人の価値 - 最近何をしたか 6/6-6/16

人の価値 最近人に出会った。素晴らしい人。男性だとか女性だとか関係ない。その人は自分のことを過小評価して過大評価してうそぶいて揺れる。でも本当のことは分からない。人の心なんて見えないし容易に知ることはできない。全てを吐露したと自己申告されても真偽をうかがい知ることはできない。だけ…

がんと生きる 言葉の処方箋

【有料配信開始!】 ドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』 野澤和之監督作品 当社は音楽を担当しております。 ****************************** 注)本日の記事もいつもの調子です(*_*; オイラは、t&k社という事務所を運営してます。 で、映像に音楽を作ると…

映画「キャラクター」を観た

何とも後味の悪い映画である。 誤解を招くといけないので断っておくが、むしろ、その後味の悪さを味わうために観てほしい。今も若干の”救いのない辛さ”が、頭の片隅に居座っているけれど。 俳優陣の演技は、抜群に素晴らしく、ストーリーも文句なしに面白い。ウォン・カーウェイのフィルムを彷彿と…

非日常にしてくれるサントラ

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」 何が良いって音楽(サウンドトラック)がいい。 作曲家 坂東祐大さんの卓越したセンスはもちろん、 全ての楽曲において楽器の演奏が上手すぎる。 愛してやまないBang & Olufsenのスピーカーで エンドレス再生。 するとどうだろうか。 リモートワーク中、怖い顔…

ロッジ49 サウンドトラック#2

一話からのサウンドトラックは以下に そしてこのドラマには何度かに分けて書くほど印象的な曲があるんだけど、このドラマ自体のサウンドトラックは聞いていない。このドラマのために作られて販売されている音楽があるとするならだけど。でもドラマの傾向というものはもちろんあるがThe Soundcarriers…

オススメのゲーム音楽まとめ

ゲーム好きならその音楽が好きな方も多いのでは? なかなか進めなくて同じ曲を聞きすぎて耳にこびりついたパターンもあるとは思いますが(笑) バトルに必死過ぎて全然曲聞こえんかったパターンもあります。 プレイする前と後では印象が全く違ってきますし、何年も前に遊んだゲームの思い出がよみがえる…

Anoice 音楽担当: 映画「Reduction In Force」ヴェネツィア…

なんともジメジメした天気ですね。 晴れたら晴れたで暑いし、なんだか外出する気が失せてしまいますね。 そんな時はクーラーの効いた涼しい部屋で映画鑑賞がおすすめ。 ということで、本日のニュース。 インストバンドAnoiceが音楽を担当したJoey Fingers監督の短編映画「Reduction In Force」がヴ…

BGMにサントラをかけるだけで日常が色づく

昨日の一件で元気がなかった今日は、『大豆田とわ子と三人の元夫』のサウンドトラックを聴きながら一日を過ごしてみた。 こうやってサントラを流していると、いつもと同じことをしていてもさながらドラマの世界に生きているような気分が味わえる。 なんというか、私の世界では私が主人公だったなと思…

サウンドトラック

昨日は久々にリモートじゃない打ち合わせへ。 4月に異動してから、2ヶ月弱、やっと、仕事らしい仕事の予定が。 まあ、予想通り、急にバタバタする感じで。 月曜日に急に話しが持ち上がり、未だふんわり手探り状態ながら、2週間後の当日にむけて準備を始めたところ。 間に合うのか?私😎 さて、そん…

この頃のPC作業のBGMは、先月末にリリースされた「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編 オリジナルサウンドトラック」です。私の大好きな音楽プロデューサーの梶浦由記さんが手がけた曲が数曲入っているのです。梶浦さんはドラマ、アニメ、ゲーム、映画など幅広いジャンルの劇伴を手がける作曲家です♪