心の中と外、どちらのわたしも笑っていたい。

作り笑顔はできても
作り"感情"は難しい

感情は感じようとしなくても感じる
笑顔にはなっている

気付いたらそう感じて
気付いたら笑顔になっている

本来はそういうものなはずだ。

けれどそんな自分とは、もう随分会っていない。

心の中のわたしが笑っていなくても、表のわたしの表情筋は笑顔を作っている。

ことわざで、笑顔でいればいいことがあると言われているし、それは真実であると思う。

けれどそ

もっとみる
わぁぁぁありがとうございます!!
16

マネキンと着こなしと高円寺と私

悔しいが、マネキンはかっこいいことに気づいた。

店で買った服を家で着た時である。買った服が似合ってないのに気づく。試着したのでサイズは合っている。店頭のマネキンはあんなに素敵に着こなしていた。私の何がいけないんだ。そこで気づいた。

マネキンだ。

マネキンは着こなしていた。マネキンは。
よく考えるとマネキンは私よりかっこいいのではないか。猫背じゃないし小顔だし身長も私より高い。

マスクをつけ

もっとみる
ありがとうございます!!
2

幸せとは

現状に満足せず向上心を持つことは大切だと言われるが、時にふと立ち止まって満足というか感謝することも大切なのではないかと最近思う。

「まだまだダメだ!」「もっともっと」という欲は尽きない。

人間の欲は果てしないからどこかで歯止めをかけないといけない。

「自分は今つくづく幸せだな」と認識すること。

これは常に意識している。

【期限を決める】ハリボテの自分から等身大の自分へ

こんにちは!月曜担当のさいです。

今日は『期限を決める』について書いていきたいと思います。この間通っている勉強会で、「期限や、日付を切っていない物は全て妄想だ。」と変態師匠が言ってました。確かに、私たちは『死』という終わりがなければ、今を懸命に生きたり、今より成長したいと願ったり、夢をみたりするでしょうか。潜在意識の奥深くで、全人類に必ず訪れる『死』という概念。即ち、期限が決まっている。それがあ

もっとみる

【弱音】

弱音だよ、
本当は誰かが私の事を暖かくしてくれたらいいなって 思ってる

孤独と自由は表裏一体で
気がついたらそこにいた
家族の 有り難さを感じた

一人が楽だっていうけれど
友達がいなきゃ寂しくなる

恋人いらないっていうけれど
温もりだけはほしいの わがままでしょ

想像する 未来はどこにあるの
弱虫でも この世界を変えられるって
信じたくて

誰も私を信じないし
誰も私を愛さないし

もっとみる

嫌われるより笑われたい

人間関係の揉め事が本当に嫌いで、めんどくさい

本当に無駄だ!
なので人と喧嘩になりそうだったらすぐ謝るし、
揉め事の原因がわかってれば事前に対処しておくし、
「あたくしが悪いと思わせとけばいいか」と思って生きている。
そして腹の中で「ムカツクしねぼけ~!」と思ってるヘタレなのだ!

人との関係に違和感を感じたら、言葉で伝えればいいのは分かってるけど、
伝えられる自信もないし、傷つけるのが嫌なので

もっとみる
いいねありがとうございます!ぷゆ~(^^)
3

過去を振り返るって、何を振り返れば良いのだろう。

この2が月くらい各方面で『過去を振り返る』みたいな事を言われていたけど、私の過去の記憶は曖昧で薄くてほとんど覚えていなくて、何を振り返ればいいんだろう、思い出せばいいんだろう、と思っていた。

でもそれは、私が勝手に過去を覚えていないということにしているだけかもしれないと思った。

『普通は』という枠に当てはめて、そこからはみ出ているものを箱に詰めた。

『目立たないために』『悪く言われないために

もっとみる