プロランナー

プロランナーの定義とは? 2020/02/16

今回は最近陸上界のTwitterで話題になっていた『プロランナーの定義』について自分なりに思ったことを書いていきたいと思います。(流行りに遅れてすみません)

陸上競技に関しては、現在野球やサッカーのようにプロリーグなどが存在するわけではありません。名乗れば誰でも『プロ』になれるというのが現在の状況なのかなと思います。

先日拝見したTwo Laps TC代表の横田さんの投稿では、目からウロコのよ

もっとみる
ほたるいか(´- `*)
47

(´-`).。oO(神野くんのYouTubeチャンネルを早速、登録してみました。どんな動画を配信してくれるのかとても楽しみですね♪)

どうも有難うございます。m(__)m 今後もよろしくお願いします。
1

世界で戦うビジネスマンランナー「柳田 主税(やなだ ちから)さん」2019/09/02

今回は僕が日頃からお世話になっている株式会社ChiMa Sports Promotion Japan 代表の柳田 主税(やなだ ちから)さんについて書きたい。
今こうしてケニアにいながらnoteを書いているが、それを可能にしているのも柳田さんのサポートがあってのことだと実感している。

普段選手がメディアに出る際は、その取り組みがフォーカスされて取り上げられることが多いが、その一方でサポートに尽力

もっとみる
金沢だけでなく、富山にも来てくださいね(´- `*)
42

プロランナー・川内優輝選手について

私は、マラソンランナー、川内優輝選手のファンです。どんなに苦しい展開でも極限まで粘って、最後まで全力を出し切るレーススタイルも好きですが、特定の師を持たず、普段の生活や練習でも、自分の頭で考えたスタイルを信じて、自己責任で突き進む姿が本当にカッコいいと思っています。

ひたむきに努力しているのに、あまり悲愴感を漂わせず、少しとぼけた感じのキャラクターもいいです。

32歳というランナーとしてはベテ

もっとみる
ありがとうございます。素晴らしい一日になりますように。
1

母校でのワークアウト

次戦は6/29平国大記録会

昨日はJOG+(400m×4)×2
母校である草津東高校でおこなった。

JOGは平均3’38で10km気持ちよく走った。

このペースでJOGすると
青学時代の630mのクロスカントリーコース縛りの
12kmJOG思い出す。

そのあとシューズを履き替えて400m。
前半はゆったり行って後半少し頑張るイメージ。
400mの設定は64秒なので34-30で後半あげる。

もっとみる

空白の2年半

空白の2年半

先日、5月13日に2年半ぶりのトラックレースに出場した。
それ以前最後に出たのは2016年12月の日体大記録会で、ロードでは2017年1月の都道府県駅伝を最後にレースから遠ざかっていた。

この2年半、私が何をしてたか、どうしてたか、というとほぼ故障していた。

この2年半あまり思い出したくないが自分の中で整理するためにも振り返ってみたいと思う。

その前に社会人になってサンベルク

もっとみる

復帰2戦目を終えて

6月2日(日) 日体大記録会5000m 13組

結果は14分36秒62 で組18位。
一応シーズンベストだがまだまだ。

3000m手前まで感覚めっちゃ良くて
動きもよくこのままいけると思ったが
3000mあたりで脚がいきなり止まった。

これは前回のレースも同じで突然脚が止まる。

理由は明確で、基本的に1部練しかしていないことに加えて
練習期間が2ヶ月と短いこと。
2部練していればこの期間

もっとみる

プロランナーとは?

プロランナーの定義とはなんぞや?
走ることに対して自由に時間を使えるランナーのことか?走ることで収入を得ているランナーのことか?えぇと、実業団はプロって言わないんだったよなぁ…。独立してスポンサーついたりしたらプロなのか?実業団辞めてプロ宣言したら、もうプロ?海外には働きながらプロって言ってる人もいるとか。もうとにかく速けりゃプロなのか?うーん、考えてみれば定義が曖昧なんだよなー。

市民ランナ

もっとみる

超久しぶりのレースに出て感じた事

5月12日(日) 日体大記録会5000m 9組

超超超久しぶりにレース出場した。

結果は14分41秒24

撃沈。

実際はもっと走れると思っていたのが正直なところ。

コンセプトは3000m8分30秒で入ってそこから粘ること。
次戦の6月2日の5000mに向けて突っ込むレースをすることだった。

最初の1000m2’48で入りここで余裕はあるが体は頑張って動かしてる感じがあったけどなんかとな

もっとみる

初めまして池上秀志です

こんにちは、今回からRun Lineの方に記事を書かせて頂くことになりました、池上秀志(いけがみひでゆき)と言います。今回はまず私の自己紹介をさせていただきたいと思います。

出身は京都府のベッドタウン、亀岡市というところです。現在大阪ガスで箱根駅伝6区区間2位、日本選手権1500m2位の広瀬大貴さん、箱根駅伝5区間賞の中井祥太さん、当時の日本記録2:26:09で大阪国際女子マラソン2位に入った藤

もっとみる
1000mTT!自分の限界に挑戦!
25