AIを作ろう #1 【決定木 CARTアルゴリズム】 【ゼロから実装・AI・機械学習】

こちらのブログの方がコードなどは読みやすいかもしれません。

「AIを作ろう!」というとだいぶ大げさですが、機械学習を中心とした内容を簡単にさらっとまとめ、実装までやっていこう、というシリーズのつもりです。

今回は単純明快でありながら、よく使われている「決定木」のアルゴリズムを簡単に説明し、実装していきます。

『決定木とは何か?』を抑え、その中でも今回は CART アルゴリズムを紹介します。

もっとみる
ありがとうございます!
5

機械学習の書籍多いけど、どれ買えば良いの?レベル別にオススメ!!<初心者向け>

はじめに

機械学習の書籍多いけど、どれ買えば良いのかをレベル別にオススメします。

レベルはレベル1~レベル5の五段階です。
今の自分にあったレベルから書籍を選んでみて下さい。
また3〜4ヶ月でここに紹介した書籍を読み進められるとベストです。
勉強方法はこのnoteでは触れませんが、Couseraのマシンラーニングコースなどオンラインでとても良い講座があるので、書籍以外のサービスも活用してみて下

もっとみる
スキありがとうございます!!😆
100

思いついたら軽率に即実装をした方がいいという教訓

突然ですが、今ネットで話題になってるこの商品ご存知ですか??

ダイソーで300円で売ってる洗濯機のおもちゃ
実際に水を入れられるし、回るし、排水もできる
これ使ってメイク道具洗浄できる!と思った人がいたらしく、めちゃくちゃ話題になってます。

で、この商品私がみて最初に思ったこと

「うああああああああああああああああああー...やられた...」

一昨年くらいに同じこと考えていました

ダイソ

もっとみる

一時期、プログラムなんて見る気も起きないとしか思えなかったのが、昨日は寝ないでプログラムをやって3年分一気に進んだ感じ。いまだにわからないのは、データ型を変えただけでアルゴリズムが機能しなくなること。多分データに関係するバグがあるんだと思うけど、気になって眠れない。今日は寝るぞ。

ありがとうございます!
1

次世代公開会暗号作成メモ

今、Niederreiter暗号という次世代暗号を実装している。韓国も中国もアメリカも実装を公開しているのに、公開してないのはまるで日本人だけのようだ。そこで私が作ろうというわけで頑張っている。もちろんポインタも何も使っていない教科書レベルのC言語の初心者コードなので何も難しいことはない。ところで今日の成果は、バイナリ行列が正則(逆行列を持つ)条件をなかなか満たしてくれなかったことだ。ランダムに生

もっとみる
ありがとうございます!

テキストを掻き分けながら読む実装(『煮ても焼いても』)

テキストを指でびょーんとスライドして掻き分けないと読めないWebサイトをつくってみた。

https://lynoting.github.io/playground/

びょーんとするとみょーんと動く。断片の下からまた断片があらわれる。

もっとみる

実装のその先

「科学技術が実装された世界」

ベンチャー企業、それを支援するハイテクVC、技術系企業、最近では研究者自らが研究成果を実装する試みをしていますね。

医療業界では様々な役割の人が新薬、医療機器ICT活用による新たな医療の姿を模索しています。

このような熱意ある方々が想像している、技術が実装された社会、では何がどう変わっていくのでしょうか?

通信速度が速くなったら社会はどう変わるのか?

新しい

もっとみる

偏微分方程式入門③_量子力学_資料【完全版、実装コード付き】

偏微分方程式入門の第三回目として、量子力学の解説用資料の完全版です。

実装コードも追加していますので、理解の役に立てていただけたらと思います。

※ なお、著作権は作成者または当アカウントの管理者に属しており、許可のない複製利用を禁じますので予めご了承いただければと思います。

もっとみる

シェア型か、実装型か。

つい先日、近くの駅に“アイカサ”というサービスが設置されていた。

便利で、簡易的なので良いサービスだと思う。

サラリーマンにはもってこいのコンテンツです。ストレスを軽減して奴隷列車の中に乗らないといけないですから。。。

さて、僕はこのサービスを面白いとは思うが乗っかろうとは思わない。なぜなら散々書いてきたがどちらかというとシェア:サービス型ではなくて実装型を推奨しているから。

どういう訳か

もっとみる
読んで頂き光栄です。
2

Business Realizingという生き方

起業してなんとか生き延びて5年、思うこと

この5年、起業していなかったら経験できなかったであろうことがたくさんあり、noteで書くことによって誰かの役に立てばいいなということと、私自身と頭の中を知ってもらって、今までとこれからの関係者とよりスムーズに仕事ができる一助になればいいなと思っています。

今日は、これからの自社の考え方と、それに至った経緯などを綴ろうかなと。

Business Sup

もっとみる
感謝します!次の記事にもご期待ください!
6