小さな会社の経営者

恐妻から学ぶ利益①

「利益」といえば ・売上から経費 を引いたもの(簡単にいえば)です。 多くの方は、売上を上げようと考えて行動されている経営者・個人事業主が多いです。 もちろん売上を上げないと、成長している企業・個人事業主とは認められないですよね。 次に、経費を抑えようと考えます。 原価、水道光熱費、旅費交通費、通信費、接待交際費、消耗品費、福利厚生費は抑えることが可能ですね。 ここまでは当たり前のことを言っているため、何を今さらと言われるかもしれません。 ここからは別の角度で

続けることに価値がある

したい人 10000人 始める人  100人 続ける人  1人 串カツあらた神田店では 朝の徹底掃除を これから先も大切に 最重要項目として続けていきます。

+1

「大きな石」と「小さな石」という考え方

こんにちは。 地方にいても10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。 ビジネスは継続する事が大事です。 しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか? 私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか? コリー・コーゴン氏は自身の著書である『5つの選択 卓越した生産性を

スキ
5

恐妻から学び節約①

「節約」といえば ・嗜好品を減らす ・無駄なものを買わない をはじめ、支出を減らすことを連想されるかと思います。 確かに、支出を減らすことである程度の「節約」は達成できます。 ただ、節約した分はどこにいきますでしょうか。 貯蓄でしょうか。 大抵の場合、節約した分はなぜか、自分以外のどこかで嗜好品として消えていませんか。 それでは、自分が使用した分だけ減らしているだけで身が持たないのではないでしょうか。 恐妻家が求めている「節約」とは ・嗜好品を減らす ・無駄なも

スキ
1
+2

AI翻訳時代に必要な英語力について語ってみる

こんにちは! グローバルに活躍したい経営者とともに未来を創り出す、関口千恵です。 今日はいつもと少し趣向を変えて、コラム風の文章を書いてみました。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 東大院卒、イギリスでMBAを取得した元金融エリートの40代男性の経営する東京都内のバー。 棚にはずらりとスコッチウィスキーが並んでおり、本場さながらのイギリスのバーの雰囲気を味わえる空間だ。 緊急事態宣言で長らく休業していたが、10月になってから少しずつ客足が戻り始めた。 経営者仲間や金融機関

スキ
2
+1

起業前にたくさんの経営者と話をしよう!

こんにちは。 10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。 ビジネスは継続する事が大事です。 しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか? 私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか? サラリーマンが起業する前にまずやったほうがいいことの1つに経営者とたくさん話を

スキ
3

妻から学ぶ教訓①

金銭的な余裕をもっと増やすことで夫婦仲がよくなる 例えば、小遣いあげるためにまず思いつくのは ①経営者・個人事業主なら「利益」を上げる ②サラリーマンなら「評価」を上げる ことに注力することが大切ですが、実は ③節約 ④節税 に関しては今日からすぐにでもできることです。 お金ができれば余裕も生まれます。 恐妻家におそるおそるお願いをしなくてすみます。 とは言っても まずは普段の夫婦の会話が大切です。 普段の会話や表情から何か悩んでいることを恐妻家であれ

スキ
3
+1

起業家は軸になるスキルがまず必要

こんにちは。 10年後も笑顔!の起業家を育てるコンサルタント新垣覚です。 ビジネスは継続する事が大事です。 しっかりと基礎を固めながら10年続く足腰の強い本物のビジネスをしませんか? 私は「貯金ゼロ」「人脈ゼロ」「資格なし」の状態で起業して今年で10年目を迎え、全国にクライアント様をもつようになりました。まずは6か月かけて「自分の人生の大切なものを最優先して稼ぎ続ける起業家」に進化しませんか? 起業してビジネスを続けていくにあたりまずは中心となる軸になるスキルが絶対に必要

スキ
5

何のための「いらっしゃいませ」?

先日、うちのお店の近所にOPENした急拡大中の寿司居酒屋チェーン店へ。 オープン当初はよく流行っていた、このお店。 最近は落ち着いた、なんて話をよく聞いていた。 僕が行ったのは、20時過ぎ。 いわゆるピーク時間帯やけど客足はまばら。僕を除いて3組。 スタッフさんはホールで4名、キッチン3名。 店長らしき人と、もうひとりのスタッフさんは仕込みをしていて、他のスタッフさんは、おしゃべりをしている。 明らかに厳しいなぁという雰囲気。 そんな中、新規の来店。 店長ら

スキ
12

顧客より従業員を大切にする理由

仕事上で大切にすべき順番がある。 私はコピーライターをしながらパワポを使ってプランナーしたり、イラレを使ってデザイナーしたり、さらにはフォトショップを駆使してカメラマンもどきをしたりする。しかし、最近つくづく思うのは、仕事って人にお願いするものなんだなということ。 よく経営者は孤独だ、自分の分身が欲しいと思う、などと言われる。私も昔は、そんな風に思っていたけど、そもそもその考えが間違っていた。 仕事は人にお願いするもので、そのもっとも近しいのが会社のスタッフなのだ。従業員を

スキ
1