日経平均株価、弱い

日経平均株価、弱い

一ヶ月の主要指数のパフォーマンスを見てみると、ナスダック100やS&P500などのアメリカ株のパフォーマンスが良いのに対して、日経平均株価や香港ハンセンなどのアジア株のパフォーマンスが弱くヨーロッパはどっちつかずの感じというのが読み取れる。特に主要指数の中でも香港のパフォーマンスはかなり弱い。それでは日経平均株価の弱いパフォーマンスはこれからも続くのか分析していく。 日経平均株価の日足チャートをを眺めるとMACD(12,26,9)はデットクロスしているので、売りシグナル

5
7/26 ティダ親父 日経225相場予報

7/26 ティダ親父 日経225相場予報

ティダ親父の朝のつぶやき!(^^)! おはようございます。7月26日、 予報今日の日本市場は、寄り付き持ち高調整後、買い先行でのスタートから、戻り高値の売り板が厚くなる中で、4連休前にポジション縮小・調整されたポジションのリバランス(ポートフォリオの組成変更)の新規ポジショニング取引となりそうです。引き続き、短期筋による時間外の米国先物市場等の外部要因をキッカケとする利幅取りの仕掛けや、思惑的な仕掛けが、リバランス(ポートフォリオの組成変更)の動きと共鳴すると上下に振られ、

7/26 ティダ親父 前日の相場振返り

7/26 ティダ親父 前日の相場振返り

ティダ親父の朝のつぶやき!(^^)! おはようございます。2021年7月26日 2021年7月21日の日経225先物市場買い先行でのスタートとなり27750円で寄り付き、持ち高調整後、日本市場が祝日の4連休を控えて、ひとまずの利益確定の売り板が厚くなる中で、ポジション縮小・調整のリバランス(ポートフォリオの組成変更)の取引となった事から、前場後半には強い意識ラインの27500円まで値を下げると、売りが一巡、昼休みから後場引けにかけては、27500円を中心に、レンジでのリバラ

BAR ダンテ 7月ラスト週7/26~のFX相場分析 ポンド円

BAR ダンテ 7月ラスト週7/26~のFX相場分析 ポンド円

こんにちは、今晩は(・ε・` ) 今回もBARダンテへようこそ✋ 暑い日々が続いてますが 7月も来週で終わりますね👏 微妙な感じでオリンピックも始まり 盛り上がってるのかは解りませんが 相場の方はどうでしょうね🤔 と言う事で 来週のポンド円の相場分析を書いて行こうと思います🆗  先週は週始めから149円台へ下落し 週足のネックライン迄捉え 148.444の安値を付けての反発 終値が151.956と成りましたね👌 週足の📈が↓ 想定していた修正波cは終わりと見て良いで

6
【日経225先物】マーケット分析とトレード戦略|2021年7月25日(日)時点 ※毎週水・日曜更新

【日経225先物】マーケット分析とトレード戦略|2021年7月25日(日)時点 ※毎週水・日曜更新

《サマリ》ECBからはハト派的な声明が続いています。 ECBのインフレ目標が2%弱から2%に 引き上げられた上、「継続的に目標達成 するまで金利引き上げしない」 とガイダンスが引き上げられました。 一方、米国市場を筆頭に 下げた分の取り戻しが進んでいるものの、 天井が近いという懸念は根強い雰囲気です。 FRBによるテーパリングをめぐる 疑心暗鬼も継続しており、 各種のイベントや当局者による声明に対して 一喜一憂する展開は当面続きそうです。 また以前から「十分織り込まれて

2
アメリカ株リスクは終わった?

アメリカ株リスクは終わった?

S&P500の日足チャートを眺めると、MACD(12,26,9)はデットクロスしているので売りシグナル。 RSI(14)はトレンドラインにぶつかり反発した。 Aroon(14)はまだ下落トレンド継続を示している。比率の短いAroon(7)は何も示していない。トレンドが長続きしないのでAroonは最近そこまで当たってない。 今年の値動きではまだ50日移動平均線から大きく離れた下落をしたことは一度もない。大体下落は50日移動平均線付近までか50日移動平均線を下に抜けても、

4
【7月21日(水)厳選銘柄予想】

【7月21日(水)厳選銘柄予想】

記事をご購入いただければ、買うべき銘柄と推奨の指値がわかります。 それなりに下の価格まで待つ指値ですので刺さらないケースもありますが、刺されば反発の2-5%の利益を狙えば堅いです! 100万円あれば、一回2万円から5万円の価値を狙えます。 指値が刺さらない日もあるので 毎月のマガジンを購入いただくことを推奨します!! 🌸【購入前必読!】ストラテジーについて https://note.com/kabu_honu/n/nb3c40f99e26f #かぶホヌのひとこと な

500
残り10/10
7/21 ティダ親父 日経225相場予報

7/21 ティダ親父 日経225相場予報

ティダ親父の朝のつぶやき!(^^)! おはようございます。7月21日、 予報今日の日本市場は、寄り付き持ち高調整後、買い先行でのスタートから、戻り高値の売り板が厚くなりそうで、日本市場が祝日の連休を控える中、ポジション縮小・調整のニュートラルのリバランス(ポートフォリオの組成変更)中心の取引となりそうです。引き続き、短期筋による時間外の米国先物市場等の外部要因をキッカケとする利幅取りの仕掛けや、思惑的な仕掛けが、リバランス(ポートフォリオの組成変更)の動きと共鳴すると上下に

7/21 ティダ親父 前日の相場振返り

7/21 ティダ親父 前日の相場振返り

ティダ親父の朝のつぶやき!(^^)! おはようございます。2021年7月21日 2021年7月20日の日経225先物市場売り先行でのスタートとなり27330円で寄り付き、持ち高調整後、前日同様、戻り高値にはひとまずの利益確定の売りが出て、終日に渡り、強い意識ライン27400円を中心に、振れ幅の大きいレンジでのリバランス(ポートフォリオの組成変更)中心の取引となっています。 日経225先物の終値は27410円、日中値幅は320円となり、前日比 -190円安となりました。現物市

NYダウ2.09%急落、下落は続くのか

NYダウ2.09%急落、下落は続くのか

日足チャートを眺めるとMACD (12,26,9)はデットクロスしているので売りシグナル。 RSI(14)も50より下なので下落トレンド。 Aroon(14)と比率の短いAroon(7)ともにアルーンダウンがアルーンアップを下から上に突き抜けアルーンダウンが100になったので下落トレンドの始まりを示唆。 6月の下落は90日移動平均線にタッチして回復したのが読み取れ昨日の下落も90日移動平均線に支えられてる状態なので、90日移動平均線がサポートラインになっていることが確

2