姫乃たま

東京で地下アイドルを10年やっていました。いまは時々歌いながら、文章を書いて暮らしてい…

姫乃たま

東京で地下アイドルを10年やっていました。いまは時々歌いながら、文章を書いて暮らしています。 http://himenotama.com/

マガジン

  • 人間になりたい日記

    姫乃たまの日記です。東京で10年間地下アイドルをしていました。いまは時々歌ったり喋ったりしながら、文章を書いて暮らしています。地下アイドル卒業後、闘病しながら、人間になろうとしている日々の様子を綴っています。

ウィジェット

ストア

  • 商品の画像

    【サイン入り】『永遠なるものたち』(晶文社)

    サインと名入れをするため、希望のお名前がある場合は備考欄に記入してご注文ください。 記載がない場合、本名をお書きしてお送りします。 『永遠なるものたち』(晶文社) 姫乃たま著 四六判 縦186mm 横129mm 厚さ15mm 224ページ 定価 1,500円+税 【人気連載、待望の書籍化! 珠玉のエッセイ集】 私は東京生まれだけど、ずっと「私には行けない東京」があります。 移ろいゆく空の色。 転校していったまま住所のわからない女の子。 もう知らない人が住んでいる生まれた家。 失われ、手の届かないがゆえに 永遠となったものたち。 欠けた私を探しにゆく、フラジャイルな旅へ。 【本文より】 「運命ってあると思う?」  さっき出会ったばかりの彼女が私に訊きました。  カフェのテラス席はパラソルヒーターで暖まっていて、 私の紅茶も彼女の珈琲もまだ冷めていません。  ――(「運命」) 【装丁】佐藤亜沙美 【装画】須川まきこ 【目次】 はじめに 5 001 知らない家の窓灯り 013 002 夏休みのラジオ 19 003 私の東京 24 004 SWIMMER 31 005 代々木1‐54ビル 35 006 レズ風俗 43 007 運命 57 008 コンタクトレンズ 69 009 ダイエット 73 010 なくしもの 79 011 心の傷 86 012 祖母と友人 91 013 おじいちゃんの自転車 100 014 猫の死に際 105 015 冬の様子 110 016 人生 116 017 紫陽花と友人 122 018 忘れられない恋 130 019 骨折 137 020 弟持ち長女 145 021 偏頭痛 152 022 コーマワーク 156 023 ダイアログ・イン・ザ・ダーク 164 024 登山 181 025 喪失と再生 189 026 身体 207 終わりに 217
    1,650円
    姫乃たま商店
  • 商品の画像

    【ライブDVD付き&サイン入り】ZINE『ヘア・ヌード』

    ※備考欄にサイン用のお名前をご記入ください。 希望のお名前がなければ、本名でサインしてお届けします。 【書籍情報】 書名:『ヘア・ヌード』  著者:姫乃たま    判型/ページ数:14判/56頁 発行日:2021年12月25日 【小説目次】 「ヘア・ヌード」 「シンクロナイズ」 「花瓶の中」 「No/w/here」 +撮り下ろし写真 【クレジット】 文章:姫乃たま 写真:宇壽山貴久子 ヘア&メイク:megumi yoshii 装幀:ayumi カバーイラスト:寺田克也
    2,500円
    姫乃たま商店
  • 商品の画像

    姫乃たまオリジナルイラスト「おやすみマルシェバッグ」

    姫乃たまがおやすみの日にスケジュール帳に書き込む「もこもこ」を印刷しました。使い勝手がよいマルシェバッグなので、おやすみさせずに使い倒してあげてください。 カラー:ナチュラル プリントカラー:ホワイト サイズ 本体:約W300×H360(持ち手含む530)mm 持ち手:約50×170mm 折りたたみマチ:約100mm
    1,600円
    姫乃たま商店

最近の記事

  • 固定された記事

『ヘア・ヌード』を出版します

 こんにちは、姫乃たまです。  ZINEの出版が決定したので、おしらせします。  いろいろと欲張ってしまい、写真集であり、初めての短編小説集にもなりました。  これまでは出版社や編集者さんのお世話になりながら、本づくりをしてきましたが、初めて一から自分が書きたいものは何かを考えて、誰のためでもなく自分のために一冊をつくってみました。  同時にこのZINEが誰かにとってのお気に入りにもなったら、とても嬉しいです。  まだ未定の情報も多いのですが、なるべく多くの方に知っ

    • 2024年1月18〜24日 禅のヒト

      2024年1月18日  小明さんと新木場1stRINGで待ち合わせ。実はプライベートで会うのは初めてなんだけど、まさか最初がFREEDOMSの興行になるとは想像もしてなかった。  今日も試合は過激で、混乱したのか前の席のお兄さんが「あっ、そーなんだ!(?)」と大きめの独り言を発してて面白かった。小明さん大丈夫かなと思って隣を見たら、笑って楽しんでたので頼もしいなと思う。  デスマッチを見た後は、デンジャーに行くことも多いけど、今夜は移動せずに新木場駅近くの適当な焼肉屋で肉を

      有料
      300
      • 2024年1月11〜17日 ドン・キホーテとペンギン

        2024年1月11日  高円寺純情商店街の電気屋の前を通りかかったら、売り物のテレビに「細川たかし(73)一般人女性と結婚」のニュースが出ていて、普段全く細川たかしのことを気にかけていないのに、なぜか驚いて「えっ」と立ち止まってしまい、背後から知らないおばちゃんが駆け寄ってきて「死んだ!?」と大声で訊いてきた。死んでません。

        有料
        300
        • 2024年1月4日〜10日 ミモレットとワイン

          2024年1月4日  数日前から『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム1992-2019』(朝日新聞出版)を読んでいるのだけど、前書き(にあたるのかな? 目次の前のたった一頁の文章)が眩しすぎて、そこからちっとも進まない。一頁読んではうっとりとため息をついて本を閉じて、また最初から読んで、ため息をついて閉じて……。私がこの本を読み終わる日は来るのだろうか。  旅先で時々茶葉を買う。今日は静岡で買った紅茶を、まあるいポットで淹れた。  あの日、静岡で寿司を食べようと意気込

          有料
          300
        • 固定された記事

        『ヘア・ヌード』を出版します

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 人間になりたい日記
          姫乃たま
          ¥500 / 月
        • 商品の画像

          【サイン入り】『永遠なるものたち』(晶文社)

          サインと名入れをするため、希望のお名前がある場合は備考欄に記入してご注文ください。 記載がない場合、本名をお書きしてお送りします。 『永遠なるものたち』(晶文社) 姫乃たま著 四六判 縦186mm 横129mm 厚さ15mm 224ページ 定価 1,500円+税 【人気連載、待望の書籍化! 珠玉のエッセイ集】 私は東京生まれだけど、ずっと「私には行けない東京」があります。 移ろいゆく空の色。 転校していったまま住所のわからない女の子。 もう知らない人が住んでいる生まれた家。 失われ、手の届かないがゆえに 永遠となったものたち。 欠けた私を探しにゆく、フラジャイルな旅へ。 【本文より】 「運命ってあると思う?」  さっき出会ったばかりの彼女が私に訊きました。  カフェのテラス席はパラソルヒーターで暖まっていて、 私の紅茶も彼女の珈琲もまだ冷めていません。  ――(「運命」) 【装丁】佐藤亜沙美 【装画】須川まきこ 【目次】 はじめに 5 001 知らない家の窓灯り 013 002 夏休みのラジオ 19 003 私の東京 24 004 SWIMMER 31 005 代々木1‐54ビル 35 006 レズ風俗 43 007 運命 57 008 コンタクトレンズ 69 009 ダイエット 73 010 なくしもの 79 011 心の傷 86 012 祖母と友人 91 013 おじいちゃんの自転車 100 014 猫の死に際 105 015 冬の様子 110 016 人生 116 017 紫陽花と友人 122 018 忘れられない恋 130 019 骨折 137 020 弟持ち長女 145 021 偏頭痛 152 022 コーマワーク 156 023 ダイアログ・イン・ザ・ダーク 164 024 登山 181 025 喪失と再生 189 026 身体 207 終わりに 217
          1,650円
          姫乃たま商店
        • 商品の画像

          【ライブDVD付き&サイン入り】ZINE『ヘア・ヌード』

          ※備考欄にサイン用のお名前をご記入ください。 希望のお名前がなければ、本名でサインしてお届けします。 【書籍情報】 書名:『ヘア・ヌード』  著者:姫乃たま    判型/ページ数:14判/56頁 発行日:2021年12月25日 【小説目次】 「ヘア・ヌード」 「シンクロナイズ」 「花瓶の中」 「No/w/here」 +撮り下ろし写真 【クレジット】 文章:姫乃たま 写真:宇壽山貴久子 ヘア&メイク:megumi yoshii 装幀:ayumi カバーイラスト:寺田克也
          2,500円
          姫乃たま商店
        • 商品の画像

          姫乃たまオリジナルイラスト「おやすみマルシェバッグ」

          姫乃たまがおやすみの日にスケジュール帳に書き込む「もこもこ」を印刷しました。使い勝手がよいマルシェバッグなので、おやすみさせずに使い倒してあげてください。 カラー:ナチュラル プリントカラー:ホワイト サイズ 本体:約W300×H360(持ち手含む530)mm 持ち手:約50×170mm 折りたたみマチ:約100mm
          1,600円
          姫乃たま商店
        • もっとみる

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2023年12月28日〜2024年1月3日 シュトレンからおせちの日々

          2023年12月28日  吉祥寺piwangのシュトレンを齧って珈琲を飲む。静かな朝。  今年のクリスマスは飛行機に乗っていたら時差で消滅してしまったけど、piwangのシュトレンを食べている時は、クリスマスを満喫している気分で心が浮き立つ。  精神科で主治医にアメリカで三週間断薬したら(あろうことか薬を忘れてしまったため)、躁鬱の波をはっきり自覚したと話す。とにかく躁状態の時に物事を引き受けるのはやめて、何かを頼まれた時は一週間くらい考えてから返事してくださいと助言され

          有料
          300

          2023年12月28日〜2024年1月3日 シュトレンからおせちの日…

          2023年12月21日〜27日 クリスマスアグリーセーター

          2023年12月21日  寝起きに熱いシャワーを浴びて、バスタオルで髪を拭きながら冷蔵庫の缶ビールを取り出してアトリエに行き、踊りながら飲んだ。  ロサンゼルスに来てからの私は、誰かと酒を飲んでいるか、ほとんど眠っている。アトリエのソファでうたた寝するのがお気に入りで、目を覚ますと大きな窓から空と庭が見えて、時々リスが走って横切る。  GR2 Galleryの仕事から帰ってきたエリックが、「そういえばこれ読んだ?」と言って、エイドリアン・トミネの昔の漫画(『OPTIC N

          有料
          300

          2023年12月21日〜27日 クリスマスアグリーセー…

          2023年12月14日〜20日 雨降りのサンタモニカ

          2023年12月14日  昼過ぎにのそのそ起きると、アトリエのテーブルにEricとJames Jeanが差し入れしてくれたThe Apple Pan(老舗ハンバーガーショップ)のヒッコリーバーガーと大量のフライドポテトが置かれていた。そうだ、ここはアメリカだ。

          有料
          300

          2023年12月14日〜20日 雨降りのサンタモニカ

          2023年12月7日〜13日 ロサンゼルスのセブンイレブン

          2023年12月7日  ロサンゼルスは12月6日。    アーティストのYoskay YamamotoさんがSawtelleにある画材屋さんへ車で連れて行ってくれた。広々とした店内には天井まで届く黒い棚が並んでいて、美術用品がずらりと陳列されている。ペンギンが店内を歩きながら個展用のキャンバスやパネルを選んで、塗料のボトルも次々とカゴに放り込んでいた。  私はレジ付近にある雑貨コーナーで見つけたクマとペンギンの小さなタトゥーシールを気に入って、ペンギンのところに戻り、買い物

          有料
          300

          2023年12月7日〜13日 ロサンゼルスのセブンイレ…

          2023年11月30日〜12月6日 羽田空港の黒ビール/ロサンゼルスのIPA

          2023年11月30日  英語でプロレスの魅力について書く。英語以前に日本語がうまく思い浮かばなくて、ただ時間が過ぎていく。  息抜きに『プロレス少女伝説』(文春文庫)をめくっていたら読み終わってしまった。改めてプロレスってなんなんだろうと思う。  女子プロレス勃興期の混乱(団体同士の交流がうまくいかなかったり、団体からの選手の独立が認められなかったりなど)を読んでいたら、自然と自分がテン年代の地下アイドルの世界について書いていた頃を思い出した。  地下アイドルになるきっ

          有料
          300

          2023年11月30日〜12月6日 羽田空港の黒ビール/ロサンゼル…

          2023年11月23日〜29日 キッチンの酒/バーの酒

          2023年11月23日  古書現世の向井さんが誘ってくれて、恒例の角田光代さんを囲む会。高田馬場にある「ババ feel 焼鴨」という不思議な名前のミャンマー居酒屋に集まった。店名も不思議だけど、路地裏の入口も不思議で、入っていいのかちょっぴり躊躇う。  今夜もたらふくレモンサワーを飲んだ。最近気づいた、もしかしたら私、ほんのり甘いレモンサワーが好きかもしれない。きりっと爽やかなのも好きだけど、時々それだと何か物足りない気がして、かと言って本格的に甘いのはあまり飲めない。  

          有料
          300

          2023年11月23日〜29日 キッチンの酒/バーの酒

          2023年11月16日〜22日 原稿、酒、原稿、酒、原稿、酒

          2023年11月16日  原稿、酒、原稿、酒、原稿、酒の毎日で脳がばらんばらんになりそう。  飲まなければいい、なんて、つまらないことは思わない。  なんとか酒の席までに書き上げるぞと強く心に誓い、誓って強くなったはずの心が、もし書き上がらなくてスケジュールがずれ込んだらどうしようと簡単に揺れる。今日も書く。そして飲む。

          有料
          300

          2023年11月16日〜22日 原稿、酒、原稿、酒、原…

          2023年11月9日〜15日 酒を飲みに広島へ行く

          2023年11月9日  一日の終わりに、SPICE AND BOOZEで鬼伝説の青鬼ピルスナーを飲む。今日は一日中、先々のスケジュールがこなせるか心配で憂鬱だった。憂鬱になったところで何も変わらないのだけど、わかっていても身動き取れなくなる時がある。青鬼ピルスナーは何度飲んでも感動する爽やかさで、一口飲むごとに憂鬱が和らいでいった。  カマスのコンフィは、青唐辛子のピクルスと柿のサラダで飾られていて、抜群においしかった。こんなに相性のいい組み合わせだったのか。驚いていたら、

          有料
          300

          2023年11月9日〜15日 酒を飲みに広島へ行く

          2023年11月2日〜8日 酒の席に居座る

          2023年11月2日  『実話BUNKAタブー』の呂布カルマさんのインタビュー原稿をまとめる。  ラップでもテレビでも活躍している人なので、話し方がすでにまとまっていて、文字起こしの文章そのままで記事になっていく。

          有料
          300

          2023年11月2日〜8日 酒の席に居座る

          2023年10月26日〜11月1日 結婚パーティー

          2023年10月26日  結婚パーティー二日前。今日もペンギンは午前10時から新宿ロフトプラスワンで壁画の描き下ろし作業。  私は寝坊して正午から合流する。スタッフさんたちがパーティーに向けて大掃除してくださってて、優しさにいちいち涙が出そう。  客席で『ユリイカ2023年12月号 長谷川白紙特集』(青土社)の原稿ようやく書き上がる。原稿を書いてたら柏木さん(ロフトの社員さん)が電源を貸してくれて、飲み物まで差し入れてくれた。優しい……。  原稿を書きながら思い出して、白

          有料
          300

          2023年10月26日〜11月1日 結婚パーティー

          2023年10月19日〜25日 原稿、酒、酒

          2023年10月19日  YouTubeのポリタス TVで「松本人志とLOVEジャーナル」(NHK)について話し合っているアーカイブ映像を視聴する。  番組について、性について話し合う前提が整っていなかった、これなら放送しないほうがよかったなどの意見を耳にして、のんびり視聴していた私は、なるほどそういう考え方もあるのかと素直に思った。  改めて呂布カルマさんへの質問案を整理しながら、今回のインタビューは難しいなと思う。どうしたらいいんだろうな。

          有料
          300

          2023年10月19日〜25日 原稿、酒、酒

          2023年10月12日〜18日 元気すぎる患者

          2023年10月12日  精神科で「元気すぎるんですけど」と切り出すと、主治医も「ここが判断の難しいところなのよね……」と言って、ひとまず薬を増やしてきた。  これが躁鬱病の難しいところで、いま油断して自己判断で通院や投薬をやめると、後々また大変な目に遭うのだ。

          有料
          300

          2023年10月12日〜18日 元気すぎる患者