ハードボイルドババア

連載小説「メイドちゃん9さい!おとこのこ!」10「誘拐」ゆうやけ!

連載小説「メイドちゃん9さい!おとこのこ!」10「誘拐」ゆうやけ!

前後編式小説後編。  伝統と文化の街、倫敦。  この物語は、倫敦のちいさなお屋敷を舞台にお届けする。  9歳のちいさなメイドちゃんと、お年を召した奥様の、1日かぎりの非日常です。  あわれ囚われメイドちゃん。  かどわかされて、繋がれて。  両手を縛る、ガムテープ。  暗き1室、扉の向こう。  悪漢どもの宴会です。  齢はたったの9つの。  恐怖に怯える少年の。  幼い運命はやいかに。 「楽しんだら帰してやるか?」 「さあなあ……。ビビって声も出やしねえし」 「にしてもあ

スキ
1
連載小説「メイドちゃん9さい!おとこのこ!」10「誘拐」sign of rain.

連載小説「メイドちゃん9さい!おとこのこ!」10「誘拐」sign of rain.

前後編式小説後前編  午睡。  短い眠りを補うまどろみ。  老人の糧。  若き日の栄光にすがり、睡眠薬を食いあさる者もいるが。  ローザはまどろみを気に入っている。  ベッドに流れた赤毛はほとんど白く。湯とシャンプーの香りをさせている。  ガウンの下も白い。  数年前、ある日本人が「トキのようだ」と表現した肉体。 「天然記念物だよ」  結局。一夜のあやまちの女で終わった。  そして今。1月の曇った冷えた朝。  ローザの可(か)愛(わい)子(ご)は、恋敵の元に着いただろう。

スキ
2
連載小説「メイドちゃん9さい!おとこのこ!」9話「聖夜」Moonlight.

連載小説「メイドちゃん9さい!おとこのこ!」9話「聖夜」Moonlight.

今回は1話完結です。  クリスマスが近い。  ハロッズの外は夜も近い。  すべてにおいてきらびやかな百貨店。  光る内装。光る笑顔。光る民間人の家庭。  ローザ・テーラーは苦渋を浮かべる。 「これが閃光弾の光なら理解できるし、これがミサイルのスイッチでも理解できるのよ」  極めて真実。しかし店員の顔に書かれている。  負け惜しみが物騒なおばあちゃまだこと。 「もう1週ぐるりと回ったらまた来るわ」  こちらはきっちり負け惜しみ。彼女はゲーム売り場を出る。  ヒールが未練がまし

スキ
3
連載小説「メイドちゃん9さい!おとこのこ!」7話「休日」Moonlight.

連載小説「メイドちゃん9さい!おとこのこ!」7話「休日」Moonlight.

前後編式小説後編。前編はこちら  同刻。白昼。  ヴィクトリア朝めいたワンピースの老女。  ほとんど白くなった赤毛。  見るからにの上品さ。  されど、ローザ・テーラーは不機嫌である。  理由は三つ。  一、ずるずると自宅に居座ってしまったマッドサイエンティストに、子守を任せるはめになったこと。  二、そのマッドサイエンティストが、何やらまた自分を改造して悦に入っていること。  三、 「公式に発表することないじゃない」  彼女の一言で、運転手は巨躯を縮める。 「は。その、焦

スキ
3
連載小説 メイドちゃん9さい! おとこのこ!6話「愛犬」Moonlight.

連載小説 メイドちゃん9さい! おとこのこ!6話「愛犬」Moonlight.

倫敦のちいさなお屋敷で暮らす、メイド(ショタ)と奥様(80歳の武器商人)の日常。二話完結式後編です。前編、メイドちゃんのターンはこちら。 「疲れたわ」  ローザは安楽椅子に身を委ねる。  くつろぐとさらに、疲労が襲いかかる。 「トシだな」  オットマンの傍らを軽くにらむ。 「若くたって、子どものエネルギーには敵わないわ」  それよりも、と葉巻に火をつける。 「よくあんなところで……、バイオテロなんてしようとしたわね、あなた」  トータリー・テムズ・フェスティバル。  老いも

スキ
4
連載小説 メイドちゃん9さい! おとこのこ!5話「密命」Moonlight.

連載小説 メイドちゃん9さい! おとこのこ!5話「密命」Moonlight.

2話完結後編。 倫敦のちいさなお屋敷で暮らす、9歳のちいさなメイドちゃんと、80歳で武器商人の奥様の日常。 前編はこちら 「そんなにあわてて帰国することなかったのに」  ローザと男の髪は同比率で白くなっている。  年齢差を考えるのなら、それは政治家の心労のせいやもしれず、政治家一族に課せられた遺伝やもしれず、毛染めをする余裕がないのやもしれなかった。  それでもウィスキーを一気にあおらないのは、貴族の品がしみついているからに違いない。 「帰国しなければ、逃げたと大衆は感

スキ
3
連載小説 メイドちゃん9さい! おとこのこ!4話「教育」Moonlight.

連載小説 メイドちゃん9さい! おとこのこ!4話「教育」Moonlight.

9歳のちいさなメイドちゃんと、80歳で武器商人の奥様の、二話完結の日常。奥様のターンです。前編、メイドちゃんのターンはこちら! 「確かに襟元にハーケンクロイツがあったわ。ネオナチ気取りの若者ね。きちんと組織として機能しているわけじゃない連中。つまり、私の情報を流した上がいることは確定事項よ。襲撃場所の癖としては――、ファイルをもう一度見せて。そう、この団体の癖があったわね」 「ありがとうございます、テーラーさん」  ブラウンに向かって、ローザは軽く愚痴をこぼす。 「ユーリは

スキ
3
連載小説 メイドちゃん9さい! おとこのこ!3話「歯」Moonlight.

連載小説 メイドちゃん9さい! おとこのこ!3話「歯」Moonlight.

 伝統と文化の街、倫敦。  この物語は、倫敦のちいさなお屋敷を舞台にお届けする。  9歳のちいさなメイドちゃんと、お年を召した奥様の、1年間の日常です。  今回は奥様(夜)のターン! メイドちゃん(昼)のターンは↓より。 「ごめんなさいねえ。ユーリったら、せっかくの新製品を」 「お気になさらないで、テーラーさん。私も見かけがおしゃぶりなのは改善せねばと思っていたんですの」 「でも、せっかくのいただき物を」 「まあ、テーラーさん! 私があなたにどれだけ借りがあるかお忘れ? 

スキ
3
連載小説「メイドちゃん9さい! おとこのこ!」2話「市場」Moonlight.

連載小説「メイドちゃん9さい! おとこのこ!」2話「市場」Moonlight.

 倫敦のちいさなお屋敷で暮らす、メイド(ショタ)と奥様(武器商人のおばあちゃん)の、穏やかな(メイドちゃん視点でのみ)穏やかな日常。 謎解き編、奥様のターンです。 メイドちゃんのターン、おひさま! はこちら 「はい。これが現品よ」  日焼けした男が袋を開ける。 「確かに。間違いない」  ローザは土産の葉巻を取り出す。男にもすすめる。男は受け取りかけ、やめる。 「医者に止められててな……。アンタが羨ましい」  微笑を漏らし、葉巻を置く。  ヴィクトリア朝を思わせるワンピー

スキ
5
【デビルハンター】ジュディ婆さんの事件簿 #ChristmasSpecial

【デビルハンター】ジュディ婆さんの事件簿 #ChristmasSpecial

ソリの扱いは意外と得意。 -ジュディ- ―― 2017年12月25日 コロラド州 デンバーの繁華街、16番ストリートに店を構えるメキシコ料理店 ”デビルズキッチン” 。 オーナーとシェフを兼ねるソフィアが1年前にオープンして以来、その悪魔的な味と彼女の人柄によって一躍人気店となり、この2日間のディナーは予約客だけでほぼ満席という繁盛ぶりだった。 店の地下に設けられた秘密の部屋。その扉を開けて飛び込んできたスーツにポロコート姿の男―― ゴードンが、息を弾ませながら膝に手を

スキ
28