チームコーチング

【読書】心理的安全性のつくり方

【読書】心理的安全性のつくり方

リクルートで求人広告の営業をしていた20代の私は、スキルも実績もないところからのスタートで、自分に自信もなかったので、どうすれば、経営者の方に「いい提案だね」、「君はよく経営者の視点に立てているね」、さらには「さすが坂口くんだね」というような言葉をもらいたいということをモチベーションに仕事に没頭していた。(恥ずかしながら人に評価されたいという自我ばかりが大きかったように思う。若気の至りではずかしい)だから、毎日深夜までオフィスで仕事することで、自分は成長できているのではという

スキ
4
健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から④まとめ+次回予告
+1

健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から④まとめ+次回予告

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ 先週と今週にわたり、「健康診断を受けない人」へ向けてのコーチングを紹介しました。 コーチングというのは、具体的に例示しながら、根気よく話を続けていくことが重要です。 「根気よく」というと先が見えにくいため、尻込みしてしまう人が多いかと思います。 上図のように、C⇔Dを往復してしまうケースや、C→Eに進めるためのケースにおいては、身体的にも精神的にも多大な労力を要します。 それよりは、B→Eへ向けて状態を上向き

健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から③C(原因)>E(影響)

健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から③C(原因)>E(影響)

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ 前回の続きです。 今回は、C(原因)>E(影響)を用います。 C>E:悪い影響(E)の行動をとる前に、良い結果(C)を取れるような行動を促す 今回の場合は、 悪い影響:健康診断に行かず、健康を損ない、日々の生活に支障が出る 良い結果:健康診断に行き、健康を維持し、日々の生活が充実する と定義されます。 つまり、 「健康診断に行かなければ、健康を損ない、仕事や日常生活に不自由が出るかもしれない。そうなら

健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から②ベビーステップ

健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から②ベビーステップ

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ 前回の続きです。 今回は「ベビーステップ」を用います。 ベビーステップ:小さい目標を積み重ねることにより、         最終的に大きな目標を達成する 今回の場合は、最終的に「医療機関を受診する」ことを最終目標とします。 そのために、小さなことを積み重ねていきます。 具体的には、 ①医療機関を決める ②受診する日にちを決める ③予約を取る などです。 ベビーステップと併用して、より効果を高めるために「フ

健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から①プリフレーム

健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から①プリフレーム

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ 健康診断を受けない人へ向けて、会社側からコーチングツールを用いてアプローチしていきます。 今回は「プリフレーム」を用います。 プリフレームは、「いい未来をイメージさせる」ことです。 この場合は、 健康診断を受ける ↓ 健康を維持できる ↓ ・仕事をより頑張ることができ、プロジェクトを達成して1つ上のポジションに昇進することができる ・家庭内において、子供の成長を感じることができ、将来子供が結婚して孫が生まれ、

スキ
4
健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から

健康診断を受けない人へのコーチング~会社側から

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ 先週は、健康診断の結果が悪いのに医療機関を受診しようとしない人に対して、コーチングを用いて受診するようになりました。 今回は、会社側からの目線で、「健康診断を受診する」ように促すためのコーチングツールを紹介していきます。 以下のコーチングツールを用います。 ・フレーミング(プリフレーム) ・ベビーステップ ・C(原因)>E(結果) プリフレームについては、こちらの記事を参照ください。 ベビーステップ:小さ

高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から⑤弱気な高齢者~まとめ

高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から⑤弱気な高齢者~まとめ

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ 今週は、弱気な高齢者に対して、会社側から行うコーチングツールを紹介してきました。 今回のケースにおいて、気をつける点があります。 前回の記事にある「3step」ですが、周囲の従業員がプロジェクト達成に向けて一丸となって頑張っているところを見せるだけでは、弱気な高齢者は「自分には関係ない」という形でさらに疎外感を強く感じることになります。 そこで、まず「ラポール」を形成するところから始め、「会社のみんながあなた

高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から④弱気な高齢者~3step

高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から④弱気な高齢者~3step

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ 前回までは、会社側から、弱気な高齢者に対してのアプローチとしてコーチングツールを紹介してきました。 今回は視点を変えて、会社側が周囲の従業員に対して、弱気な高齢者へのアプローチ方法として使うコーチングツールをお話していきます。 コーチングツールは「3step」を使います。 3step:こちらがやってみせる→一緒にやる→一人でさせる 今回のケースは、もともと士気の高い会社なので、周りがその姿を見せていけば、お

スキ
1
高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から③弱気な高齢者~自然観察

高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から③弱気な高齢者~自然観察

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ 前回の続きです。 弱気な高齢者に対して、会社側からのアプローチとして使うコーチングツール、今回は「自然観察」です。 弱気な高齢者は、どうしても周囲と比べると自分のネガティブな部分に目がいってしまい、弱気な言動を繰り返してしまいます。 そこで、「自然観察」を行います。 自然観察(BI・BC・BM):現状で、できていることを、感情を出さずに、ありのまま書く BI(行動の自然観察)は、今あるポジティブな状態を、具

スキ
1
高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から②弱気な高齢者~ラポール

高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から②弱気な高齢者~ラポール

おはようございます! コーチングトレーナー・Kouです★ では、前回の続きです。 弱気な高齢者に対して、会社側からのアプローチとして使うコーチングツールは、「ラポール」「自然観察」がありました。 では、まず「ラポール」からお話します。 この会社は、経営陣と従業員たちの士気が高く、より会社を大きくしょう!という気持ちが強い会社でした。 しかし、弱気な高齢者のネガティブな発言により、従業員の士気が下がり始めていることに、経営陣が危惧しているとのことでした。 経営陣にこ