り方、心理学、哲学に寄っていたんだな、と感じた夜でした。

「善人、悪人」

あのね、
 
 
善人であっても、
 
悪人であっても、
 
 
歳を重ね、
 
病に苦しみ、
 
時、来りなば、死を迎える。
 
 
神さま仏さまの、
 
 
決して分け隔てをしない、
 
慈悲の御心。
 
 
感謝、合掌
慈永

ありがとうございます。おかげさまで😊😊😊
3

「現実」の"立体感"を教えてくれて、まだ見ぬ可能性に気づける視点と、「今」を生きるための知識や知恵を、与えてくれるもの

花より落葉を背負いたいお年頃。笑

宗教とか、スピリチュアルとか、占星術とか
カウンセリングなんかもそうかもしれないけど
そういう先人たちの知識や知恵について
「危ない」とか「おかしい」なんて言われたり
「現実をみろ」のような言葉で批判されがちな
傾向があるのは、残念な気持ちがしている。

私自身は看板に掲げてはいないものの
それらは決して危なくないし、おかしくないと
理解できていることは、ラッキ

もっとみる

「ほめる」

「ありがとう、
いつも元気だねー」
 
 
「ありがとう、
いつも笑顔だねー」
 
 
いつも、元気でいること、
 
いつも、笑顔でいること、
 
 
うつろいゆく、
 
この世の中に、
 
「あたりまえ」
 
なんて、
 
存在しないのですから。
 
 
「ありがとう、
いつも元気だねー」
 
 
「ありがとう、
いつも笑顔だねー」
 
 
感謝、合掌
慈永

ありがとうございます。おかげさまで😊😊😊
4

「思いやる」

「思いやる」とは、
 
 
「思い」「遣る」
 
 
と書くのです。
 
 
ただ、
 
「思う」だけではなく、
 
 
わたくしの、その思いが、
 
しっかりと相手に遣わされて、
 
相手の心に届く、ということ。
 
 
「思う」は、
 
わたくしの目線、
 
 
「思い遣る」は、
 
相手の目線なのです。
 
 
感謝、合掌
慈永

ありがとうございます。おかげさまで😊😊😊
5

「大きなお世話」

「大きなお世話なんです」
 
って、
 
 
それだって、
 
 
世話を焼いてくださるひとが、
 
わたしのそばにいてくださる、
 
 
そこがあってこその、
 
 
「おかげさま」の言葉。
 
 
感謝、合掌
慈永

ありがとうございます。おかげさまで😊😊😊
2

「ひとを観る」

なぜ、
 
あのひとは、意地悪なのか?
 
 
ひとというものは、
 
その人生で、
 
教わっていないこと、
 
経験していないことは、
 
そう簡単には、できないもの
 
なのです。
 
 
良いことも、良くないことも、
 
教わっていくのが、人生。
 
 
あのひとも、
 
 
きっと、
 
今日まで生きてきた中で、
 
つらい経験を経て、
 
意地悪を「覚えた」のです。
 
 
目には見え

もっとみる
ありがとうございます。おかげさまで😊😊😊
3

【大学受験】入試直前期のメンタルケア 不安と向き合う

不安は当然ある

不安は日に日に増してくるだろう。逆に不安がない方がまずい。不安があるということは受験が重要だと認識していることだ。

緊張や不安は抑え込まない

緊張や不安はしっかりと認識し、受け止めることが重要。適度な緊張感や不安は力を引き出すことに役に立つ。抑え込もうとすると、増幅して、緊張し過ぎてしまい、頭が真っ白になって、飲み込まれてしまう。自分の中でコントロールすることが必要だ。

もっとみる