新着の記事一覧

「憧れ」こそ生きる力——森村桂『天国にいちばん近い島』【書評】

往復書簡/N→S/2023年2月1日

うねうねとふわふわ - 秘密結社「喫煙所」(第13通目)

冬の日に似合う本として教えてもらったのが、アーノルド・ローベル『ふたりは いつも』の「クリスマス・イブ」。1か月おくれでもいい。早速読んでみました。さらに原書"Frog and Toad All Year"、著者みずからの朗読CDも。信頼と愛情を言葉の心地よさ。いいですね。

ひとはなぜ戦争をするの

7日前

「共犯」に、なりたい。——トレイシー・シュヴァリエ『真珠の耳飾りの少女』【書評】

第26回 【前略、あなたへ。】

自分ひとりで選択できることってないんじゃない?- 秘密結社「喫煙所」(12通目)

【ぼちぼち往復書簡】数年ぶりのマイナス13度の世界 From すみこ

【短編小説】往復書簡について(あとがきのようなもの)