姫乃たま

東京で地下アイドルを10年やっていました。いまは時々歌いながら、文章を書いて暮らしています。 http://himenotama.com/

姫乃たま

東京で地下アイドルを10年やっていました。いまは時々歌いながら、文章を書いて暮らしています。 http://himenotama.com/

    ストア

    • 商品の画像

      【サイン入り】『永遠なるものたち』(晶文社)

      サインと名入れをするため、希望のお名前がある場合は備考欄に記入してご注文ください。 記載がない場合、本名をお書きしてお送りします。 『永遠なるものたち』(晶文社) 姫乃たま著 四六判 縦186mm 横129mm 厚さ15mm 224ページ 定価 1,500円+税 【人気連載、待望の書籍化! 珠玉のエッセイ集】 私は東京生まれだけど、ずっと「私には行けない東京」があります。 移ろいゆく空の色。 転校していったまま住所のわからない女の子。 もう知らない人が住んでいる生まれた家。 失われ、手の届かないがゆえに 永遠となったものたち。 欠けた私を探しにゆく、フラジャイルな旅へ。 【本文より】 「運命ってあると思う?」  さっき出会ったばかりの彼女が私に訊きました。  カフェのテラス席はパラソルヒーターで暖まっていて、 私の紅茶も彼女の珈琲もまだ冷めていません。  ――(「運命」) 【装丁】佐藤亜沙美 【装画】須川まきこ 【目次】 はじめに 5 001 知らない家の窓灯り 013 002 夏休みのラジオ 19 003 私の東京 24 004 SWIMMER 31 005 代々木1‐54ビル 35 006 レズ風俗 43 007 運命 57 008 コンタクトレンズ 69 009 ダイエット 73 010 なくしもの 79 011 心の傷 86 012 祖母と友人 91 013 おじいちゃんの自転車 100 014 猫の死に際 105 015 冬の様子 110 016 人生 116 017 紫陽花と友人 122 018 忘れられない恋 130 019 骨折 137 020 弟持ち長女 145 021 偏頭痛 152 022 コーマワーク 156 023 ダイアログ・イン・ザ・ダーク 164 024 登山 181 025 喪失と再生 189 026 身体 207 終わりに 217
      1,650円
      姫乃たま商店
    • 商品の画像

      【サイン入り】ZINE『ヘア・ヌード』

      ※備考欄にサイン用のお名前をご記入ください。 希望のお名前がなければ、本名でサインしてお届けします。 【書籍情報】 書名:『ヘア・ヌード』  著者:姫乃たま    判型/ページ数:14判/56頁 発行日:2021年12月25日 【小説目次】 「ヘア・ヌード」 「シンクロナイズ」 「花瓶の中」 「No/w/here」 +撮り下ろし写真 【クレジット】 文章:姫乃たま 写真:宇壽山貴久子 ヘア&メイク:megumi yoshii 装幀:ayumi カバーイラスト:寺田克也
      2,500円
      姫乃たま商店
    • 商品の画像

      【サイン入りチェキ付き】チェキファイル

      一列に3枚チェキ(名刺サイズ)が入るファイルです。 イラストは西島大介さん。 サイン入りのチェキが一枚ランダムで付いてきます。 黒いほうは残り少しなのでお早めに〜!
      1,500円
      姫乃たま商店
    • 商品の画像

      【サイン入り】『永遠なるものたち』(晶文社)

      サインと名入れをするため、希望のお名前がある場合は備考欄に記入してご注文ください。 記載がない場合、本名をお書きしてお送りします。 『永遠なるものたち』(晶文社) 姫乃たま著 四六判 縦186mm 横129mm 厚さ15mm 224ページ 定価 1,500円+税 【人気連載、待望の書籍化! 珠玉のエッセイ集】 私は東京生まれだけど、ずっと「私には行けない東京」があります。 移ろいゆく空の色。 転校していったまま住所のわからない女の子。 もう知らない人が住んでいる生まれた家。 失われ、手の届かないがゆえに 永遠となったものたち。 欠けた私を探しにゆく、フラジャイルな旅へ。 【本文より】 「運命ってあると思う?」  さっき出会ったばかりの彼女が私に訊きました。  カフェのテラス席はパラソルヒーターで暖まっていて、 私の紅茶も彼女の珈琲もまだ冷めていません。  ――(「運命」) 【装丁】佐藤亜沙美 【装画】須川まきこ 【目次】 はじめに 5 001 知らない家の窓灯り 013 002 夏休みのラジオ 19 003 私の東京 24 004 SWIMMER 31 005 代々木1‐54ビル 35 006 レズ風俗 43 007 運命 57 008 コンタクトレンズ 69 009 ダイエット 73 010 なくしもの 79 011 心の傷 86 012 祖母と友人 91 013 おじいちゃんの自転車 100 014 猫の死に際 105 015 冬の様子 110 016 人生 116 017 紫陽花と友人 122 018 忘れられない恋 130 019 骨折 137 020 弟持ち長女 145 021 偏頭痛 152 022 コーマワーク 156 023 ダイアログ・イン・ザ・ダーク 164 024 登山 181 025 喪失と再生 189 026 身体 207 終わりに 217
      1,650円
      姫乃たま商店
    • 商品の画像

      【サイン入り】ZINE『ヘア・ヌード』

      ※備考欄にサイン用のお名前をご記入ください。 希望のお名前がなければ、本名でサインしてお届けします。 【書籍情報】 書名:『ヘア・ヌード』  著者:姫乃たま    判型/ページ数:14判/56頁 発行日:2021年12月25日 【小説目次】 「ヘア・ヌード」 「シンクロナイズ」 「花瓶の中」 「No/w/here」 +撮り下ろし写真 【クレジット】 文章:姫乃たま 写真:宇壽山貴久子 ヘア&メイク:megumi yoshii 装幀:ayumi カバーイラスト:寺田克也
      2,500円
      姫乃たま商店
    • 商品の画像

      【サイン入りチェキ付き】チェキファイル

      一列に3枚チェキ(名刺サイズ)が入るファイルです。 イラストは西島大介さん。 サイン入りのチェキが一枚ランダムで付いてきます。 黒いほうは残り少しなのでお早めに〜!
      1,500円
      姫乃たま商店
    • もっとみる

    最近の記事

    • 固定された記事

    『ヘア・ヌード』を出版します

     こんにちは、姫乃たまです。  ZINEの出版が決定したので、おしらせします。  いろいろと欲張ってしまい、写真集であり、初めての短編小説集にもなりました。  これまでは出版社や編集者さんのお世話になりながら、本づくりをしてきましたが、初めて一から自分が書きたいものは何かを考えて、誰のためでもなく自分のために一冊をつくってみました。  同時にこのZINEが誰かにとってのお気に入りにもなったら、とても嬉しいです。  まだ未定の情報も多いのですが、なるべく多くの方に知っ

      • 人間になりたい日記#197「明けましておめでとうございます」

        2023年1月1日 2023年ですね  明けましておめでとうございます。  思えば「ラジオ消した?」をはじめた三年ほど前は、素直に「明けましておめでとうございます」が言えませんでした。  喪中の人とか、おめでとうございますを聞きたくないくらい落ち込んでいる人がいるんじゃないかとか、すごく悩んでしまって言えなかったのです。  でも、いまは言えるようになりました。  寂しい人がいるんじゃないか、苦しい人がいるんじゃないかと考えるとき、実は私が一番苦しかったのだと思います。

        • 人間になりたい日記#196「Blood X'mas2022」

          2022年12月26日 クリスマスはプロレス  メリークリスマスでした。  今年は土日がクリスマスイブとクリスマスだったので、どこの街も賑わっていましたね。  子どもの頃、わりとお祝い事はきっちりやる家庭で育ったので、クリスマスも毎年ツリーやケーキを用意していました。  ある年のクリスマス、帰りが遅くなった父親が「今年は金土がクリスマスだから帰りの車が混んでた」と話すのを聞いて、大人の人たちはクリスマスに車でデートするんだなと、ちょっぴり憧れるような気持ちになったのを思

          • 人間になりたい日記#195「続・ロサンゼルス」

            2022年12月20日 ロサンゼルス日記  最後はいつも海を見ます。  ポルトガルの帰りはフェリーに乗って海を見ました。  ロサンゼルス最後の日はベニスビーチに行きました。  ポルトガルで知り合った書家の山口碧生さんと再会して、案内してもらいました。  スケーターたちがいて、マリファナショップがあって、ヤシの木にはグラフィティがあります。  ロサンゼルスはあたたかくて、ルーズです。  週末にSawtelleにあるギャラリーGR2で寺田克也さんの個展が無事にオープンしま

            人間になりたい日記#194「ロサンゼルス」

            2022年12月11日 ロサンゼルスは大きい  ロサンゼルスに来ています。  宿泊先に大きい犬と中くらいの犬がいると聞いて来たのですが、大きいわんちゃんが出迎えてくれて、大きいなあと思っていたら、奥からもっと大きいわんちゃんが出てきました。  中くらいの犬も、日本で見たらすごく大きい。その犬は人間みたいな諦めた目をしていて、大きいほうの犬はまだ1歳なので犬犬しい(?)ピュアな目をしています。  ほかにキカちゃんという14歳の猫がいて、とても人懐こい。  私は「お母さん!

            人間になりたい日記#193「四文屋」

            2022年12月7日 四文屋に行きたい  先日のラジオでYTTを辞めたことについてお話ししたら、思いがけず温かいお言葉をたくさんいただきました。ありがとうございます。  発表するまで、どこか隠し事をしているような気持ちもあったので、素直にお話ししたことで少し元気になった感じがします。  しかし落ち込んでいることは、落ち込んでいて、飲酒量が増えました(笑)。  普段は仕事が終わってからレストランで飲んだり、その帰りにバーに立ち寄ったりしているのですが、昼間に飲むことが増えま

            人間になりたい日記#192「YTT辞めました」

            2022年12月4日 YTT辞めました  素直に、正直に話します。YTTを辞めてしまいました。  素直に正直に、どんな時もありのままでいることを教えてくれたのはYTTです。  ラジオでもつい最近話しましたが、私は地下アイドル卒業後の第二の人生として、ヨガインストラクターの道を目指していました。  ファンの人たち個人個人や、そのコミュニティ、現在も心身共に酷使しながら頑張っている地下アイドルの子たちの潜在的な力をエンパワーできるようになりたくて、がんばっていました。  実

            人間になりたい日記#191「見世物小屋」

            2022年11月29日 劇団ゴキビリコンビナートの見世物小屋  新宿花園神社の酉の市に見世物小屋を見に行ってきました。  表に看板も出ているので公になっていることだと思うのですが、ここの見世物小屋は二年に一度「劇団ゴキブリコンビナート」がプロデュース&出演しているのです。  中は録音・撮影禁止なので、内容は秘密にしておきます。今年はたぶんもう最終日だったと思うのですが、再来年ぜひ体験してみてください。  私は劇団ゴキブリコンビナートさんが大好きで、初めて本公演を見に行っ

            読書感想文2冊目『声をなくして』永沢光雄(晶文社/2005年)

             帯に書かれた文章が心強い。  <生きるのはつらい。「でも私は言う。ちゃんと言う! みんな、死ぬな!」>  でもこの文章が登場するのは、本書のかなり最後のほうです。  それまでは下咽頭がんの手術で声を失った永沢光雄さんの生活が日記形式で綴られています。  その生活は常に酒と共にあり、酒で薬を飲み、出かけるために酒を飲み、人と話すために酒を飲み、まるで呼吸をするために酒を飲んでいます。  風呂に入るのが辛く、寝るのも起きるのも辛く、時々友人知人の訃報が届いては涙し、疲労困憊

            人間になりたい日記#190「永遠なるものたち」

            2022年11月22日 『永遠なるものたち』出版  12月20日に晶文社から『永遠なるものたち』を出版することになりました。やったー。憧れのサイのマークです。    そして知っている人は知っている。この本が三年前には出版される予定だったことを……。  あの時は注文書まで作って騒いでいたのに、私の病気が悪化して今年の年末まで出版が遅れたのでした。  当初は隔週だった連載が月一になり、月一が3ヶ月に一回になり、半年に一回、年に一回……。  でも今回単行本化するにあたって大幅に

            人間になりたい日記#189「滋賀県」

            2022年11月10日 滋賀県  取材で滋賀県に来ています。滋賀県には初めてやって来ました。  近江八幡、日野、五箇荘を二泊三日で巡る、なかなかハードな旅です。  滋賀県とのお付き合いは鮒寿司から始まりました。  都内で鮒寿司が食べられるお店を巡る(そして日本酒を飲む)という楽しい取材で、鮒寿司を食べるのはその時が初めてだったので、滋賀県の観光協会の方が「食べられるかな……?」と心配していたのを覚えています。  一体どんな食べ物なのかドキドキしましたが、鮒寿司はとっても

            人間になりたい日記#188「ヨガを教えたい理由」

            2022年11月5日 ヨガを教えたい理由  金曜日に新宿のロフトプラスワンでイベントに出演してきました。  ファンの人に会えてとても嬉しかった……。嬉しかったです。  今年は10月から12月の大事な土日祝日がYTTで埋まっているので、断らないといけないイベントも多くて、出演できるイベントがとても限られています。  今月は金曜日のイベントを合わせて2本。12月に至っては大晦日の月例会だけです(いまのところ)。  ファンの人と顔を合わせる機会が減っているので、自分でも思ってい

            人間になりたい日記#187「風呂の日」

            2022年10月26日 岩手  三年ぶりに祖父母の住む岩手県へ帰りました。  春休みと夏休みに遊びに行っていた子どもの頃の習慣で、春夏に行くことが多いのですが、秋の岩手も紅葉がきれいでいいものです。  しかし、まだ祖父とスキーで遊べる春先や、お盆のお墓参りや花火大会なんかで親戚が集まる夏と比べて、秋の帰省はイベントが皆無です。  とにかく一日中時間が余っていて、Wi-Fiもないのでいつも受けているオンラインのヨガクラスにも参加できていません。  朝起きて、食パンに祖母の

            人間になりたい日記#186「YTT」

            2022年10月19日 YTT(ヨガ・ティチャー・トレーニング)  先週の金曜日から200時間のYTT(ヨガ・ティチャー・トレーニング)が始まっています。  先週のラジオではその話をするつもりだったのですが、ジョンギさんのことがあって頭がいっぱいでした。  ヨガには資格がありません。YTTを修了して得られるのは認定だけです(だからヨガはYTTを受けなくても先生になれます)。  私の場合はずっと習っているクリパル・ヨガがYTTを実施しているので受けることにしました。  無事

            人間になりたい日記#185「キム・ジョンギさん」

            2022年10月11日 キム・ジョンギさんのこと  先々週のラジオで「ポルトガルでキム・ジョンギさんに会えて嬉しかった」と話しました。  その嬉しいの中には、これからいろんな時間を一緒に過ごして、もっと仲良くなれる楽しみも含まれていました。  初めて会ったジョンギさんはずっと笑っていて、絵を描く小学生の男の子みたいな人でした。  私たちより一日遅れてポルトガルにやって来て、一日早くほかの国へ旅立って行ったジョンギさん。  ポルトガルで一緒にいたのは三日間でした。  ホテ

            人間になりたい日記#184「伊野尾書店」

            2022年10月4日 「姫乃たま、伊野尾書店で働いてるので会いに来て会」  中井駅にある伊野尾書店さんにて「姫乃たま、伊野尾書店で働いてるので会いに来て会」というタイトル通りのイベントがありました。  なんと電車を乗り過ごして遅刻するという、初日のアルバイトだったら即クビになる事件があったのですが、無事にクビにされずに働かせていただくことができました。伊野尾さんありがとうございます……。  店主の伊野尾さんはプロレス/格闘技大好きで、伊野尾書店は一見普通の町の本屋さんなの