リハビリ日記

仕事復帰18日目

昨日15年も上の先輩に会った。
すこし変わった先生で、年上とは思えないほど距離を縮めて話しやすい人だ。
どこからか、自分が休職していること、その内容を聞いてくれていて、
気にかけていてくれたらしい。

医学以外のことにも通じていて、医療以外でも人の病を治す術を知っている人なので、手術しても完治しない今の自分の状態に力になれるのではないかと申し出てくれた。

先生はいろんなことを知っている。
少し情

もっとみる

仕事復帰11日目

すごく動揺することがあった。

まだ傷病手当の期間で、毎日病院に来ることで精一杯なのに。

来年のローテのことなんて、考えられない。

制度上出さないといけないのはわかってるけど、
気を遣った言葉ひとつもかけずに言い伝えられた。

すごく動揺した。

自分は今なにもできないのに。

明日なにができるかもわからないのに。

来年のことなんて考えられるはずない。

仕事復帰7日目

友人から物をもらう約束をした。

相手に気を遣わせるくらいならと思い自分から申し出で駅まで行った。

ある程度互いの心のうちを話したことがある仲なので、駅までの道中、会ったら少しいま悩んでることを相談してみようかななどと考えていた。

駅は比較的大きいので入口が二つある。

自転車置き場がある入口の方が遠いのだが、友人が家から向かってくることを考えるとこちらの入口の方が近いと思い、わざわざ遠い方ま

もっとみる

週末、結局行ってしまった、、、、

あ~

昼過ぎぐらいまではなんともなかったんだけど、、、
結局行ってしまったんだよな。

今回の敗因はYouTubeでパチンコ関係の動画を見ながら家事をしていたためだ。実践動画はだめと自分でも書いていたのに、、、
まぁ、実践動画は見てはいないんだけど、パチンコ関係の話をしている動画を見るだけで行きたくなってしまいましたね、、、

明日こそ行かない!!!!!

やったー!ありがとうございます!
3

仕事復帰6日目

休日に限って朝無理なく起きられる。

今日は別に昼間で寝ててもよかったのに。

朝ごはんをしっかり食べて身支度をする。

毎朝これくらい気持ちに余裕を持って朝を過ごせたら楽なのに、と思う。

ここまで書いていて思ったが、朝余裕がないのは時間ではなく気持ちなのか。

なかなか起きられなくて結果的に時間に余裕がなくなってしまうのは事実だが、
実際は気持ちに余裕がないから上手くできないのだ。

きっと、

もっとみる

仕事復帰5日目

すごい。

みんなが迎えてくれる。

自分ってめちゃくちゃ可愛がられてたんじゃないかって勘違いしちゃうくらい何処に行っても顔を覚えてもらえてる。

エレベーターホールに居ると聞きつけてすぐに駆け寄ってきてくれたIさん。
人間性的に、人を大事にする人だとは思ってたけど仕事中にわざわざエレベーターホールまで来てくれて、笑顔で手を広げて待っててくれた。

「え〜?わざわざ私のために来てくれたんですか?」

もっとみる

明日は鬼門の週末!

1週間お疲れさまでした!

さて、こんだけ「行かない!」「絶対に行かない!」と言っていても
結局はパチンコに行ってしまっていた週末がやって来ました!

このnoteも始めてから、平日の会社帰りでも
「ちょっと行こうかな、、」
と頭を過ることは昨日、一昨日とありました。

やばいね、、でもおかげで自分を少し客観的に見ることができるようになったと思います。これはnoteに感謝!!

ということで、今週

もっとみる
やったー!ありがとうございます!
3

ギャンブル検定 第1回

ほもう少しパチンコなどのギャンブルに勝つためには確率を計算し、理性を持って戦いを挑むのが正しいと知りました。

ということでパチンコがどれだけシビアで勝ちにくいのか。簡単な例題から考えていきましょう!

問1 コインの表裏

コインを投げて、裏が出るか表が出るかの勝負をします。
コインの表が出れば150円、裏が出れば0円、1回遊ぶのに100円です。
(コインの裏表の確率は偏りなく50%、50%とし

もっとみる
やったー!ありがとうございます!
1

パチンコ実践動画はおすすめから消せ!

前回のわーさん編の動画で彼も言っていましたが、
パチンコをやめたいならYoutubeでパチンコを見ないべき!
理由はとても簡単。行きたくなるから。

多分に脳に刻まれた気持ちよかったときの記憶が思い出されちゃうんですよね。きっと。だから絶対にやめたほうがいい!お店の近くも避けたほうがいいし、動画も見ないべき。

しかも、YouTubeはとても頭がいいです。一回パチンコの実践動画を見たら最後、You

もっとみる
やったー!ありがとうございます!
2

仕事復帰2日目

僕は休憩室を抜けて、廊下の階段を上がってオフィスに上がるつもりだった。

休憩室を出た廊下には、右手に階段への扉があり、左手には自動販売機が置いてある。
そのなかでも一番奥の自動販売機は、ボタンを押してから抽出するというこだわりの機能を搭載したコーヒー専用の自動販売機だ。

僕は昼食を終え、残った仕事を片付けるためオフィスに戻ろうと休憩室を出た。

廊下の奥から、制服を着た見覚えのあるシルエットが

もっとみる