スポーツ大国のあやうい未来(2013年)

 2011 年に死去した金正日総書記の統治スタイルは「音楽
政治」と言われた。総書記には「音楽芸術論」という著作
もある。音楽を政治に取り込み、思想教育に役立てた。
 一方、息子の正恩第1書記は、「スポーツ政治」を目指し
ているようだが、あやうさもはらんでいる。

 正恩氏は、今年8月以降、夫婦そろって国内で開かれる
スポーツ大会を観戦する様子が朝鮮中央テレビでひんぱん
に放送されている。北朝鮮国

もっとみる
うれしいです。

北朝鮮のタブー

北朝鮮では触れてはいけない二つもタブーが存在します。
一つ目は、北朝鮮の初代主導者、金日成の正体。
二つ目は、現主導者である金正恩の母の正体。
二つとも金王朝と呼ばれる今の体制の土台を揺るがすものであるため、
北朝鮮では絶対に触れてはいけない話題となっています。

金日成になった男

北朝鮮の初代最高指導者は「金日成(キム・イルソン)」ですが、実はこれ、本当の名前ではありません。
彼の本当の名前は

もっとみる
恐縮です!

イメージ戦略先行 改革はもたつく 金正恩氏の1年(2012年)

2012年にミニコミ誌に寄稿したものです。

 1年前に、頼りにしていた父親の金正日総書記が死去し、北朝鮮の指導者に押し上げられた金正恩・朝鮮労働党第一委員長。
 後継者になることは2010年に公表されおり、さまざまな形で人間像に関する報道が行われてきた。最高位のポストについてからの行動や発言を通して、徐々に実像が見えて来た。
 イメージ戦略には長けた若者だが、北朝鮮は実質的には何も変化していない

もっとみる
ありがとうございます。

来年早々に「国境閉鎖」解除も 北朝鮮

 前回のこの欄では、金正恩朝鮮労働党委員長が、韓国側に謝罪したことを書いた。韓国の公務員が北朝鮮側の海域で射殺された上、遺体が焼かれた事件に関してだった。これだけ迅速に、韓国側に対して北朝鮮の最高指導者が謝罪するのは異例なことだった。
 その後、もっと驚くことが起きた。10月10日に行われた朝鮮労働党創建75周年の記念行事でのことだ。

もっとみる
ありがとうございます。

北朝鮮でデジタル革命が進む(二〇一一年の原稿です)

 来年は、北朝鮮にとって記念すべき年になる。まず、故金日成主席生誕100年である。誕生日の4月15日には盛大な行事が行われるはずだ。2月16日は、金正日総書記の70回目の誕生日、後継者である3男正恩氏は30歳になる。こういった切りのいい年を北朝鮮は大変重視する。
 これと軌を一にする動きが平壌で進んでいる。社会のデジタル化だ。インターネットも自由に使えないのにデジタル化ができるのかと思う人も少なく

もっとみる
ありがとうございます。

すべてを人民のために 大青里が伝える物語

10月15日、朝鮮の黄海北道銀波郡大青里で新居入りが行われた。

不測の災難を蒙った大青里が様変わりしたのにはいきさつがある。

この8月初、大青里一帯に連日降り注いだ大水と豪雨によって水路堤防が崩れ、数百棟の住宅と耕地が被害を蒙った。

金正恩委員長は、郡党委員長に電話をかけて大青里の実態報告を受けたとして、自分がすぐ出かけると言った。そして、落胆することなく安着して生活するようにという自分の言

もっとみる

教育者に寄せられた信頼

朝鮮では、大学卒業生が離島の分校や山間学校に進出して次代教育に自分のすべてを惜しみなくささげる美挙が多く発揮されている。

この10余年間だけでも、1000余人の師範大学、教員大学の卒業生が都市の学校や住み慣れた故郷の教壇ではなく、数名の児童がいる離島の分校や山間学校で教育事業のスタートを切った。

今日、離島の分校、山間学校には、次代教育に一生をささげる教育者の数が日を追って増えている。その中に

もっとみる
感謝しています。

動画:朝鮮半島問題を本当に理解しているか?

朝鮮問題を、日本国内の目線で見ていると必ず必要のない敵を作ってしまいます。操られないためにもしっかり理解したいものです。

嬉しいです。ありがとうございます!
1

北朝鮮ってどんな国?



韓国と似て非なる国として挙げられるのが北朝鮮です。北朝鮮はソ連と中国が支援する社会主義国または共産主義国として誕生しました。韓国が李承晩による建国を果たしたと同時に北朝鮮にもあるリーダーが生まれました。

ソ連はそのリーダーを金日成とし北朝鮮のリーダーに任命しました。建国神話というものを知っていますか?日本でいえば古事記です。建国神話とはその国がどうなって今のリーダーが治める国となったのかとい

もっとみる